Procès verbal Japon-Corée parlant des femmes de réconfort.

Publié le par daisuki

Contrairement à l'argument du gouvernement coréen selon lequel "Le problème des femmes de réconfort n'a pas été discuté, ni donc résolu, au moment de la négociation Japon-Corée du Sud en 1965", ce sujet a été évoqué à l'époque par la Corée. Mais le problème des femmes de réconfort n'a pas été écrit dans le traité de 1965.

Le professeur Nishioka Tsutomu avait écrit dans son manuscrit :

"le gouvernement de la Corée n'a pas discuté du problème des femmes de réconfort pendant les pourparlers de normalisation des relations entre les deux pays parce qu'il y avait un jugement commun à l’époque que le trafic humain dû à la pauvreté n'était pas soumis à l'état de la compensation".

現在の韓国の主張「慰安婦問題は1965年の韓日請求権交渉で議論されておらず、解決もされていない」に反して、当時の韓国側から当主題が持ち出されていました。しかし1965年の条約には慰安婦問題は記載されませんでした。

西岡力教授が記事で書いていた通りです:「国交正常化交渉において韓国政府は慰安婦問題を持ち出さなかった。それは貧困による人身売買は国家の補償の対象にはならないとする当時の常識的判断だった。」

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/02/manuscrit-%C3%A9dit%C3%A9-dans-la-revue-sapio-de-m.-nishioka-tsutomu-professeur-%C3%A0-l%E2%80%99universit%C3%A9-chr%C3%A9tienne-internationale-de-tokyo-sp%C3%A9c

Voici, une photo du procès-verbal de la réunion des négociations Japon-Corée du Sud (le 19 mai 1953).

張基栄, Le représentant de la Corée du Sud, un membre du Comité des relations étrangères a dit

"Et, parmi les Coréennes rentrées, il y en a qui étaient parties en tant que femmes de réconfort vers le sud de Singapour et vers d'autres zones qui étaient dans la compétence de la marine pendant la seconde guerre mondiale. Elles y avaient laissé de l'argent ou des biens. Certaines sont venues nous demander une aide en montrant leur ticket de caisse, on leur a parfois prêté de l'argent comme protection sociale en leur prenant un reçu comme garantie."

日韓交渉会議議事録

韓国側の代表、張基栄外交委員会委員の発言「また、韓国子女で戦時中に海軍が管轄していたシンガポール等南方に慰安婦として赴き、金や財産を残して帰国して来たものがある。(*合**政部発行)の受領書を示して何とかしてくれといつて来るので社会政策的に受取りを担保にして金を貸したこともある。」

http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar491677

Cliquer pour agrandirクリックで拡大
Cliquer pour agrandirクリックで拡大
Cliquer pour agrandirクリックで拡大

Cliquer pour agrandirクリックで拡大

 

 

les procès verbaux de 1960-1961 1960年から61年にかけての議事録 :

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/11/13-ans-de-negociations-nippo-coreennes-pour-le-traite-de-paix-de-1965.html

 

Processus de l'annexion de la Corée 韓国併合のプロセス:

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/l-annexion-legale.html

Processus des traités de Tokyo 日韓基本条約調印のプロセス:

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/les-relations-nippo-coreennes-et-les-traites-de-tokyo-du-22-juin-1965.html

Commenter cet article

どんだんず 14/03/2014 15:20

Daisukiさん、こんにちは。

外務省が新しい動画を出しました。

未来志向の日韓関係を目指して
https://www.youtube.com/watch?v=A0rQztPmGPU

英語版
https://www.youtube.com/watch?v=D3R0rRv6v7E

どんな印象を持ちますか?

Daisuki 14/03/2014 22:01

Merci pour vos liens, les vidéos sont claires et de bonne qualité mais n'apportent rien de vraiment nouveau par rapport à mes articles précédents. Peut-être que pour des gens ne connaissant pas du tout les relations Nippo-Coréennes elle peut être utile. 情報ありがとう。ビデオは明確で画質も良いです。しかし私の紹介済みの記事に関すれば何も新しい情報はありません。日本と韓国の関係を知らない人々には、もしかしたら有効かもしれません。

Daisuki 12/03/2014 16:41

ウィキペディア仏語版の韓国の歴史です。
これに、出典を明記しながら反証できる方、いますか?

Les premières migrations de peuplades néolithiques dans la péninsule coréenne remontent au  IIIe millénaire av. J.‑C. Depuis lors, ce pays a survécu tant bien que mal entre la Chine et leJapon sans toutefois perdre son identité. La Corée garde encore une culture riche qui a son caractère propre.
新石器時代の最初の移民が朝鮮半島に入ったのは、紀元前三世紀にさかのぼる。
それ以降、子の国は、中国と日本の間にもかかわらず、アイデンティティを失うことなく、生き延びた。韓国は、独自の個性を持った豊かな文化を保持している。
La division contemporaine de la Corée remonte aux suites de l’occupation japonaise commencée à partir de 1910. À la fin de la Seconde Guerre mondiale en 1945, la Corée a été divisée en deux zones par les puissances mondiales, les États-Unis et l'URSS. En 1948, le Sud et le Nord se constituèrent chacun en un État indépendant, un Nord communiste, et un Sud sous influence américaine. La guerre de Corée commença en juin 1950. Le Sud était soutenu par les États-Unis et le Nord par la Chine. L'armistice de Panmunjeom (signé en 1953), met fin aux combats. Mais à ce jour, la guerre n'est toujours pas officiellement terminée. Depuis, la péninsule est divisée par une zone démilitarisée (DMZ) aux alentours du 38e parallèle, qui est, paradoxalement, la plus militarisée au monde.
Après la guerre, la République de Corée, régime autoritaire sous le gouvernement autocratique de Syngman Rhee puis sous la dictature de Park Chung-hee, a connu une croissance économique rapide faisant d'un pays du tiers-monde un des Quatre dragons asiatiques. Cette dictature s'est illustrée par des atteintes aux droits de l'homme en réprimant de façon meurtrières des émeutes à Gwangju le 18 mai 1980.
C’est dans les années 1980 que des manifestations ont mis fin à la dictature pour installer un pouvoir démocratique. Kim Dae-jung est le premier président bénéficiant d'une véritable légitimité démocratique.
En 19976, comme les autres pays asiatiques, la Corée du Sud fait face à un afflux massif de capitaux étrangers7 qui se retirent ensuite, déstabilisant la monnaie puis l'économie des pays8.
朝鮮の現在の分裂は、1910年に始まった日本の占領にさかのぼる。
1945 年、第二次世界大戦の終了時、朝鮮はアメリカとソ連という世界勢力によって二つの領域に分けられた。
1948 年に、南と北が、北は共産主義、南はアメリカの影響の下、それぞれ独立国家を形成した。朝鮮戦争 は、1950 年 6 月に始まった。南は、アメリカ合衆国、北朝鮮は中国によって支えられた。板門休戦(1953 年署名)、戦いに終わりをつけた。しかし、これまで、戦争はまだ公式に終わっていない。それ以来、半島は非武装地帯 (DMZ) 第 38 平行周辺で割けられ、逆説的に、世界で最も武装されている。
戦争後、韓国は、Syngman Rhee の独裁的な政権があり、ついで韓国の独裁主義的な政体の後、朴正熙の独裁政権下で、第三世界のひとつの国から、 4 つの東洋の龍のひとつにまでなる、急速な経済成長を経験した。この独裁制は 1980 年 5 月 18 日に光州の暴動を抑制した致命的な方法によって人権侵害を示した。
1980 年代にデモが、独裁政治を終了させ、民主主義が座についた。キム ・ デジュンは、本物の民主的な正当性を持つ最初の大統領だ。
19976、他のアジア諸国のように、韓国も、通貨と国の経済を不安定にし、退却した七つの外国資本の大規模な流入に直面した。Wikipédia français

Daisuki 14/03/2014 21:55

Merci pour votre lien sur l'étude des manuels scolaires par des membres de l'université de Stanford. Je vais voir si je peux en faire un article sur mon blog.

どんだんず 13/03/2014 15:48

ねこさん、こんにちは。

「中国史は嘘、韓国史はファンタジー、日本史は歴史」の記事はこちら。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130926/dms1309260733003-n1.htm

米スタンフォード大の元記事はこちら。
http://aparc.stanford.edu/research/divided_memories_and_reconciliation/

ねこ 13/03/2014 12:17

Un historien analyse drama coréen
韓国ドラマを歴史家が解説! A historian analyzes Korean drama (Japon/Anglais)

韓国ドラマ 太王四神記を歴史家が解説! Korean drama Tae Wang Sa Shin Gi
韓国ドラマ 朱蒙(チュモン)を歴史家が解説!Part1 Korean drama Jumong
韓国ドラマ 朱蒙(チュモン)を歴史家が解説!Part2 Korean drama Jumong

とりあえず、この3タイトルに歴史解説がされています。「中国史は嘘、韓国史はファンタジー、日本史は歴史」というようなことを何処かの大学教授が言ったそうです。

Jin 13/03/2014 11:53

Daisukiさんこんにちは。あなたの仕事に敬意を表します。
わたしはDaisukiさんの意図を、上手く理解できません。

>これに、出典を明記しながら反証できる方、いますか?

1.「(引用した内容を否定したい)~~反証は可能ですか?」
2.「(もし、引用した内容に誤りがある場合)~~反証(反論)してください。」
3.「(引用した内容が不十分な場合)~~補足説明(反論)してください。」

1又は2の意味である場合
わたしは反証(反論)は、不可能(不要)である、と思います。
ここに記述された内容に、明確な誤りは無い、と思います。

Corée du Sud - 4 Histoire
http://fr.wikipedia.org/wiki/Coree_du_Sud#Histoire

ねこ 12/03/2014 20:51

韓国神話から秀吉ぐらいまでの歴史(近代前)でしたらこんなかんじです

Un historien analyse drama coréen
韓国ドラマを歴史家が解説! A historian analyzes Korean drama (Japon/Anglais)
http://www.youtube.com/watch?v=MTo8opoT0zY&list=PLww9MSdS-ZHLRDXjuQBnVMkBhGo0Jz2m4&feature=share&index=1

歴史解説(Japon)
第2話 李氏朝鮮ってこんな人達〜韓国には樽もなければ車もなかった!【宮脇淳子】
http://www.youtube.com/watch?v=mK1GkgRDilg&feature=share&list=PL6mu43UnNThAsPhdFjB6GG5w2tPUBMTPX&index=1

第2話 李氏朝鮮ってこんな人達〜韓国には樽もなければ車もなかった!
第3話 こんなに弱いぞ朝鮮軍!〜え?ハングル文学ないの?韓国軍も米軍任せだし...
第4話 グローバル化と対峙した日本人〜真人間が悲惨な国韓国
第5話 朝鮮は秀吉の"通り道"〜強すぎた日本、弱い中国・韓国
第6話 住みたくない土地,朝鮮〜韓国が技術者を使い捨てるのは昔から
第7話 貢物は美女と宦官〜弱い上、なにもないのに調子に乗る国、韓国

千手観音 12/03/2014 10:01

朝鮮の若い女性が20万も強制的に連行され、慰安婦にされたなら、日韓交渉時に何かそのことについて厳しい話が出ても不思議じゃないと思いますが、韓国側からそんな話は一言もでなかった。これは「世界の最大のミステリー」の一つですね。

むしろ、この日韓交渉議事録によれば、慰安婦が「金や財産」を蓄財していたという。

最近、「元慰安婦という韓国人女性、文玉珠(ムン・オクチュ)氏が語り、慰安婦問題に取り組む森川万智子氏が構成と解説をつとめた「ビルマ戦線 楯師団の『慰安婦』だった私」という本が紹介されていました。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140310/frn1403101539006-n1.htm
慰安婦告白本に性奴隷と思えない記述 高額貯金、ダイヤ購入など
2014.03.10

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が逆上している。日本政府が、慰安婦問題をめぐる「河野洋平官房長官談話」の作成経緯を検証する方針を示したことに、「歴史の真実は生きている方々の証言だ」などと猛反発しているのだ。こうしたなか、元慰安婦の証言を記した著書に、家が購入できる大金を貯金し、ダイヤモンドを買うなど、とても「性奴隷」とは思えない記述が多々あることが注目されている。

 興味深い著書は、元慰安婦という韓国人女性、文玉珠(ムン・オクチュ)氏が語り、慰安婦問題に取り組む森川万智子氏が構成と解説をつとめた「ビルマ戦線 楯師団の『慰安婦』だった私」(梨の木舎)だ。

 同書によると、韓国・大邱(テグ)の貧しい家庭で生まれた文氏は16歳の秋、日本人と朝鮮人の憲兵と、朝鮮人の刑事に呼び止められ、満州(中国東北部)東安省に連れて行かれ、朝鮮人の家で慰安婦にさせられた。大邱に一度戻った後、18歳のとき「日本軍の食堂で働きに行こうよ、金もうけができるよ」と友達に誘われ、ビルマ(現ミャンマー)・マンダレーに行き、だまされて再び慰安婦になった-とある。

 第1次安倍内閣は2007年3月、「政府が発見した資料には、軍や官憲による(慰安婦の)強制連行を直接示す記述はない」と閣議決定しているが、文氏は「強制連行」「だまされた」を主張しているわけだ。

 興味深い記述は、こう続く。

 ビルマでチップが貯まったとして、文氏は野戦郵便局に500円を貯金したが、《千円あれば大邱に小さな家が一軒買える。母に少しは楽をさせてあげられる。晴れがましくて、本当にうれしかった。貯金通帳はわたしの宝物となった》(76ページ)とある。

その後、文氏はビルマ・ラングーンの慰安所に移った。ここでは、少しは自由に行動していたようだ。

 《週に一度か二度、許可をもらって外出することができた。人力車に乗って買い物に行くのが楽しみだった》(106ページ)

 《ビルマは宝石がたくさん出るところなので、ルビーや翡翠(ひすい)が安かった。(中略)わたしも一つぐらいもっていたほうがいいかと思い、思い切ってダイヤモンドを買った》(107ページ)

 文氏は21歳のとき、タイ・アユタヤの陸軍病院で看護婦修行を始めた。同書には、母に小さな家が何軒も買える大金を送金した記述もある。

 《電報を将校にみせて、『母の葬式に金がいるから、お金を送りたい』というと、許可が出た。貯金からおろして五千円を送金した》(137~8ページ)

 文氏の境遇には同情を禁じ得ないが、この本を読む限り、とても「慰安婦=性奴隷」とは思えない。

日本政府は、日本と日本人を貶めている河野談話の作成経緯を検証するだけでなく、「慰安婦の真実」についても再検証すべきではないか。

ねこ 13/03/2014 18:41

3-8 Korean comfort woman issue~Professional Camp Follower during WW2~
http://www.youtube.com/watch?v=0b7ST_DxzIY&list=PLBUn1WM9bPYU-9MaDWaM0dXP6YwViwjo7&feature=share&index=7

3-8 韓国人慰安婦問題 ~慰安婦は「キャンプフォロワー」です~
http://www.youtube.com/watch?v=ATp_prFQZtE&list=PLBUn1WM9bPYWls286kiCSZf31pJEPM6Ne&feature=share&index=7

Références :
Machiko Morikawa : Moon Ok-ju, j'ai été une femme de confort du soldat japonais en Birmanie Theater
Masao Okazaki : L'histoire de la ville de prostituée Susaki

参考図書:
『文玉珠 ビルマ戦線 楯師団の慰安婦だった私』森川万智子
『洲崎遊郭物語』岡崎柾男

是非、ご覧になってください。良い動画です。

千手観音 13/03/2014 09:14

【別なところにこんなものも紹介されていました。】

『ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』 文玉珠 梨の木舎

P63

ビルマのマンダレーでの経験

戦地の軍人たちの思いと、私たちの思いは同じだった。
妻も子も命も捨てて天皇陛下のために働かねばならない、と。
わたしはその人たちの心持ちがわかるから、
一生懸命に慰めて、それらを紛らわしてあげるよう話をしたものだった。

P68

私は一生懸命ヤマダイチロウの無事を祈った。
二、三ヵ月して、前線からヤマダイチロウの部隊も戻ってきた。
ヤマダイチロウは無事だった。
すぐに慰安所にきた。「ヤマダ上等兵、無事帰還いたしました。」

ヤマダイチロウは私に向かって敬礼した。私たちは抱き合って喜んだ。
そういう日はマツモト公認で、慰安所全体も大騒ぎになり、閉店休業だ。
早速私たち慰安婦も一円ずつ出し合って大宴会をしたのだった。

P75

私の手もとには少しずつもらったチップが貯まって大きな金額になった。
(中略)
事務を仕事にしている軍人に、
私も貯金できるか尋ねると、もちろんできるという。
兵隊たちも全員、給料を野戦郵便局で貯金していることを私は知っていた。
貯金することにした。
兵隊に頼んで判子も作ってもらい、お金を五百円預けた。
わたしの名前の貯金通帳ができあがってっくると、
ちゃんと五百円と書いてあった。生まれて初めての貯金だった。大邱で

小さい時から子守や物売りをして、どんなに働いても
貧しい暮らしから抜け出すことができなかったわたしに、
こんな大金が貯金できるなんて信じられないことだ。
千円あれば大邱に小さな家が一軒買える。
母に少しは楽をさせてあげられる。
晴れがましくて、本当にうれしかった。
貯金通帳はわたしの宝物となった。

P93

アキャブ(インドに近い島)の回想

ヤマダイチロウは一週間に一度くるはずで、
その日になると、わたしは朝からウキウキしながら待っていた。
反対に、約束の日に何か非常事態でも起きて
勤務しなければならなくなったときなど、なにかあったのではないか、
敵にやられたのではないか、と心配で何も手がつかない。
何度心配したことか。

P106~107

ラングーンでのこと

ラングーンはこれまでにくらべると自由だった。
もちろんまったく自由というわけではないけれど、
週に一度か月に二度、許可をもらって外出することができた。
人力車に乗って買い物に行くのが楽しみだった。
(中略)
ラングーンの市場で買い物をしたことは忘れられない。
(中略)
宝石店もあった。
ビルマは宝石がたくさん出るところなので、ルビーや翡翠が安かった。
友達の中には宝石をたくさん集めている人もいた。
わたしも一つくらい持っていたほうがいいかと思い、
思い切ってダイヤモンドを買った。

P107

日本の活動(映画)や内地から来た歌舞伎を観にいったこともあった。
歌舞伎は衣装をたくさんつけて、男が女の役をしているのが珍しかった。

わたしはここラングーンでもすぐに売れっ子になった。
将校の数も前線とはくらべものにならないくらい多かったので、
宴会にたびたび呼ばれた。
チップがもらえるのが楽しみで、わたしは喜んでうたいにいったものだ。

P115~118

サイゴンにて

二カ月ほどかかって帰国許可がでた。
(中略)
すぐにタイを通ってサイゴンに向かうことになった。
船はサイゴンからでるのだそうだ。
(中略)
するとツバメがいった。
「わたしも今朝夢をみたの。かあさんが病気で血を吐いていた。
不吉なことが起きそうだから、私も朝鮮に帰るのをやめる」
ヒロコとキファとヒフミも「それじゃ、わたしもやめる」と賛成した。
(中略)
帰国の許可がおりたのなら、帰らなければならなくなっていた。
それは命令なのだった。帰りたくないのなら逃げるしか方法はなかったのだ。

P120

日本の軍人が出入りしているキャバレーに入った。
海軍のパイロットが数人いて
(中略)
「どうしてこんなところにいるの」と聞く。
「朝鮮に帰りたくないので、ラングーンにまた戻りたいのですが、
証明書を書いてもらうにはどうすればいいでしょうか」
と事情を話してたのんでみた。
「自分たちにはできないけれど、司令部に行けば書いてもらえるだろう。
そこを紹介してあげるから、しばらく遊んでいきなさい。」
パイロットたちは御馳走してくれた。

P121

ワニ革のハンドバックとハイヒールに緑のレインコート。
こんなおしゃれな恰好でサイゴンの街を闊歩した。
だれがみたって、私を慰安婦だとは思わなかっただろう。
いまも思い出してはなつかしく、得意になってしまう。

P123

ラングーンにて

ラングーンはやはり大きくてきれいで、いい街だった。

軍人が自転車に乗ってやってきた。そして「ヨシコは乗れるか」と聞く。
「乗れない」と答えると「教えてやろう」という。
よろこんで教えてもらうことにした。
(中略)
私は緑のレインコートを着て、ラングーンの街をスイスイ走った。
女で自転車に乗っている人などだれもいなかったので、
通りをあるく人たちはみな、わたしを振り返って見ていた。
ラングーンの街にでかけることは楽しみだった。
わたしは、ビルマ語と朝鮮語と日本語を使って話した。
買い物することくらいなら言葉で不自由することはなかった。

P126

酔っぱらって切りかかって来た兵長を逆に殺した。
(中略)
日本軍の軍法会議で正当防衛が認められて無罪となった。
(中略)
わたしの無罪に多くの日本人の軍人たちも喜んでくれた。

P137

アユタヤの病院にいた時は母に送金もした。
(中略)
貯金から下ろして5000円送金した。

係の兵隊に頼むと「貯金があるなら全部送ったほうがよい」といった。
私は「あとのお金は朝鮮に帰ってからおろすからいいです」
と答えておくらなかった。
後にあと6000円程度残っていたはずと言っている。
(1992年3月31日付フクニチ新聞)