Yasukuni que les Français ne savent pas. 「ヒトラーの墓に独首相が行ったら、日本人だって嫌でしょう?なのになぜ靖国参拝を続けるんだ」数ヶ月前のわたしのヤスクニのイメージです。わたしが完璧に納得させられた説明を聞いてください。

Publié le par daisuki

「WW2へのノスタルジー?」「日本の植民地時代への郷愁?」フランスまで届く、数少ない日本のニュースのひとつ、「ヤスクニ」。悪い印象があります。「どうして中韓が怒ると分かってて、首相はヤスクニ テンプル(テンプルには、「褒め称える場所」という仏語の語感がある。これも日本が誤解を招いている原因のひとつだ)参拝するの?」まず、「ジン ジャ」という世界唯一の概念について知ることが、日本に対する海外の誤解を解く鍵です。(海外でヤスクニが紹介されるときの訳「テンプル」には、祝い称える語感、「サンクチュアリ」には、聖人だけの場所=戦犯は居てはいけない場所という、寛容な神社に合わない語感があります。日本特有の概念を伝える別の単語と交代すると誤解が少なくなって良いでしょう)

「WW2へのノスタルジー?」「日本の植民地時代への郷愁?」フランスまで届く、数少ない日本のニュースのひとつ、「ヤスクニ」。悪い印象があります。「どうして中韓が怒ると分かってて、首相はヤスクニ テンプル(テンプルには、「褒め称える場所」という仏語の語感がある。これも日本が誤解を招いている原因のひとつだ)参拝するの?」まず、「ジン ジャ」という世界唯一の概念について知ることが、日本に対する海外の誤解を解く鍵です。(海外でヤスクニが紹介されるときの訳「テンプル」には、祝い称える語感、「サンクチュアリ」には、聖人だけの場所=戦犯は居てはいけない場所という、寛容な神社に合わない語感があります。日本特有の概念を伝える別の単語と交代すると誤解が少なくなって良いでしょう)

「ヤスクニ」の本当の名前は「ヤスクニ ジン ジャ」。「ジン」とは神という意味。日本には八百の神がいるとされます。「ジャ」は、住まい。「ジンジャ」とは、神様の住む場所なのです。そして「ジンジャ」とは、日本古来の宗教である神道の聖地です。昔の日本では、敵が強ければ強いほど、その魂を鎮めるべく、政権は敗れた敵のジンジャを造り、そこで神として敵を祀ったのです。「恨んで出てこないでおくれ。どうか心安らかに眠っておくれ」

「ヤスクニ」の本当の名前は「ヤスクニ ジン ジャ」。「ジン」とは神という意味。日本には八百の神がいるとされます。「ジャ」は、住まい。「ジンジャ」とは、神様の住む場所なのです。そして「ジンジャ」とは、日本古来の宗教である神道の聖地です。昔の日本では、敵が強ければ強いほど、その魂を鎮めるべく、政権は敗れた敵のジンジャを造り、そこで神として敵を祀ったのです。「恨んで出てこないでおくれ。どうか心安らかに眠っておくれ」

なぜなら、日本人は、敵にさせ同情するほど他者への共感力の強い国民なのです。「彼は死んだ。わたしのせいだ。志半ばで。いまでも自分が正しく、倒す以外に道はなかったと思っているものの。とても悲しかっただろう。私を恨んだだろう。当たり前だ。死にたい人間などいないのだから。ならば、彼のたましいを慰めるために何かをしなければ。彼が悪霊に墜ち、わたしや民に悪さをしに戻ってこないように」

なぜなら、日本人は、敵にさせ同情するほど他者への共感力の強い国民なのです。「彼は死んだ。わたしのせいだ。志半ばで。いまでも自分が正しく、倒す以外に道はなかったと思っているものの。とても悲しかっただろう。私を恨んだだろう。当たり前だ。死にたい人間などいないのだから。ならば、彼のたましいを慰めるために何かをしなければ。彼が悪霊に墜ち、わたしや民に悪さをしに戻ってこないように」

そこで「ジンジャ(社やしろ)」が建てられます。「これで彼は、神となり、鎮められ、社へ留まるだろう。神だから祟ることはなくなった。安心だ。これからは祭事を設け、鎮魂を続ければよい」

そこで「ジンジャ(社やしろ)」が建てられます。「これで彼は、神となり、鎮められ、社へ留まるだろう。神だから祟ることはなくなった。安心だ。これからは祭事を設け、鎮魂を続ければよい」

ここで知っておかねばならないことは:神道は、世界でとても寛容な宗教のひとつだということです。魂の清いものも、犯罪者も、外国人でさえも受け付けてくれます。不幸な死に方をした者は、すべて。そしてここに祀られるものは、英霊(一種の神様)となり、永遠に訪れる参拝者の祈りによって鎮魂され続けるのです。「ジンジャ」とは、神道の神と、これら元は人間だった英霊たちの住処なのです。この概念で「ヤスクニ」を考えなければなりません。ここまで分かってもらえたかな?

ここで知っておかねばならないことは:神道は、世界でとても寛容な宗教のひとつだということです。魂の清いものも、犯罪者も、外国人でさえも受け付けてくれます。不幸な死に方をした者は、すべて。そしてここに祀られるものは、英霊(一種の神様)となり、永遠に訪れる参拝者の祈りによって鎮魂され続けるのです。「ジンジャ」とは、神道の神と、これら元は人間だった英霊たちの住処なのです。この概念で「ヤスクニ」を考えなければなりません。ここまで分かってもらえたかな?

現在、「ヤスクニ ジンジャ」には、日本人だけでなく韓国人やアメリカ人など世界中の人が祀られています。外国の人々がショックなのは、東京裁判の戦犯が祀られていることではないでしょうか。けれど、繰り返します。「ジンジャ」は、すべての悲しい死に方をした人間を受け入れる場所なのです。

現在、「ヤスクニ ジンジャ」には、日本人だけでなく韓国人やアメリカ人など世界中の人が祀られています。外国の人々がショックなのは、東京裁判の戦犯が祀られていることではないでしょうか。けれど、繰り返します。「ジンジャ」は、すべての悲しい死に方をした人間を受け入れる場所なのです。

何よりもあの裁判で戦犯とされた方々は、本当の指導者ではありませんでした。なぜなら、東京裁判は、アメリカが「アメリカのために利用価値がある」と判断した人間を裁いていないからです。(ヒロシマ、ナガサキ、民間人空襲は、話すなよ)そう、本当の悪者は、そこ(ヤスクニ)には、居ません。

何よりもあの裁判で戦犯とされた方々は、本当の指導者ではありませんでした。なぜなら、東京裁判は、アメリカが「アメリカのために利用価値がある」と判断した人間を裁いていないからです。(ヒロシマ、ナガサキ、民間人空襲は、話すなよ)そう、本当の悪者は、そこ(ヤスクニ)には、居ません。

そもそも、東京裁判に11人いた判事のうち、裁判長を含めた五人までが「東京裁判は、裁判ではない」とし、抗議しました。フランスの判事も抗議に加わっていてくれて、本当に良かった!わたしは、フランス人であることを誇りに思います!

そもそも、東京裁判に11人いた判事のうち、裁判長を含めた五人までが「東京裁判は、裁判ではない」とし、抗議しました。フランスの判事も抗議に加わっていてくれて、本当に良かった!わたしは、フランス人であることを誇りに思います!

君はこれでも日本の国家元首が、いわれのない中傷のもとで殺されていった人々の鎮魂にいくのを当然だと思えませんか?戦争は、すべての人を、いい人間までをも殺す化け物です。動き出したが最後、正義は存在しなくなります。「ヤスクニ ジンジャ」は、戦争に殺された人々に送る平和の約束です。極右派が自分たちのシンボルに使っていても、たとえばフランスの極右派がジャンヌダルクをトレードマークにしていても、誰も彼女を悪者と思わないように、「ヤスクニ ジンジャ」は、悪い存在ではないのです。おしまい。

君はこれでも日本の国家元首が、いわれのない中傷のもとで殺されていった人々の鎮魂にいくのを当然だと思えませんか?戦争は、すべての人を、いい人間までをも殺す化け物です。動き出したが最後、正義は存在しなくなります。「ヤスクニ ジンジャ」は、戦争に殺された人々に送る平和の約束です。極右派が自分たちのシンボルに使っていても、たとえばフランスの極右派がジャンヌダルクをトレードマークにしていても、誰も彼女を悪者と思わないように、「ヤスクニ ジンジャ」は、悪い存在ではないのです。おしまい。

Commenter cet article

yuu 01/02/2014 18:12

靖国神社のお話、とてもわかりやすい説明でありがとうございます。
日本の神道は、なかなか世界の人々には知られていない、独特な精神ですね。政治的に靖国神社が有名なのかもしれませんが、それ以外もたくさんあり、私たちにとって身近なものです。
そして日本の神々の1番頂点にあるのは伊勢神宮(いせ じんぐう)という神社です。
昨年は伊勢神宮の式年遷宮(しきねんせんぐう)という20年に一度の大切な年でした。神様の御社(おやしろ)を立て直して、新しい家に引越しをする、そのような行事でした。私もお参りに行きました。外国人の方々もけっこう見かけました。

靖国神社の事、世界の人々に理解してもらいたいと願っています。
日本のYouTubeなどに、たくさん神道についての英語の動画もあり、多くの方々が理解を示してくれていますが、やはり靖国神社だけは別のものだという認識が強いようでとても残念に思っています。
やはり、日本政府がはっきりと、丁寧に説明していかなければいけないし、まだまだぜんぜん努力が足りませんね。このお話は誰にでもわかりやすくdaisukiさんのように、みんなが理解してもらえると嬉しいです。

daisukiさん、ありがとうございました。

ねこ 12/02/2014 14:53

横入り失礼します

早速ですが、靖国神社に関して資料になりそうなものをこちらに書き込みました。
http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/01/quelques-conseils-pour-gagner-la-confiance-des-autres-pays.html

たくさんの方がこれを目にして、自分で考えて下さればと思います。
Daisukiさん、新道について真摯に考えて下さり、ありがとうございます。

Aki 01/02/2014 17:40

こんにちは

ひとつだけ、日本で活動している「右翼」は在日朝鮮人です。

日本に対する愛国心があるわけじゃありません。

日本の愛国者を貶めることと、騒いでお金を巻き上げるのが目的です。

http://www.geocities.jp/uyoku33/

vav 21/01/2014 17:55

靖国神社の解説ありがとうございます。
この解説は菅原道真の話を基に作成してるのですかね?
少しでも理解者が増えてくれるといいですね。
中国と韓国が靖国参拝で騒ぐのは、自国の失政から国民の目を逸らすためです。
東京裁判はただのリンチです。
事後法やこじつけの理由で裁かれているのです。
戦争を決定したわけでも計画したわけでもない、終戦の年に総理大臣だったからと言う理由で処刑された人もいます。
米国主導で、何としてでも日本を悪者にするためのシナリオを完結させるための茶番だったんです。
フランスのベルナール判事は調査や審議をしていくうちに、そのことに気付き、裁判に抗議してくれました。
日本ではベルナール判事のことはあまり取り上げられませんが、おそらく昭和天皇批判をしたせいだと思います。
天皇批判は米国の思惑を指摘するためだと思いますが、天皇批判というだけで騒ぎ立てる人達も居ますのでね。
ところで説明を読んでいて思いましたが、神社を翻訳するとTombeauと出るのが誤解を招いているとこがあると思います。
神社は墓じゃないですし、遺骨も位牌もありませんから。

Daisuki 22/01/2014 22:11

vav san読んでくれてありがとう。日本は、もっと海外に自分の国を自慢するといいな。危険な隣人たちがいるから、遠いところに日本のお友達ができるように、もっと自分の魅力を知ってもらいましょう。