13 ans de négociations nippo-coréennes pour le traité de paix de 1965.

Publié le par daisuki

第二次世界大戦の賠償金をくれ。お前にその権利はないよ、一度も私に宣戦布告していないし、連合国軍に入ってなかっただろう、なにより、お前はわたしの協力者だったじゃないか。だったら私を奴隷にしていたという理由で払ってくれ、なにしろ旧慰安婦たちが給料を求めてやってくるんだから。戦争を経験させて悪かったよ、じゃあ朝鮮人たちに幾ら払って欲しいんだ?朝鮮人被害者じゃなくて、わたしに直接、お金をくれよ、そして北朝鮮の分も私にくれよ。なんだって、戦争被害者には渡さないのか?否、それはお前には関係ないよ。(*)竹島の周辺で1952年から韓国軍により3929人の日本人が拉致されました。彼らは、1965年の日韓基本条約が発効するまで、大変な悪条件のもとで監禁されていました。

第二次世界大戦の賠償金をくれ。お前にその権利はないよ、一度も私に宣戦布告していないし、連合国軍に入ってなかっただろう、なにより、お前はわたしの協力者だったじゃないか。だったら私を奴隷にしていたという理由で払ってくれ、なにしろ旧慰安婦たちが給料を求めてやってくるんだから。戦争を経験させて悪かったよ、じゃあ朝鮮人たちに幾ら払って欲しいんだ?朝鮮人被害者じゃなくて、わたしに直接、お金をくれよ、そして北朝鮮の分も私にくれよ。なんだって、戦争被害者には渡さないのか?否、それはお前には関係ないよ。(*)竹島の周辺で1952年から韓国軍により3929人の日本人が拉致されました。彼らは、1965年の日韓基本条約が発効するまで、大変な悪条件のもとで監禁されていました。

 On a souvent l'impression que le gouvernement japonais n'est pas humain sur le problème des femmes de réconfort, car il paraît ignorer la plainte des femmes âgées en répétant systématiquement « Tous les problèmes avec la Corée du Sud ont été parfaitement et définitivement réglés par le traité de 1965 ». J'ai alors étudié ce traité.

慰安婦問題に関して、日本政府は冷たい、という印象をしばしば与えます。それは、おばあさんたちの嘆きに対して、日本はいつも同じ言葉「韓国とのすべての問題は、完全かつ絶対的に1965年の条約で解決済みである」を繰り返すだけだからです。だからその条約について調べてみました。

 

D'abord,voici un extrait du traité de 1965. Il y est bien écrit que les deux pays ne se plaindront plus jamais pour les actes commis avant le 15 août 1945.

はじめに1965年の条約の一部をごらんください。ここには、はっきりと1945815日以前に発生した事案については二度と訴えないと書いてあります。

 

 

Traité nippo-sud-coréen du 22 juin 1965

l'article II-1

«Les Hautes Parties contractantes confirment

que les problèmes concernant les biens, droits et intérêts

des deux Hautes Parties contractantes

et de leurs peuples (y compris les personnes morales)

et les revendications

entre les Hautes Parties contractantes

et entre leurs peuples,

y compris celles énoncées à l'article IV (a) du traité de paix

avec le Japon signé à la ville de San Francisco le 8 Septembre 1951,

ont été réglées complètement et définitivement».

 

 

3

Sous la condition de se conformer aux dispositions du paragraphe 2 ci-dessus,

aucune réclamation ne sera faite à l'égard des mesures

concernant les biens, droits et intérêts

d'une Partie contractante

et ses habitants qui ont été placées sous le contrôle

de l'autre Partie contractante à la date de la signature

du présent Accord,

ou à toutes les revendications de chacune des Hautes Parties contractantes

et son peuple découlant de causes

qui ont eues lieu avant cette date (le 15 Août 1945) ».

 

 

***

Je vous ai déjà présenté un procès verbal dans lequel la Corée du Sud parlait des anciennes femmes de réconfort qui venaient réclamer, après la guerre, leur ancien salaire auprès du ministère coréen (le 19 mai 1953 ).

以前わたしは、戦後、未払いの給与を求めて韓国の外務省を訪れる旧慰安婦たちのことを韓国が日本に話している議事録をブログで紹介しました。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/proces-verbal-japon-coree-parlant-des-femmes-de-reconfort.html

 

La Corée du Sud connaissait l’existence des femmes de réconfort. C'était un métier banal pour les filles issues des familles pauvres.

韓国は、慰安婦の存在を知っていました。それは、貧しい家庭出身の少女たちにありふれた職業でした。

 

***

 

Dans les procès verbaux de 1960-1961, on voit que la Corée du Sud avait refusé la proposition du Japon de donner les compensations directement aux victimes de la guerre et que la Corée du Sud avait pris tous l'argent pour elle-même, même l'argent réservé aux nord-coréens.

1960年から61年にかけての議事録で、韓国は、韓国の戦争被害者への補償を直接渡そうという日本の申し出を断わり、自国はおろか北朝鮮人の分まで、全ての金を政府が取ったことが見て取れます。

 

 

De plus, dans les procès verbaux, pour décider le montant des compensations, la Corée du Sud avait pensé à l'accusation de la part des Pays-Bas contre le Japon lors du tribunal de Tokyo.

更に議事録には、補償の金額を決める際に、韓国が、東京裁判の折にオランダが日本を非難した件を参考にしたことが出ています。

 

C'est un enlèvement des femmes de réconfort par les soldats japonais. Cet événement s'est passé en Indonésie en 1944. Comme le kidnapping et le viol étaient déjà un crime dans le Japon de l'époque, suite la plainte du père de l'une des filles des Pays-Bas enlevées par les soldats japonais, le Japon a immédiatement fermé ce centre de réconfort. Ces soldats ont été condamnés et punis au tribunal de Tokyo.

それは、日本兵士による慰安婦拉致の複数の出来事でした。インドネシアで1944年に起こったことです。誘拐と強姦は当時の日本でも犯罪でしたから、日本兵に拉致されたオランダ人少女たちのひとりの父親の訴えを受けて、日本国は直ちにこの慰安所を閉鎖させました。これらの兵士は、東京裁判で裁かれ、罰を受けました。

 

La phrase de la déclaration de l'ancien secrétaire d'état du Japon, KONO Yohei «Il y a eu l'implication de l'autorité dans certains cas» en 1993, était basée sur cette affaire indonésienne sur des femmes des Pays-Bas.

かつての日本の河野洋平官房長官の1993年の宣言の一文「官憲の関与が一部にあった」は、オランダ人女性たちに起きたインドネシアのこの事件を指しています。

 

Les documents présentés par le professeur YOSHIMI Yoshiaki et ses confrères historiens, relatent cette affaire. On n'a toujours aucune preuve, ni témoin visuel, de l'enlèvement des Coréennes(*).

吉見義明教授や彼の同僚の歴史家が紹介する証拠は、このインドネシアの事件に関連したものです。朝鮮人女性の拉致の証拠や、その目撃者は、今日まで全くないのです(*)。

(*) «On n'entend pas encore de témoin visuel.(韓国人目撃者の公開的な目撃談はまだ聞こえない) » (25 novembre 2014,Korea Joongang daily qui cherche des témoins visuels de l'enlèvement des Coréennes par l'armée japonaise.)http://japanese.joins.com/article/145/193145.html

 

 

Comme le procès-verbal le montre ci-dessous, en 1961, la Corée du Sud était au courant de cet affaire, commise contre les femmes des pays-Bas, par l'armée japonaise pendant la guerre.

以下の1961年時の議事録が示すように、韓国は、戦争中に日本軍がオランダ人女性に対して犯したこの事件を知っていました。

 

Si l'histoire des esclaves sexuelles racontée par les femmes coréennes étaient vraie, la Corée du Sud aurait pu accuser le Japon pendant cette négociation nippo-sud corée qui a duré 13 ans.

もし、韓国の女性たちが語る性奴隷の歴史が真実だったなら、韓国は13年も続いた日韓の交渉の間に、日本を非難することができたはずなのです。

 

Car la Corée du Sud explique lors d'une réunion de négociation, les raisons pour lesquelles elle demande les compensations au Japon : «Pour le fait que le peuple coréen a été réduit à l'esclavage durant longtemps par le gouvernement japonais, pour la douleur morale et pour de vastes crimes comme l'exploitation économique, etc.»Page.94: ignorer les chiffres en haut à gauche des feuilles du document)

なぜなら、韓国は交渉の会議で、日本に対し補償を求める理由をこう説明しています:「韓国側は何度も説明したように平和条約第 14 条による戦争賠償を請求しているのではなく、平和条約第 4 条受恵国として平和条約第 4 条による CLAIMを要求しているのである。平和条約第 4 条による韓国の日本に対する CLAIM がカイロ、ポツダム宣言、そして 1945 9 7 日付太平洋陸軍最高司令部の布告第 1 号で指摘されたように、日本の長年間の韓国支配で韓国民が奴隷化された事実に対する精神的苦痛と経済的搾取等広範な内容の CLAIM が含まれている(94ページ。議事録書類左上の数字ではない)

 

(Le Japon a revendiqué: «La Corée du Sud n'a aucun raison pour demander des compensations au Japon, car elle n'a jamais déclaré la guerre contre le Japon, elle n'était pas parmi les forces alliées.»Le chef japonais YOSHIDA le 21 avril en 1961)

(日本の反論:「平和条約上、韓国は日本に対して賠償を請求する何らの根拠も有しない。日本に宣戦布告しておらず、また連合国ではない=条約に署名していないから」於請求権小委員会議第11回会合、四月21日吉田主査発言)

 

 

***

Voici un extrait des procès verbaux de 1961.

1961年の議事録の一部をごらんください。

 

La deuxième réunion, le 28 avril 1961, dans la salle du ministère des affaires étrangères du Japon.P101

La Corée du Sud:«Les compensations doivent être pour les survivants, les blessés, les morts, c'est à dire, pour la douleur morale. Les employés militaires en font partie».

一般請求権小委員会第 12 次会議 会議録

1961.4.28 午前 10 30 分~12 20 分 日本外務省会議室(P101

韓国:補償金は生存者、負傷者、死亡者を含み被徴用者に対する補償、即ち精神的苦痛に対する補償をいうものだ。そしてこの被徴用者には軍人軍属を含む。

 

 

***

Voici le procès verbal de la treizième réunion, le 10 mai 1961, au Japon.

A travers cet échange nippo-sud corée, vous verrez la revendication coréenne pour demander compensation au Japon, et le désir sud coréen d'obtenir toutes les compensations, y compris celles destinées à la Corée du Nord.

こちらは日本における1961510日の13回目の会議の議事録です。日韓の交渉を通じて、日本へ補償を求める韓国の主張と、北朝鮮の分まで出来る限り多くの補償を獲得しようという韓国の欲望を目にするでしょう。

 

Cette conversation est écrite en rouge. Page.115-Page.117.P366)

この会話は、115ページに赤い文字で書かれています。

Les participants coréens 出席者  韓国側 : 李相徳代表首席委員代理、李天祥代表、文哲淳代表、鄭一永専門委員、洪升熹専門委員、洪允燮専門委員、金正勲補佐官、李秀佑専門委員オブザーバー

Les Japonais 出席者 日本側 :吉田代表、卜部代表、櫻井補佐、兼松補佐、玉置補佐、前田補佐、杉田補佐、小和田補佐、本田補佐、岩瀬補佐、濱本補佐

 

 

一般請求権小委員会第 13 次会議会議録

1961.5.10 午前 10 30 分~12 30 分 日本外務省会議室

 

 

Japon(J): Quel sont les dommages de guerre chez les coréens réquisitionnés pour le travail obligatoire ?
日 戦争による被徴用者の被害とはどのようなものか?

 

Corée(C): nous demandons compensation pour les survivants, les blessés, les morts, les disparus et les travailleurs réquisitionnés, y compris les soldats et les employés militaires. Nous demandons une meilleure compensation sur de nouvelles bases. Cela signifie la compensation pour la douleur physique et morale du peuple pour avoir été recruté par la force pour un pays étranger(le Japon).

韓 生存者、負傷者、死亡者、行方不明者、そして、軍人・軍属を含めた被徴用者全般に対して補償を要求するものだ。我々は、新しい基礎の下で相当の補償を要求する。他国の国民を強制的に動員することにより負わせた被徴用者らの精神的・肉体的苦痛に対する補償を意味する

 

(J):Ils ont été recrutés en tant que peuple japonais, c'était une sorte de solidarité (nationale). Vous voulez donc les mêmes aides que celles que l'on a distribuées aux Japonais?

日 日本人として徴用されたので、当時の援護のようなもの、すなわち日本人に支給したものと同じ援護を要求するのか?

 

(C): vous dites qu'ils ont été recrutés en tant que peuple japonais, mais nous ne partageons pas cette idée. Les Japonais ont dû travailler pour les Japonais, mais nous avons été recrutés par la force.

韓 当時、日本人として徴用されたというが、我々にそのような考えはない。日本人は日本人のために働いたのであろうが、我々は強制的に動員された。

 

(J): voulez-vous dire que l'on doit donner une compensation à chaque victime?

日 被害者個人に補償してくれということか?

 

(C): Nous la réclamons en tant qu'un pays. Quant aux individus, nous comptons régler cela dans le pays.

韓 我々は国として請求する。個人に対しては国内で措置するつもりだ

 

(J):Nous aussi, comme nous essayons d'aider suffisamment les familles des morts japonais, nous pensons aider les victimes coréennes également, si possible. Est-ce que la Corée du Sud est prête à démarrer une enquête concrète ?

日 わが方でもそのような人々、さらにその遺族にも相当の援護措置を講じており、韓国人被害者に対しても可能か限り措置を講じようと思うが、韓国で具体的な調査をする用意があるか?

 

(C):Naturellement, on pourra y penser, mais nous pensons que ça n'a pas de lien direct avec cette réunion.

韓 もちろんそのようなことも考えられるが、この会議とは直接関係ないと考える。

 

(J):Cette réunion doit confirmer les relations des faits et les implications judiciaires. On peut comprendre que la Corée du Sud réfléchit sur des bases nouvelles, mais nous ne pouvons pas comprendre que ce ne soit pas sur des problèmes individuels. Nous avons déjà expliqué lors de la réunion précédente que le Japon était prêt à payer aujourd'hui, les salaires (dus pendant la guerre) non payés. Donc nous pensons que l'argent non distribué doit aller dans les mains des personnes concernées.

日 この小委員会は事実関係と法律関係を確認することにある。韓国が新たな基礎の上で考慮するということは理解できるが、個人ベースではないということは理解できない。我々としては現在でも未払い賃金を支払う用意があるということは前の会議でも言及した。要するに我々の立場は未払い金が本人の手に入らなければならないと考える。

 

(C): Quant aux compensations, le Japon en a fait suffisamment aux morts et blessés japonais, mais ne devez-vous pas faire des compensations suffisantes pour le fait que le Japon a donné une douleur morale et physique au peuple d'un autre pays avec ce recrutement obligatoire ?

韓 補償金においては、日本人の死亡者、負傷者に対しても相当の補償を行っているが、他国の国民を強制的に徴用し、精神的、肉体的に苦痛を与えたことに対して、相当の補償をすべきではないか?

 

(J) : Au moment du recrutement, les Coréens n'étaient pas étrangers, ils le sont devenus après la guerre.

日 徴用当時は外国人ではなく、戦後に外国人となった。

 

(C) : vous dites que nous étions Japonais. Mais vous comprenez bien (ce que l'on veut dire), si on énumère les relations des faits: En Corée, on a attrapé les gens dans la rue et on les a mis et envoyés dans un camion jusqu'à la mine de charbon. La déclaration du Caire et la proclamation de Potsdam l'ont annoncé. Ce serait masquer les faits que de dire que les Coréens étaient Japonais à l'époque, tout en ayant traité les Coréens comme des esclaves.

韓 当時日本時だったというが、もう少し事実関係をはっきりすれば理解できるだろう。韓国では道行く人を捕まえてトラックに載せ炭坑に送った。カイロ宣言やポツダム宣言にも表明されているように、日本人は韓国人を奴隷あつかいにしたにもかかわらず当時日本人だったというのは事実を隠蔽するものである。

 

(J):c'est très triste et nous pensons devoir les aider. Mais si leur familles sont en dehors du Japon, nous ne pouvons pas les aider. Si vous faites la liste des personnes dans cette situation, nous pourrons régler le problème le plus tôt possible. Pouvez-vous en faire une liste claire ?

日 非常に気の毒なことであり当然援護しなければならないと考えるが、その家族が外地にいては援護できない。そのような人々の名簿を明らかにすれば、早急に解決できると考えるが、明らかに出来るか。

 

(C):Nous avons peu de documents,mais c'est incomplet.

韓 若干の資料があるが不完全だ。

 

(J):De notre côté aussi, nous avons rangé les documents. Ils sont incomplets, mais nous pensons pouvoir révéler les personnes concernées en faisant des comparaisons les uns avec les autres. Si l'on paie aux individus sous la loi japonaise pour les prises en charge, nous pourrons régler clairement ce problème. Le Japon ressent sa responsabilité. Le Japon est désolé de ne pas avoir pu prendre de mesure pour les personnes qui ont reçu des dommages. Surtout pour les blessés, disparus, morts et leur famille, le Japon a un regret pour cette absence de mesure. (…) Parmi les anciens recrutés, il y a des blessés et des morts. Au niveau des blessures, il y a des différences. Bien évidemment, sans savoir tous ces faits, on ne pourra pas donner d'argent. S'il y a un sentiment public négatif entre le Japon et la Corée du Sud, c'est bien dû à ce genre de problème. Pour faciliter la compréhension réciproque des deux peuples et apaiser les sentiments publics, il vaudrait mieux que la compensation soit faite au niveau individuel.

日 我々もその点について整理しており、不完全であるが相互に対照させれば明らかにできると考える。日本の援護法を援用し、個人ベースで支払えばはっきりすると考える。日本側としては責任を感じており、被害を受けた人に対して何ら措置を講ずることができずに申し訳なく考えている。特に、負傷者、行方不明者、死亡者やその家族に措置を講じなかったことに対して遺憾であると考えている。(略)徴用者には負傷者もあり死亡者もあり、また負傷者の中にはその原因であるとか程度があるが、そのような事実を全く知らず、事実を覆い隠したままの状態でお金を支払えないではないか。日韓間に国民感情があるとすれば、そのような問題であり、相互に国民の理解を促進し国民感情を宥和させるためには個人ベースで支払うのが良いと思う

 

(C)Nous comptons prendre des mesures sur ce problème intérieur. Dans ce problème, il y a la question sur le nombre et les sommes d'argent, mais en tous cas, nous comptons faire les paiements nous-mêmes.

韓 国内問題として、措置する考えであり、この問題には人数であるとか金額の問題があるが、ともかくその支払いはわが国の手で行うつもりである

 

***

Un autre extrait d'une réunion entre coréens, dans lequel la Corée du Sud se dit devoir récupérer la compensation de tout le monde, même pour la Corée du Nord.

北朝鮮分も含む全ての補償金を韓国が回収せねば、と言っている議事録の部分。

 

(page.10. Après la réunion nippo sud coréenne du 10 décembre 1960)

3,(a) Le Japon montre son intention de rembourser la somme concernant le problème des salaires des recrutés (pendant la guerre). Il suggère de payer directement les individus concernés. Mais nous devons lui faire comprendre que c'est notre gouvernement qui s'occupe du règlement intérieur du problème des salaires non payés avec notre autorité.

(page.101960 12 10 日の第 5 次 韓日会談予備会談後)三、(ア)徴用者未収金問題に関しては日本側で弁済する意思を見せていて、該当個々人に直接支払おうという考えを暗示しているが、わが側は未収金の国内的処理はわが政府が権限を持ってすることだとしなければならない

 

Un autre extrait sur le désir sud coréen de récupérer les compensations pour la Corée du Nordle 13 janvier en 1961 en Corée.

韓国の、北朝鮮の補償金も受け取りたい欲が出ている議事録

1961.1.13 午後 3 30 分~5 20 分の間 場所 韓国銀行会議室

 

Page 11(P51) Représentant coréen劉彰順: Le Japon qui déclarait sa volonté du paiement pour le problème des salaires des personnes réquisitionnées, a demandé comment faire pour les habitants de la Corée du Nord. J'ai expliqué qu'il serait de la responsabilité de notre gouvernement, de traiter cela d'une façon convenable après avoir reçu les salaires dus pour les réquisitionnés, et que cela ne regarderait pas le Japon.

Page 11(P51) 劉彰順代表 :日本側は例えば徴用者未収金問題に関しては弁済意思を表明しているが、これと関連して徴用者の身柄が以北のような所にある者のことはどうするのかと聞いている。しかしこれに対しては徴用者の未収金の弁済を貰った後に、それを適宜処理することはわが政府の責任なので、日本政府で関知するところではないと説明した。

 

Représentant coréen兪 : C'est évident que ce sera notre gouvernement qui va s'en occuper.

(兪代表)それは勿論わが政府で知ってすることだとしなければならないだろう

 

***

Voici une parole du chef des représentants coréens. La Corée du Sud a bien demandé compensation pour les survivants pour leur souffrance morale. Je pense que les femmes de réconfort y ont été inclues.

こちらは韓国の代表の言葉です。韓国は、生存者の精神的苦痛への補償をしっかりと請求しました。わたしは、ここには慰安婦たちの分も含まれると考えます。

 

(Page 79)M.金潤根 , Le chef des représentant coréens, le 17 avril 1961. (p282)

1. D'après le sommet nippo-coréen, on peut avoir l'impression que la réclamation des compensations pour les dommages des personnes réquisitionnées est limitée aux morts et aux blessés. Mais nous devons agrandir le sujet et demander pour les survivants aussi (y compris les employés militaires) en plus des réquisitionnés, pour leur souffrance morale.

首席代表代理 金潤根 1961.4.17.PM1:50 P282 韓日会談一般請求権小委員会関係請訓の件. 1. 被徴用者の被害に対する補償請求は、(韓日会談の諸問題)によれば死亡者負傷者に限って請求対象にしているように思われるが、拡大して被徴用者+生存者(軍属含む)に対しても精神的苦痛に対する補償を請求しようとする。

 

 

 

***

Ici, le même chef coréen donne les détails de la compensation à réclamer au Japon, suite à l'étude sur les affaires des pays-bas en Indonésie, jugées au tribunal de Tokyo. La Corée du Sud savait alors bien que l'enlèvement, le viol et les maltraitances étaient des crimes dont on pouvait accuser le Japon. D'ailleurs, la Corée du Sud parlait des salaires des anciennes femmes de réconfort coréennes dans la négociation de 1953. Si l'armée japonaise s'était fournie les Coréennes comme esclaves sexuelles, la Corée du Sud aurait dû en parler pendant la négociation avec le Japon.

ここでは、上で発言している韓国の代表が、東京裁判で裁かれたインドネシアのオランダ事件を基にして日本に請求する補償の詳細を決めています。つまり拉致、強姦、虐待が日本を弾劾できる犯罪であることを韓国は良く知っていたのです。なにより既に1953年の交渉の際に、韓国は旧慰安婦の給与について話していました。もし、日本軍が性奴隷として朝鮮人女性を利用していたなら、韓国は日本との交渉の期間に性奴隷について交渉していなければならないはずでしょう。

 

La date, le lieu, la personne sont identiques que ci-dessus. 日付、場所、人物は上と同じ。

 

  1. L'idée du chef représentant concernant la somme à réclamer(a), est de demander une somme de compensation très élevée sans dévoiler cette somme. Nous allons donc uniquement vérifier les nombres dans cette réunion. Le vrai plan secret de ce groupe de représentants est ainsi. Veuillez en tenir compte.

    (b) Une somme à demander pour chaque personne : 300 dollars pour un réquisitionné ou un ancien employé militaire. 1000 ou 1500 dollars pour un mort ou un blessé.

    La base de la somme de 300 dollars pour un survivant vient du cas du paiement des compensations pour la souffrance chez les 110 000 détenus civils des Pays-Bas arrêtés en Indonésie par l'ancienne armée japonaise. Le gouvernement des Pays-Bas a abandonné la réclamation des compensations contre le Japon au moment du traité de San Francisco, mais les pays-bas ont gardé et réclamé le droit des compensations pour les détenus civils, 250 dollars par détenu. Et suite à la négociation avec le Japon, les deux pays se sont mis d' accord pour environ 100 dollars par personne. Nous suivons cet exemple comme jurisprudence.

3.補償請求金額()兪首席代表の意見は、まず金額は明かさずに相当な補償金を要求せよという指示に沿って、今回の会議では人員数だけ確認するようにするが、当地代表団の

腹案は次の如くですので、参考にして検討していただくよう願います。()毎人当り請求金額 : 徴用労務者及び軍人軍属生存者一人当たり 300 ドル、同死亡者及び負傷者一人当たり 1,000 ドルないし 1,500 ドル() 生存者一人当たり請求 300 ドルの根拠は、

1956 年オランダに対する補償として、インドネシアの旧日本軍がオランダの民間人約

11 万名を抑留したことに対して抑留者が受けた苦痛を補償した例があるが、オランダ

政府はサンフランシスコ条約締結時対日請求は放棄したが、特に民間抑留者の補償に

対しては請求権を保留することで 250 ドルを請求し、日本政府と交渉結果一人当たり

100 ドルで決定した前例に準じようというものである。

 

(P.105:La réfutation du Japon «Ni la déclaration du Caire, ni celle de Potsdam, ni la proclamation n°1 du commandement du pacifique armé supérieur ne mentionnent le droit de réclamation de compensation pour la Corée. Les droits du Japon concernant les biens du pays et du peuple ont été anéantis par le décret N° 33 de l'article 4 du traité de paix de San Francisco.)

(P105 ,日本の反論:カイロ、ポツダム宣言、そして 1945 9 7 日付太平洋陸軍最高司令部の布告第 1 号は、韓国の請求権についてなんら言及していない。平和条約第四条(a)項で、日本国およびその国民の財産ならびにその請求権は、法令第33号で消滅させられた。)

 

 

***

Voici un extrait d'une réunion sud coréenne qui montre bien que la Corée du Sud comptait profiter de la pression américaine pour que le Japon accepte un maximum de réclamations contre le Japon.

こちらの議事録部分は、日本に韓国の請求を最大限受け入れさせるために、韓国がアメリカの対日圧力を利用するつもりだったことを良く示しています。

 

Tout au long de la négociation, les États-Unis ont fait pression contre le Japon. Les Américains voulaient absolument que le Japon se réconcilie avec la Corée du Sud pour se préparer militairement contre la guerre froide.

交渉の期間を通じ、対日アメリカの圧力がありました。アメリカは、冷戦に軍事的に備えるため、日本が韓国と仲直りすることを絶対的に望んでいました。

 

La réunion sud coréenne du 13 janvier 1961, à la salle de réunion de la banque de la Corée du Sud. Les participants coréens:兪鎮午,劉彰順,(LEE)相徳,金正濂,禹照昌,尹錫憲,厳永達,金太智.

韓日会談韓国請求権委員会一般請求権小委員会関係者会談要録

1961.1.13 午後 3 30 分~5 20 分の間 場所 韓国銀行会議室

出席者(会議一般請求権小委員会関係者) 兪鎮午会談首席代表、劉彰順委員会首席代表、李相徳委員会代表、金正濂委員会専門委員、(外務部関係者)禹照昌政務次官、尹錫憲政務局長、厳永達亜州課長、金太智亜州課事務官

 

(Page.13)M.LEE, Coréen: Quant au problème de « *Syngman Rhee Line » et quant à celui des compensations, s'il n'y a pas quelques concessions sur le problème « Syngman Rhee Line», il serait impossible de régler le problème des compensations. Il me paraît difficile de régler le problème des compensations sans parler du problème de « Syngman Rhee Line».

(Page13)(李代表)平和ライン問題と請求権問題の連関的解決に関して、平和ライン問題において何か 譲歩がないと、請求権問題も解決できないと思う。また請求権問題を先決し平和ライン問題を後回しにするのは、難しいように見える。

* Syngman Rhee Line : (la frontière marine nippo-coréenne fixée illégalement par la Corée du Sud en 1952. Dans cette zone de mer du Japon, 3929 civils japonais ont été enlevés et enfermés sans aucune raison, 44 japonais ont été tués ou blessés, 328 bateaux de pêche ont été réquisitionnés par l'armée sud coréenne. La Corée du Sud a relâché les victimes 13 ans plus tard, quand l'accord du traité nippo-coréen a été réalisé. ) 日韓基本条約締結の際の日韓漁業協定の成立(1965)により、ラインが廃止されるまでの13年間に、韓国による日本人抑留者は3929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えた http://en.wikipedia.org/wiki/Syngman_Rhee_Line

 

 

M.Coréen(page14): Les états-Unis doivent avoir une autre opinion sur ce problème. Si nous avons des difficultés pour régler le problème « Syngman Rhee Line» à cause de l'opinion publique nationale, et que cela rend la position de notre gouvernement faible, les États-Unis conseilleront au Japon de nous céder jusqu'à un certain niveau pour apaiser le sentiment du peuple sud-coréen. L'essentiel, c'est de convaincre le Japon qu'il sera plus facile de régler le problème de « Syngman Rhee Line», si le Japon fait de nombreuses concessions sur le problème des compensations pour que le peuple sud coréen soit apaisé.

(尹局長)Page 14 :この問題に関して少し違うのは米国だろう。わが側で国民輿論のために平和ライン問題を解決するのが難しく政府の立場が困難になるなら、米国では韓国国民の感情緩和のために日本側に請求権である程度譲歩をせよという勧告をするかも知れないと思われる。要は日本が請求権問題で譲歩を多くすることで、韓国民の感情が緩和すれば平和ラインの解決もし易いだろうという点を、日本側に納得させることが重要なことだと思う

 

***

Conclusion:Le gouvernement japonais avait raison. Après la lecture des procès verbaux nippo-coréen, il est naturel de penser que la Corée du Sud, au moment du traité nippo-sud coréen de 1965, a reçu des compensations pour la douleur morale des victimes sud et nord coréennes de la deuxième guerre mondiale. L'actuelle réclamation coréenne contre le Japon d'aujourd'hui ne serait-elle pas abusive ?

結論:日本政府が正しかったです。これらの議事録を読んだあとでは、1965年時、南と北の第二次大戦の国民たちの精神的苦痛に関する補償を受け取ったと考えるのが自然です。日本に対する韓国の現在の主張は、行き過ぎではありませんか?

 

On voit que les discussions entre le Japon et la Corée ont été longues, que de nombreuses réunions ont été nécessaires. Si les 200000 esclaves sexuelles avaient existé, elles auraient forcément fait partie de ces discussions. Les allégations actuelles de la Corée sont donc obligatoirement mensongères. En plus, le traité dit bien que tout est réglé, qu'il ne peut y avoir d'autres demandes après. La Corée devrait relire ce traité je pense...

日本と韓国の間の話し合いが長期間だったこと、沢山の会議が必要だったことが分かります。もし、200000人の性奴隷が存在していたなら、彼女たちは当然これらの議論の一部になっていたでしょう。従って、現在、韓国が主張していることは、必然的に虚偽ということになるのです。更に、この条約は、全てが解決されており、今後いかなる要求も出されることはない、と明言しています。韓国は、条約を再度読むべきでしょう、、、。

 

fin de l'article.

 

«Procès verbal des 5ème réunions sud coréennes et japonaises 1960-61» le ministère des affaires étrangers de la Corée du Sud(secret troisième degrés)

韓国外務部政務局「第五次韓日会談予備会談会議録<Ⅲ級秘密>」196061

http://www.f8.wx301.smilestart.ne.jp/honyaku/honyaku-2/718.pdf

***

Note:Le texte intégral en japonais et en anglais de la Convention sur la relation fondamentale entre le Japon et la République de Corée.

日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約(全文)


出典:外務省http://www3.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdf/A-S40-237.pdf






韓国との請求権・経済協力協定(全文)
http://www3.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdf/A-S40-293_1.pdf








Agreement Between Japan and the Republic of Korea 
Concerning the Settlement of Problems in Regard to 
Property and Claims and Economic Cooperation


Article I 


Japan shall supply the Republic of Korea with: 


(a)
Products of Japan and the services of Japanese people, free of charge, 
the total value of which will be so much in yen as shall be equivalent 
to three hundred million United States dollars ($300,000,000),
at present computed
at one hundred and eight billion yen (\108,000,000,000), 
within a period of ten years of the date 
on which the present Agreement enters into force. 

The supply of products and services each year 
shall be limited to so much in yen 
as shall be equivalent to thirty million United States dollars ($30,000,000), 
at present computed at ten billion eight hundred million yen (010,800,000,000); 
when the supply of any one year falls short of this amount, 
the remainder shall be added to the amount for the next 
and subsequent years. 

However, the maximum amount supplied for any one year may be increased 
by agreement between the Governments of the High Contracting Parties. 

(b)
 
Long-term and low-interest loans up to so much in yen 
as shall be equivalent to two hundred million United States dollars ($200,000,000),
at present computed at seventy-two billion yen (\72,000,000,000), 
which are requested by the Government of the Republic of Korea 
and which will be covered by procuring the products of Japan 
and the services of Japanese people necessary for implementing the enterprises 
to be decided upon in accordance with arrangements to be concluded 
under paragraph 3 within a period of ten years of the date 
on which the present Agreement enters into force. 

These loans shall be extended 
by the Overseas Economic Cooperation Fund of Japan, 
andthe Government of Japan shall take the necessary measures 
to enable the Fund to secure the funds for equal annual loans. 
The aforesaid supply and loans must serve the economic development 
of the Republic of Korea. 


There shall be established a Joint Committee composed of representatives 
of the two Governments as an organ for consultation between them, 
with the power to make recommendations on matters 
concerning the implementation of the present Agreement. 


The two Governments of the High Contracting Parties shall take measures necessary for the 
implementation of this Article. 

Article II 


The High Contracting Parties confirm 
that the problems concerning property, rights, and interests 
of the two High Contracting Parties 
and their peoples (including juridical persons) 
and the claims 
between the High Contracting Parties 
and between their peoples, 
including those stipulated in Article IV(a) of the Peace Treaty 
with Japan signed at the city of San Francisco on September 8, 1951, 
have been settled completely and finally. 


2 
The provisions of this Article shall not affect the following
(excluding those which become the objects of special measures 
taken by either of the High Contracting Parties 
prior to the date of the signing of the present Agreement): 

(a) 
The property, rights, and interests of the people 
of either High Contracting Party who have ever resided 
in the territory of the other High Contracting Party 
in the period between August 15, 1947, 
and the date of the signing of the present Agreement; 
and 

(b) 
The property, rights, and interests of either High Contracting Party 
and its people which were acquired or brought under the control 
of the other High Contracting Party in the course of ordinary contacts 
after August 15, 1945. 



As a condition to comply with the provisions of paragraph 2 above, 
no claims shall be made with respect to the measures 
relating to the property, rights, and interests 
of either High Contracting Party 
and its people which were brought under the control 
of the other High Contracting Party on the date of the signing 
of the present Agreement, 
or to all the claims of either High Contracting Party 
and its people arising from the causes 
which occurred prior to that date. 


Article III 

1 
Any dispute between the High Contracting Parties 
concerning the interpretation or the implementation 
of this Agreement shall be settled primarily through diplomatic channels. 

2
 
Any dispute which cannot be settled under the provision of paragraph 1 
above shall be submitted for decision to an arbitral commission 
of three arbitrators; one to be appointed by the Government 
of each High Contracting Party within a period of thirty days 
from the date of receipt by the Government 
of either High Contracting Party 
from that of the other High Contracting Party 
of a note requesting arbitration of the dispute; 
and the third to be agreed upon by the two arbitrators so chosen 
or to be nominated by the Government of a third power 
as agreed upon by the two arbitrators within a further period of thirty days.

However, the third arbitrator must not be a national 
of either High Contracting Party.


3 
If, within the periods respectively referred to, 
the Government of either High Contracting Party 
fails to appoint an arbitrator, or the third arbitrator 
or the third nation is not agreed upon, 
the arbitral commission shall be composed of one arbitrator 
to be nominated by the Government of each of two nations 
respectively chosen by the Government of each High Contracting Party 
within a period of thirty days, 
and the third arbitrator to be nominated 
by the Government of a third power 
decided upon by agreement between the Governments so chosen.
 

4 
The Governments of the High Contracting Parties 
shall accept decisions rendered by the arbitral commission 
established in accordance with the provisions of this Article.
 

Article IV 

The present Agreement shall be ratified. The instruments 
of ratification shall be exchanged at Seoul as soon as possible. 
The present Agreement shall enter into force 
as from the date on which the instruments of ratification are exchanged.
 

IN WITNESS WHEREOF, 

the undersigned, duly authorized thereto 
by their respective Governments, have signed the present Agreement. 


DONE 
in duplicate at Tokyo, this twenty-second day of June 
of the year one thousand nine hundred and sixty-five 
in the Japanese and Korean languages, each text being equally authentic. 


FOR JAPAN FOR THE REPUBLIC OF KOREA 

Etsusaburo Shiina   Tong Won Lee 
Shinichi Takasugi
   Dong Jo Kim

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/0817NikkanKihonJooyaku.html

***

NB:un exemple de la cupidité de la Corée du Sud pendant la négociation pour le traité de 1965 : La Corée du Sud a demandé des compensations pour de l'argent inexistant, qu'elle avait elle-même brûlé après guerre. Incompréhensible, comme le disait le Japon à l’époque.

追加:日韓基本条約の交渉時の韓国の強欲さの一例:韓国は、自分で戦後に燃やしてしまい、存在しない日本銀行券について補償を要求しました。理解不可能です、当時の日本国が言っているように。

 

(Page 103, 28 avril en 1961) Coréens:

«Quant à (la demande sud coréenne d'une compensation pour) la monnaie japonaise (brûlée), le réfutation du Japon était ainsi :«il est difficile de comprendre que l'on(la Corée du Sud) ait brûlé la monnaie deux fois, en 1946 et en 1947, cependant on aurait dû présenter la monnaie elle-même (si l'on en souhaite le remboursement). Nous (les Coréens) avons expliqué que quatre personnes(un fonctionnaire militaire américain, des représentants du SCAP(GHQ) du Japon, de la banque du Japon et de la banque de la Corée) ont assisté aux incinérations de la monnaie japonaise. Mais le Japon a dit que cela était simplement une présence aux incinérations, cela n'était pas la promesse de la prise en charge du paiement de cette monnaie (à la Corée). Il y a alors eu une controverse entre les deux pays».

(Page 1031961428)

韓国:日本系通貨に対して日本側主張の要旨は、1946 年と 1947 年二度に亘って焼却したことに対して、現物を提示しなければならない通貨を焼却したことは理解するのが困難だという主張があり、わが側は当時の米軍政庁、日本 SCAP 当局、旧朝鮮銀行及び日本銀行代表者、4 者立会いの下で焼却した事実を説明したが、日本側はそれは単純に焼却に立ち会ったもので、それだけの支払いを負担するという約束ではないと言って、相互間論争があった。

http://www.f8.wx301.smilestart.ne.jp/honyaku/honyaku-2/718.pdf 

 

***

Vidéo sur les îles de Takeshima

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/06/video-sur-l-ile-de-takeshima.html

La plus ancienne photo de Takeshima

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/06/l-ile-de-takeshima-la-plus-ancienne-photo.html

Commenter cet article

千手観音 06/12/2014 12:13

「慰安婦・反日」の米での動き阻止へ トリプル署名開始
In order to block the move of "comfort women & anti-Japan" in the U.S., a triple signatures is launched


慰安婦問題の真実を訴え続けている「論破プロジェクト」と「なでしこアクション」が連携して、米国内で韓国系団体などが関与する卑劣な動きを阻止するトリプル署名を始めた。日本と日本人の名誉を守ろうとする行動に、賛同の声が集まっている。
"Refutation Project" and "Nadesiko-Action," both are asserting the truth about comfort women continuously, are in cooperation with each other, and have started triple signatures to block unfair moves in that South Korean groups in the U.S and so on have their hand. Voices of consent is gathering to the moves to protect honor of Japan and Japanese.

両団体が問題視しているのは、(1)ニューヨークのホロコースト記念館における慰安婦常設展示の動き(2)ニュージャージー州での慰安婦学校設置の計画(3)米教科書会社が世界史の教科書に「慰安婦は強制連行された」と事実無根の記述をしていること-だ。
What both groups bring into questions are (1) the moves of aiming of regular display of comfort women at the Holocaust Memorial and Tolerance Center of Nassau County, NY, (2) the plan of establishment of a comfort women school in NJ, (3) a U.S textbook company writes groundless description of "comfort women were forcibly taken away" in the world history textbook.

この3つの拠点は、ニューヨークを中心として半径50キロ圏内の地域に集中している。このため、論破プロジェクトの藤井実彦事務局長が、日本で集めた署名を持って、来週にも直接抗議してくるという。
These three bases are concentrated in the region within the range of radius of 50 km around New York. Therefore, Mitsuhiko Fujii, secretary general of "Refutation Project," bringing signatures gathered in Japan, is to protest directly next week.

藤井氏は「放置しておくと、日本を傷つけるウソが広まってしまう。正々堂々と抗議してくる。ぜひ、多くの方々に署名の協力をお願いしたい」と語っている。
Fujii says that "if we leave that, the lie that disgraces Japan will circulate. I will protest fairly. I would like ask many people for cooperation of signature."

署名の詳細は、なでしこアクションの HP(http://nadesiko-action.org/?page_id=7490)まで。
In order to obtain detailed information about the signature, please access its web site (http://nadesiko-action.org/?page_id=7490).

米国内では慰安婦像設置以外にも、反日行動が続けられている
In the U.S., other than establishment of comfort women statute, anti-Japan moves are done continuously

ねこ 16/12/2014 11:59

3 pétitions aux USA: Le problème des femmes de réconfort.
アメリカへの3つの請願:慰安婦問題
http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/12/3-petitions-aux-usa-le-probleme-des-femmes-de-reconfort.html

Plus de liens ici
詳しくはこちらのリンクへ

Sachi 05/12/2014 15:12

Daiski さん 貴重な情報をありがとうございます。私のブログで紹介させていただきました。これからもどうぞよろしくお願いします。

ねこ 16/12/2014 17:13

「アンブロークン」のイメージとかけ離れた捕虜の食糧事情
http://youtu.be/pDUzoFz8-Ik

ヒレンブランドは『アンブロークン』の中で、日本による捕虜の扱いが如何に酷かったかを、次のように指摘している。
「東洋で暴虐の限りを尽くした日本は、想像を超える残虐行為と死をもたらした。その中で最も酷かったのが戦争捕虜の取り扱いであった。日本は米、英、加、新、蘭、豪兵など約13万2千人を捕虜として抑留した。そのうちの4人に1人を越える割合にあたる3万6千人近くが死亡した。特に米軍捕虜に対する待遇が酷かった。日本軍に捕らえられた34,648人の米軍捕虜のうち、37%超の12,935人死亡した。ちなみに独伊の米軍捕虜の死亡率は、わずかに1%であった」
 この記述を裏付けるかのように、東大の加藤 陽子教授は、その著作で、次のように述べている。
「ドイツ軍の捕虜となったアメリカ兵の死亡率は1.2%にすぎません。ところが、日本軍の捕虜になったアメリカ兵の死亡率は37.3%にのぼりました。これはやはり大きい。日本軍の捕虜の扱いのひどさはやはり突出していたのではないか」
 これらの記述を読めば、ほとんどの読者は「やっぱり日本軍は捕虜の取り扱いが悪かったのだな」と思って、その後、頭の中には「日本軍=捕虜虐待」のイメージがつきまとうことになるだろう。しかしこれは、単に数字だけ羅列して善悪を論じているに過ぎない。そもそも、何がどのように酷かったのかは、個々の事情を見なければ判るまい。特に、日本の『猿』にやられたという被害者意識を持った元捕虜の中には、誇張して語る者もいるから注意が必要だ。
 捕虜の死亡原因は、①処刑、②病死・衰弱死、③暴行死、④餓死⑤事故死のいずれかだろうが、実は②の病気や負傷、衰弱による死と、⑤の事故死とも言うべき死亡者が非常に多かったようだ。実際、先頭で重傷を負っていたり、風土病に感染していて、捕虜になった時にすでに衰弱していた傷病兵も多かった。捕虜を輸送中の船が、潜水艦や航空機に撃沈され、日本兵と共に死亡した捕虜も多い。一方、ザンベリーニ氏も収容された大船収容所では、5百人から最大千人ほどの捕虜が抑留されたというが、死亡者は全部で8名だったそうだ。死亡率は0.8~1.6%である。
 オランダ人捕虜のファン・ウェスト・ドゥ・フェール氏の日記によると、あの悪名高い「泰緬鉄道」で働いていた約3百人のオランダ人捕虜が日本に移送されてきたが、彼らは蓄積した疲労回復のため、最後の数ヶ月は「ある種の静養キャンプ」に留まっており、かなり良い食糧をもらっていたらしい、と記述している。英国人捕虜のルイス・ブッシュ氏は、香港から日本に送られる輸送船の中で、英国人やオランダ人、カナダ人の捕虜たちと日本軍人が一緒になって大音楽会を開いたことを記している。ブッシュ氏らは途中、台湾に上陸したが、捕虜付き添いの日本人の通訳が捕虜たちのために43キロの豚肉、バナナ、ネギ、ニンジン、ジャガイモ、煙草5千本などを調達している。これらを病人もいる捕虜たちのために料理しようというのだ。この日、捕虜たちは「美味この上ないポークシチュー」を作り、「かなりの果物の配給」を受けた。そしてその晩の船内は笑いと歌声に満ち、みなが幸福そうな微笑をたたえて煙草を吸っていたという。
 一方、ラパウルで捕虜になった米海兵隊のボイントン少佐は、日本に送られる途中、トラック島に立ち寄るが、「米の飯は山ほどで、塩漬けの大根も沢山くれた。ダン(別の捕虜)は食べ過ぎの馬のように腹がふくらむまで食った。という経験をしているし、次のサイパン島では、監視役の日本軍准士官に非常に美味しい食事をさせてもらっている。
 ブッシュ氏は、捕虜の一行が大阪駅に着いた時、番兵なしで自由に歩き回った時の様子を記している。物見高い人々が我々のぐるりと取りまいて眺めている。しかし、ここにも悪意や敵意の影すらなかった。…病人の捕虜に対する同情の呟きすら、あちこちに聞こえた。手押し車に駅弁を満載して運んできた。…割り箸の使いようにはみな困ったが、笑い声がみなぎった。…「こんなうまいものがこれからも食えるんでしたら、日本にいるのも悪くありませんな」捕虜の一人が蓋についた飯つぶを拾いながら私に言った。
 オランダの戦争資料研究所が制作した、捕虜の日記をまとめた資料は、福岡の捕虜収容所でのオランダ人捕虜たちの生活の様子をよくつたえているが、病気となった捕虜たちに対しては、病気回復のため美味しい食事が十分提供されていたことが伺える。クリスマスや正月には、特別な待遇があったようだ。オーステルハウス氏は昭和20年の元旦の日記に、「僕たちはクリスマスから新年まで素晴らしい時間を過ごしたね…素敵な食事のおかげでクリスマスは素晴らしい祝祭になった」と書き、一人一個の大きな段ボール箱をもらったことを記している。その中味は干し葡萄、チーズ一箱、チーズバターの缶詰三個、粉ミルク半缶、角砂糖百個、コーヒー一缶、ビタミンチョコ二枚、ジャム一缶、レバーパテ一缶、豚のパテ二缶、紙タバコ五箱半で、氏は「満たされた気分になったこの贅沢を記述することは不可能だ」と書いている。これらの多くは赤十字から送られたものであったが、収容所は捕虜たちにきっちりと配ろうとしていた。
 また福岡のオランダ捕虜たちは、近隣の農家からも牛乳などの提供を受けていた。昭和20年2月のヒルフマン氏の日記には、「約20人が日に1リットルのミルクを貰っている!」とある。北海道の収容所でも、食糧不足を補うため、捕虜たちにニワトリなどを飼育させていたが、牛乳やタンパク質などは、当時の日本人でさえなかなか入手できなかったものである。収容所側が、かなり捕虜たちの食生活に配慮していたことが、ここからも伺えるだろう。
 終戦2ヶ月前には、英国国王の誕生日を祝うことまで許されている。以下は、6月4日のヘレ氏の日記だ。昨日は英国国王の誕生日で、僕達は再び豪華に歓待された。朝はコーヒーと干し葡萄の米菓子で始まった。それはいつもご馳走だ。それから紙タバコ2箱と板チョコ一切れ、夜はとても小さなラスクぐらいの大きさのパンとチーズの煮込み、普通の配給量より多い。僕達は最近全く悪い食糧は貰っていないし、なかなか良い。今のところはムール貝で忙しい。僕達は既に何日間もムール貝の入ったスープと飯の上にムール貝ののったのを貰っている、悪くない。
 どうだろうか。これは、食糧もほとんど与えられなかったというイメージを与える『アンブロークン』や、これまでのプロパガンダ映画の情景とは雲泥の差ではないか。実際、『アンブロークン』の中には、日本の捕虜収容所で終戦時に撮影された写真が載せられているが、そこに写った連合軍捕虜たちは、とても「飢餓状態」にあるようには­見えない。むろん、体格も必要とするカロリーも違うため、捕虜たちが空腹を感じていたのは確かなことであろう。しかし、日本側が捕虜たちに飢餓状態を味わわせるために食糧を削ったことなどはなく、むしろ規則の範囲で真面目に、また時に最大限、食事をしっかりと摂らせようとしていた­。ただ、日本側の食糧事情も相当に逼迫していたため、食事を提供したくてもできないこと­が多かった、というのが実情なのである。
 こうして見てみると、ヒレンブランドや加藤教授の指摘が、いかに上っ面なものかが判る­。当時の日本の状況をスルーして、飽食した現代の視点から数字だけを見つめて眺­め、ジャッジしているに過ぎない。しかし残念ながら、「日本の犯罪」を語れば本は売れるし、アカデミズムや映画業界でも
引っ張りだこというわけだ。そこには、自分がその場にいて、決断し差配しなければならぬ立場でなら、いったい何ができたのか、という視点が全くない。
 こんなものは、一方的な断罪に過ぎない。東京裁判の根底にあった「日本悪玉論」に乗っ­かって
飯を食おうとしているだけではないのか。

原爆投下を正当化する「アンブロークン」
http://youtu.be/RLr0X4DsmjY

 戦時中、一般的な日本人は、捕虜に対して親切であった。英国人捕虜のブッシュ氏は、新潟に運ばれる途中、富士山駅で少女からスイカを分けてもらったことを書いているし、同じ大森捕虜収容所にいた海兵隊撃墜王のボイントン少佐も、日本人はみな親切であり、空襲の合図に収容所の外で作業しても、敵意を見せる人はおらず、危険を感じたこともないという。「鬼畜米兵」というプロパガンダは単なる建前、口だけであり、多くの日本人は、抑留されて働かされている欧米敬の大男たちを見て、純粋に哀れに思ったのだろう。
 このように心優しく捕虜たちに接した人が多かった当時の日本に対し、米国は無差別空襲を行った。米陸軍航空隊指揮官のカーチス・ルメイ将軍は、日本では民間人も軍需工場で働いている­として、市街地に対する空襲を実施し、多くの女子供を含む何十万人もの一般市民を焼き殺したの­である。このルメイは、ベトナム戦争の時は空軍参謀長で、「ベトナムを石器時代に戻し­てやる」と言って北爆を推進、婦女子を殺戮することに何の痛みも感じなかった人物だ。
 それに比べて、ブッシュ氏やボイントン少佐らは、一部の人間から虐待を受けたにもかかわらず、多くの日本人から受けた親切心をきっちりと感じ、それぞれを「人間」として見上げている。ボイントン少佐は、「十把ひとからげで人を決めつけてはいけないことを、何年もかかって学んだ。もっと早く気がつくべきだった…帰国後、あちこちで日本人について聞かれたが、さぞ、あしざまに言うだろうと期待する顔が多かった。『野蛮で、残忍で、愚かな人種だ……』という返事を期待していたに違いない。しかし、この米国にも野蛮で、残忍で、愚かな人間がいくらでもいる。正体を現す機会がないだけのことだ」と言い、ブッシュ氏は自著の締めくくりに、「こうした心の美しい日本人はいくらでも居たのに、今日彼等については何も語られていない。…本書…は、こうした心の美しい日本人の人々についての記事なのだ。あの苦難に満ちた日々…悪夢のような時期にこそ結ばれた、強固な友情の物語である」と語っている。
 こんな彼らの態度は、『アンブロークン』の中で、広島を通過したアメリカ兵が、「何もない! 美しかった」と語り、ザンペリーニ氏が、「目的は手段を正当化すると信じた」という感想を漏らしているのとは大違いだ。つまり「結果オーライ」ということなのだろう。広島や長崎では、女子供を含む何十万もの一般市民が、四千度以上もの灼熱で焼き殺され­、戦後も長きにわたって白血病などで次々と死んでいったのに、である。しかもこの原爆投下に関しては、航空軍指揮官のルメイ自身が、終戦一カ月後の記者会見で、「戦争はソ連の参戦がなくても、原爆がなくても、二週間以内には終わっていたでしょう­。原爆投下は、戦争終結とはなんら関係ありません」と答えているのだ。何をか言わんや、である。
 私はザンベリーニ氏のこういった感覚といい、信じられないいくつもの記述といい、彼の考え方やモノの見方に、今ひとつ納得できない。ザンベリーニ氏は、よく盗みを働いたことを告白している。子供の頃から「手癖」がかなり悪かったらしいが、捕虜収容所でも当然ながら窃盗は違法行為であり、陸軍の法則にのっとって処罰される。ザンペリーニ氏があれほど渡辺伍長に殴られたもう一つの理由は、そんな「手癖」のせいではなかったのか、と勘ぐりたくもなる。
 日本では、子供が盗みを働いたら、「子供のくせに末恐ろしい」とか、「ロクな大人にならない」などと言われる。もちろん、若い時に悪事を働いた人間が改心し、後に大成するという話はよくあるお決まりの成功譚だし、ザンペリーニ氏はそのくらい「エネルギーにあふれた」人物であったのだろう。
 だから話としては面白いのだが、これもすべて、ザンペリーニ氏が後に五輪選手となり、戦争の英雄となり、製粉業者として成功し、また伝道師になったという、後日談があるから正当化されるだけのの話である。「結果オーライ」というわけだ。
 しかしザンペリーニ氏の「手癖」は、五輪選手になったからといって直ったわけではない。実はベルリン五輪でも窃盗を働いている。総統官邸からナチスの旗を盗んだのだが、厳重な警備の中で盗みの成功を、著者は誇らしげに書いている。しかし、これは単純な窃盗だ。しかもその理由は単に、「土産ものが欲しかったから」というものに過ぎない。しかし、後にヒトラーが「人類の敵」となったのだから、こんな盗みも当然許されてしまっているわけなのだ。これもやはり「結果オーライ」ということだろうか。

ねこ 15/12/2014 19:40

映画「アンブロークン」は重大な間違いが有ります。 The movie unbroken contains grave errors.
(Anglais/Japon)
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2014/12/movie-unbroken-contains-grave-errors.html

日本語ですが、以下のビデオの内容を書き出しました。

日本軍は本当に「残虐」だったのか─反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行
http://youtu.be/Kky6oVwBCRQ?list=PLt2gfBRPKFm9A7ckWeRrBQ7J_Pcuju7fE

 日本は戦後、「東京裁判史観」というものによって多大な被害をうけてきた。
 占領軍が勝手に作った平和憲法なるものを今日も堅持し、50万人以上の民間人が命を落とした無差別都市空襲や2発の原爆は、日本人がアジアで行った蛮行や、米国への宣戦布告なき奇襲、捕虜達への虐待の結果もたらされた「当然の帰結」であり、我々こそがその罪を未来永劫、背負っていかねばならないのだとする「プロパガンダ」が蔓延した。
 教育界はそれを子供たちに躍起になって刷り込み、メディアもその発信に大きく加担した。
 その一方で、今日でもなお、米国や韓国、中国をその発信源とする対日戦争プロパガンダはさかんだ。いや、見方によってはどんどんと激しくなっていると言えるかもしれない。
 女優アンジェリーナ・ジョリーが監督を務める映画゜『アンブロークン』が全米で公開される。
 この映画は同名書籍を基にしており、その中には、相変わらずの戦時プロパガンダのオンパレードと、相手が日本人であれば何を言っても許されるという態度で書かれたに違いない誇張が、随所に見られる。
 本書では、この原作本に登場するそんな日本軍人らの描写が、いかに一方的なものであるかを強調し、連合軍が日本軍よりはるかに人間的だったとする「神話」に挑むため、連合軍による数々の蛮行を記述している。
 しかしこれは、あまりにバランスを欠いていたこれまでの「常識」を覆すための作業であり、決して、返す刀で日本軍は無謬であり、100%正義であった、とするものでもない。事実はただ一つ、やったことはやったし、やらなかったことはやらなかった、というだけの話なのだ。そして、その観点から眺めても、日本の罪悪はあまりに誇張され過ぎているし、また連合軍のそれはあまりに巧みに隠蔽され、逆に美化され過ぎているのである。
 タイのある新聞記者は、真珠湾攻撃の日に『サンヤム・ラット』紙上で次のような記事を書いた。
 日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産で母体を損なったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米・英と対等に話ができるのは、いったい誰のあかげであるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。 12月8日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大な決意をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。
 ククリット・プラモートという名前のこの記者は、後にタイ国王第18代首相となった。東南アジアや中東、アフリカ諸国には、このような感覚を持つリーダーが多くいる。
 旧連合国と中韓の間で共有され、また国内の一部でも強力に支持される「日本=悪玉論」と、これらアジアをはじめとするその他の国々の人々が持っている感覚のギャップの狭間で、当時の日本人がいったいどのように生きたのか、そして今後の日本人がどのように振る舞うべきなのか。その考察を試みたのが本書である。
 日本人は多くを反省しなければならない。しかしその反省とは、東京裁判史観に基づいて一方的に指摘される「罪」などではない。あの戦争で確かに多くの失敗をしたとされる日本人が、その一方でいったい何を考え、またどんあ「正義」を信じていたのかという考察さえせず、戦勝国のプロパガンダにただ乗りすることで、若い世代にまで自己反省と外国へのへつらいや謝罪を強要してきた、戦後日本の在り方についてである。
 本書によって、少しでも多くの人が今日まで日本を覆ってきた様々なプロパガンダの嘘に目覚め、品位と誇りある日本を取り戻すための活力を得ることができるなら、これに勝る喜びはない。

アンジェリーナ・ジョリー監督「アンブロークン」映画化で全世界に拡散される日本に対する負のイメージ

 雑誌『潮』で、徳留 絹枝氏のインタビューに答えた「アンブロークン」の著者のヒレンブランドは、「この本は何百万人のアメリカ人に読まれ…日本への悪感情はほとんど皆無でした。…読者は、この物語が前世代の日本人を描いていることを理解しており…現代の日本に抱く好感情は変わりません」と書いている。
 アマゾンデビューの多くは、『アンブロークン(不屈)』な生き方を貫いたザンペリーニ氏に対する賞賛にあふれていた。しかし問題は、この作品がすでに全世界公開を前提としてハリウッドで映画化されているという点だ。信じがたい記述がいくつも出てくる『アンブロークン』が、ただでさえ過剰な演出の多いハリウッドで映画になった場合、そこから発せられる強烈なメッセージは、世界中の視聴者に「すべてが真実である」と信じこませることになるだろう。その影響は計り知れないものになる。
 映画の予告編を観る限りでは、予想通り、典型的なハリウッドの感動巨編として描かれているようだ。前半は、やんちゃ坊主で、血気さかんな若者が、五輪選手として成長していく様が描かれているが、後半は打って変わって、ザンペリーニ氏の人生を襲う大きな困難、障害、巨悪が描かれている。そしてそのすべてに「日本」が絡んでいるように見える。
 日本の爆撃機に尾所され、サメと戦い、痩せこけてようやく生き残ったボロボロのザンペリーニ氏に対して、サディスティックな面構えをした渡辺伍長を思わせる日本人看守が激しく虐待するシーンが連続するのだ。こんな映画を観た米国人の観客の多くは、間違えなく、「日本人とは何と残虐なのだ。戦後賠償や謝罪文を求める声が最近多いが、それも当然かもしれない」と思うだろう。私が歴史に無知な米国人なら「この野郎!」と思うだろうし、日本人に対して良い感情など持てようはずがない。
 徳留 絹枝氏は、「十四万の連合軍の将兵を捕虜とし、その三分の一を死亡させた歴史を持つ日本人は、自らの尊厳をどのように回復すべきなのか。…彼女の著書はそのことも問い掛けている」と書いた。しかし、ヒレンブランドはそんなことを問いかけてなどいない。彼女の頭の中にあったのは、「戦争の英雄」ザンペリーニ氏の生涯がいかに苦難に満ちた、常人ではあり得ない類の物であったかを強調し、そこからの復活と、最も憎いはずの敵を赦すという高邁な境地に至った人間ドラマを、極限までドラマチックに仕上げることだけであった。そして、そのためにも、「極悪非道で悪辣な日本人」がとことん必要であった、というだけの話ではないか。
 どこの国の誰であれ、戦争のような過酷な環境で苦しみつつも、敵にも自分にも負けずに生き抜こうとした人物に対して心からの敬意を払うのは、人間としてのマナーである。私自身、ザンペリーニ氏に対しても少なくない敬意を持つ者であるが、その一方で、物語をさらにドラマチックにするために日本を必要以上に「極悪非道な悪役」に仕立て上げたばかりでなく、信じがたい与太話を入れたヒレンブランドは、ザンペリーニ氏が歩んできた「アンブロークン」な人物物語を、一瞬で「アンビリーバブル」、つまり信用するに値しないレベルに貶めているのだ。米国人の大半は信用するのかもしれないが、まともな人間がこの本を読めば、おそらく同じように感じるだろう。
 ヒレンブランドは、歴史学の教授になるのが夢だったそうだが、こんな本を書く前に、アカデミズムの世界で一度は徹底的にしごかれた方がよかったのではないかと思う。さすれば、人肉食の週間を持つ日本人が生きたまま捕虜を食ったなどという、とんでもない話まで書き散らされることもなかったし、それによって日本人が迷惑することもなかっただろう。また、アンジェリーナ・ジョリーが、世界有数の映画市場である日本の多くのファンたちを失望させることもなければ、苦悩を重ねたはずのザンペリーニ氏の生き様が「アンビリーバブル」として後世において失笑を受けることもなかっただろう。
 いつの時代も、戦争状態にある国の捕虜収容所は、敵に対して最もねじれた形で憎しみが現れるところだ。第四章や第五章で後述する通り、連合軍も日本の捕虜には相当ひどいことをしたという点ではお互い様なのだし、ドイツやソ連の収容所の想像を絶する過酷さといったら、大森や大船捕虜収容所の比ではない。もちろん、だからといって渡辺伍長をはじめとする一部看守の捕虜虐待が常軌を逸していたのは事実であり、弱者に対する態度として到底、誉められたものではない。しかし同時に、決して「渡辺伍長=日本軍」ではないということも、きっちりと指摘されるべきである。
 今度公開される映画の中で、このあたりがどのくらい説明されているのか、そのことが心配である。もし、渡辺伍長による激しい拷問シーンのみならず、日本の爆撃機による執拗な機銃掃射や、220発なぐられたとかいう与太話までも事実として描かれてしまった場合、それらは多くの視聴者の頭の中で「歴史的事実」として記憶されることになるだろう。映像としていったん頭の中に入ったイメージは非常に強烈であり、なかなか拭い去ることができないものである。
 では、こうした、映画やメディアを使ったプロパガンダは、いったい誰が、何の目的で仕掛けているのだろうか。それを次章で詳しく見ていくことにする。

「アンブロークン」捕虜を使った日本軍「生物化学兵器人体実験」の正体

 「アンブロークン」の主人公ザンペリーニ氏らは、47日間もの苦難の漂流の末、目の前に突然島が見えた。それがマーシャル諸島クェゼリン島だったのだが、彼等は駐屯していた日本軍に捕まってしまう。この島には日本の海軍部隊が駐留していたのだ。彼らは厨房に入れられてしまうのだが、ある日、日本の軍医らによってグリーンココナッツのミルクだという注射を何度も打たれ、凄まじい苦しみを味わったという。健康状態が改善されるというこの液体は、どうやらあまり体には良くなかったらしい。注射をされたザンペリーニ氏らは、目眩や全身の痒みなどに襲われることになる。結局、合計4度ものこの種の注射を打たれたところで、このテストは終わったのだが、実は、栄養供給のためにココナッツの液体を注射するのは、南方戦線では時おり行われていたので、このクェゼリン島で行われていたとしても不思議ではない。
 ザンペリーニ氏がこれを経験したのは、クェゼリン島に米軍が総攻撃を行う4ヶ月ほど前のことである。当時この孤島は、すぐに攻撃正面になるとは考えられていなかったため、補給は別の島々が優先されていた。つまり、あらゆる物資が不足気味だったので、軍医らが食糧や栄養剤などに代用出来る、現地調達可能な、島内唯一の「資源」であるココナッツに目を付けていたとしてもおかしくない。 しかし、ここで筆者のヒレンプランドは、いきなり大きな飛躍をし、次の文章を書くのだ。
「二人とも生き残った。彼らの経験が残酷であったと同じぐらい、彼らは幸運でもあった。日本軍は占領したすべての地域で、少なくとも一万人の戦争捕虜と幼児を含む民間人を生物化学兵器実験の被験者として使った。数千人が死亡した」
 こう書かれると、あたかもザンペリーニ氏らが、生物化学兵器の実験に使われたという印象を受けてしまう。彼らは確かに「実験台」にはされたのだろうが、ココナッツ注射と生物化学兵器とはまったく関係がない。そもそも、占領したすべての地域で日本軍は人体実験など行っていないし、そんな高度な実験は、設備が整った研究室で、周到に準備した状態で行うものであって、砂と椰子の木と蒼い海しかないような南海の孤島でできるものではないことくらい、普通に考えれば判ることだ。こんな杜撰かつ強引な論法には、呆れるしかない。
 この「人体実験」の直後、厨房に戻されたザンペリーニ氏は、そこで再び激しい頭痛と目眩、高熱に悩まされる。我々読者は、これらの症状は当然「生物化学兵器」たるココナッツ注射のせいなのだろう、と考えるのだが、ここで著者のヒレンブランドは、その原因いついて驚くべき事実を書いている。なんと、「捕虜たちは、熱帯で猛威をふるう、蚊が媒介する致死性のテング熱に感染していた」と言うのだ。
 つまり、彼らは注射の祭に、すでにテング熱に感染していた可能性が高いということではないか。注射を受けた時、彼らには目眩、発疹、激しい痒みなどがみられたが、これらはテング熱の「典型的な症状」である。少なくとも、当時の日本の軍医がテング熱ウイルスの細菌兵器技術を持っていなかった以上、これら軍医がやったことと、テング熱の症状はまったく関係がないし、そこから生物科学平気の人体実験にまで話を飛躍させるのだから、いったい何を言っているのか、ということだ。

「アンブロークン」の内容を一蹴した日本海軍の歴戦の搭乗員たち

 『アンブロークン』の著者ヒレンブランド氏は、この本に関しては何でも誇張して書く方清であったらしく、それがこの本をかなり疑わしいものにしている。
 主人公のザンペリーニ氏達が搭乗するB24が太平洋に墜落した時、海中でもがいてワイヤーが絡まった氏は、機体ごと、暗闇になるほどの深さにまで沈みゆき、肺が全て海水で満たされ、気絶までしていたのに、意識を取り戻し、機体から飛び出して、ついには海面にまで泳ぎ出して助かったというのだ。しかし、普通に考えて、こんなことがあるのだろうか。米アマゾンのレビューなどでも、この種の描写を「あり得ない!」と感じた良識ある米国人読者がいた。
 その後、彼らは、救命ボードに乗って太平洋をさまようが、日本の爆撃機に偶然発見され、約70mの低空から8度も「シャワーのような機銃掃射」を受けた。ボートは穴だらけみになったが、誰にも当たらなかったという。この爆撃機は執拗で、最後に爆弾まで投下したが、こちらは不発であったために彼らは助かった。しかも彼らは、銃撃を避けて飛び込んだ海中で、下から襲ってくるサメの大群に蹴りを加え、撃退しているのである。
 ここでやはり前と同じ質問が頭に浮かぶ。つまり、「本当か?」ということだ。
 そもそも爆撃機というものは、雷撃時などを除き通常は高い高度を飛躍しているはずだ。過去に取材した搭乗員の方々の話だと、高高度の方が航法上の優位性のみならず、敵機の発見も容易で、攻撃を受けた際にも逃げる空間が広く取れて安全、だということであった。しかし、この爆撃機はなぜか低空を飛行していて、偶然にも大海原の一点に過ぎない救命ボートを発見、これに対して8度も機銃掃射を浴びせている。
 私は旧知の元海軍航空隊のベテラン搭乗員に直接質問することとした。岩崎 嘉秋氏である。岩崎氏は、ミッドウェー海戦で米空母に突入、散華したあの友永丈市大尉から直々にエアマンシップの薫陶を受け、大東亜戦争開戦当時から終戦までの間、北は占守島から南はダガルカナル、東はマーシャル諸島から西はインド洋にいたるまで、数々の激戦をくぐり抜けて生還した経験を持つ。岩崎氏は、昭和16年12月10日、機長として九六式陸攻を駆ってあのマレー沖海戦に参加、逃げ回る英東洋艦隊の戦艦「レパレス」に対し、水平爆撃で見事爆弾を命中させた経験を持つ。
 「太平洋上漂流する救命ボートに乗った敵兵を見つけたら、降りていって何度も銃撃するものですか?」という私の質問に対し、岩崎氏は、「そんなバカなことはない! 常識で考えれば判ることですよ」として、一蹴された。
 そこでこちらは改めて、『アンブロークン』の描写をまとめて尋ねてみた。
「この本の米搭乗員は、救命ボートで太平洋上を何十日間もさまよっていたのですが、飛行機が見えたので、救助を求めるために信号団を撃ったところ、相手がそれに気付いてやって来た。しかしそれはなんと、敵である日本の爆撃機だったそうです。日本機は高度70メートルくらいでやってきて、8回も航過して銃撃を浴びせたが、一発もあたらなかった。最後には爆弾まで落としたのですが、それも不発だったと言います。この場所は、日本軍の航空基地から1300キロ離れた地点だったと言います」
 こちらがこんな説明をしている途中から、岩崎氏は耐えきれなくなったように大笑いをし始め、「それを言っている人は、よっぽどの大ボラ吹きなんですよ!」と言った。「そもそも、我々は通常、高度千メートル以上で飛ぶことはあり得ないし、あんな広い太平洋であれば、小さなボートどころか、信号団だってほとんど見えないですよ。しかも、たった数名の敵に基地から1300キロも離れた太平洋のど真ん中で8回も攻撃するなんて、燃料も飛行時間ももったいない」
 そもそも、船が撃沈されて海に流された漂流者を上から撃つのは、連合軍がさかんにやったことだ。ニューギニアに兵員を輸送途中の日本の船団が、敵機の攻撃を受け、全滅した『ダンピール海峡の悲劇』では、漂流者を上空から執拗に銃撃していく豪軍の記録映像が残されている。自分たちならやる、という発想があるから、そういうことを言うのだなと思った。しかし、自分たちがやったことを、全部日本人のせいにするのは、あまりに卑怯なやり方だと言わざるを得ない。
 「とにかく、我々海軍の搭乗員からすれば、敵とはいえ、海上にさまよう要求所者を上から撃つなんてことは考えられない。マレー沖海戦の時、海上に浮いていた英兵に対し、日本機は全く攻撃を加えなかったとして、英国側から絶賛されているんです」岩崎氏はこう言って胸を張られる。私はそこに、帝国海軍航空機搭乗員としての強い誇りを感じた。
 この問題について、もう一人の方にも、お話を伺ってみた。元帝国海軍戦闘機搭乗員の本田 稔さんだ。本田さんは、零戦を駆ってマレーからラパウル、ニューギニア、ガ島、フィリピンなどを転戦して何十機もの敵機を撃墜、最後は紫電改を駆って本土防空戦に参加、F6FやP51と渡り合い、あのB29爆撃機をも撃ち落された方だ。
 私の質問は、岩崎氏に対して行ったものと同じであるが、それに対して本田氏は、「海上に漂流する人間を撃つなんて、考えたこともありませんし、他の人からも聞いたことはありません」とのことであった。

日本人の名誉を貶める杜撰で不正確な記述が多すぎる「アンブロークン」

 クェゼリン島で生物兵器の実験台にされたという『アンブロークン』の主人公、ザンペリーニ氏に対する虐待は、まだ続く。テング熱でボロボロになって倒れているザンペリーニ氏を、クェゼリン島に入港した日本の潜水艦乗組員数十人が襲撃し、彼らを石や棒切れで袋だたきにするのだ。もちろん、なぜ彼らがそんなことをしたのか、潜水艦乗組員であることをどうして知りえたのか、という点は不明なままだ。
 なぜかザンペリーニ氏は、潜水艦乗組員らによく襲われる。その前にも、氏は別の米国人捕虜1名と共に、80~90人もの日本海潜水乗組員に集団で襲われている。各乗組員から一人あたり30秒程度、殴る蹴るの激しい暴行を受けたのだという。ザンペリーニ氏らはそれぞれ20分以上も殴られ続けたことになるが、骨折等の大怪我をした形跡はない。
 この記述について、元海軍出身者の複数の方々に聞いてみたが、全員が異口同音に、「想像もできない。もし本当に憎いなら、さっさと殺してしまうんじゃないですか。時間もないのにそんな面倒くさいことなんか、いちいちしませんよ」との反応であった。
 実は、ザンペリーニ氏と日本で同じ収容所にいた、海兵隊追撃王グレコリー・ポイントン少佐も日本の潜水艦乗組員と遭遇している。少佐はラパウル付近で零戦に撃墜され、漂流していたところを日本の潜水艦に救助されているのだ。少佐は、潜水艦の衛生兵から「本艦にいるかぎり、なにも心配せんでよろしい」と告げられたが、ラバウルに入港するまでの間、クッキーやら甘いお茶やら、そして「チェリー」という煙草とマッチまでもらったという。彼は、「捕虜だった全期間を通じて、このときの扱いが最高だった」と言っている。同じ潜水艦乗組員でも、ザンペリーニ氏を集団暴行した連中とは、えらい違いである。
 またザンペリーニ氏はその後、日本国内の捕虜収容所で「バード」こと渡辺 ムツヒロ伍長から激しい虐待を受けるが、それらの表現にも一部、首をかしげざるを得ない場面がある。直江津の捕虜収容所の調理場から魚が盗まれるという事件が起こった。怒り狂った渡辺伍長は、犯人とザンペリーニ氏を含む将校を列の前に立たせ、他の捕虜達に顔面を思い切り殴るよう命じたのだ。将校らには、このような盗みを働く人間をそのままにした責任がある、という理由だ。
 無論、捕虜仲間は、苦労を共にする将校達に気を遣うが、軽く殴った者は、同じく殴られることになったため、捕虜達は仕方なくザンペリーニ氏らを力強く殴り始め、氏もまた「強く殴れ」と仲間に要求。数発食らって足が崩れ落ちたが、それでもザンペリーニ氏は立ち上がり、それに対して渡辺伍長は「次! 次! 次!」という具合に、さらなる暴力を命じた。結局、この連続暴行は2時間も続き、一週間は目も開けられないくらい顔が腫れ上がったが、その数は「220発(!)にも及んだという。つまり、約30秒の間隔で顔面殴打を食らったことになる。しかし、人間は220発以上も顔面を激しく殴打されて、顔が腫れ上がっただけで済むものなのだろうか。普通なら、失明や脳挫傷、頭蓋骨や首の骨折その他で再起不能になるはずだ。辺りどころによっては一発殴られただけでも人間は死ぬ場合があるのに、である。しかし不死身のザンペリーニ氏は、何度目かになる集団での袋だたきにもめげず、またまた無事生還するのだ。さらに、渡辺伍長の命令で、1.8メートルもの重い角材を、炎天下、37分間も頭上に持ち上げて支えた、とする記述がある。しかし、栄養失調と赤痢を患っていたとするボロボロの身体で、そんな大きくて重い角材を37分間も頭上で支えるのは、超人的な肉体を持つスーパーマンでなければ無理だ。
 このあたりを普通に読めば、やっぱり「あり得ない」という感想を持つに違いないが、ほとんどの米国人読者も、「セレブ」なアンジェリーナ・ジョリー氏も、そしてこの本を絶賛し、嬉々として日本に紹介した徳留絹枝氏も、これらのポイントに留意した形跡がない。ただアマゾンレビューで数人がここまで殴られて平気で生きているなんて信じられない」と言っているだけだ。
 往々として、兵士の体験記というものは個人的な感情が入るものである。戦争という異常事態である程度、致し方ないことでもあり、それを頭から非難できる資格は、その場にいなかった我々にはない。戦争とは、人間と人間が肉体的、感情的、精神的のみならず、時に文明的にも激しくぶつかり合う場所であり、友達として仲良く交流する場ではないからだ。しかしそんなことを差し引いてみても、ザンペリーニ氏に対する日本軍人の暴力は、質・量ともに凄まじいものがあり、にわかには信じがたい記述が多すぎる。
 もちろん、ザンペリーニ氏が人並みはずれた不屈の精神の持主であり、戦争で苦しんだことを否定しているのではない。どの国の兵士であれ、過酷な環境の中で生き残ったということに対しては、根源的な敬意は払われるべきである。しかしそのことで、歴史的な事実を誇張歪曲し、創作までしてよいということにはならない。特に、日本人の名誉を貶める杜撰で不正確な記述が多い場合、それは単なるアンフェアな売文行為であり、我々日本人は自らの名誉のためにも、おかしいと思われる点をきっちり指摘すべきである。

「アンブロークン」日本軍上層部の意思ではなかった日本人看守による捕虜虐待

『アンブロークン』の主人公であるザンペリーニ氏が日本人の看守から激しい虐待を受けたのは事実だ。確かに、「220発連続で殴られる」などというにわかに信じがたい描写もあるし、アマゾンレビューにもある通り、「裁判で証言に一つでも嘘があれば、その者の証言全てが怪しいと見なされるのだから、ここまで信じがたい体験を主張するザンペリーニ氏の全てが疑わしいと見るべきだ」という意見もあるだろう。しかし、当時の日本の捕虜収容所で、一部の看守による捕虜虐待とされる行為があったのは事実であり、まことに残念なことではあるが、公平を期すためにも我々はそれを認めなくてはならない。ザンペリーニ氏はその後、大森と直江津の捕虜収容所で、凄まじい虐待を受けたようだ。やったのは、渡辺ムツヒロという伍長であり、捕虜たちからは「バード」と呼ばれていた。
 読んでいて感じたのは、もしこれらの記述がすべて本当であれば、この渡辺伍長は常軌を逸している人物であったに違いない、ということだった。いくら何でもやり過ぎであり、本当にひどいのだ。渡辺伍長はなぜ、そんなサディスティックな虐待をしたのだろうか。
 『アンブロークン』によると、神戸の裕福な家庭に生まれた渡辺氏は、早稲田大学で仏文学を専攻し、卒業後は新聞社に勤務するエリートだったが、陸軍で幹部候補生の試験に合格できず、戦時中は伍長として勤務した。このことが彼の正確をねじ曲げ、捕虜への虐待に走らせたのではないか、という。このような常軌を逸したひどい人物がいたことは、他の捕虜たちの手記からも確認できる。
 大森収容所に、昭和18年以降に風紀係として入ってきたある伍長がいたが、そのせいで、それまで比較的「楽しい」と思われていた収容所の生活が一変したと、元捕虜の一人は語っている。英国人捕虜、ルイス・ブッシュ氏の体験だ。 彼は香港で日本軍の捕虜となったが、ザンペリーニ氏戸同じ時期に大森捕虜収容所にいた。
「貴様は生意気だッ! 不遜だッ!」
 私は顔をしたたか殴打されて、もう少しで赤く焼けたストーう゛に倒れかかるところだった。立ちあがると殴打の連続だ。ネクタイを引きちぎり、倒れた身体を所きらわず蹴りつける。銃と刃物を用いる以外のありとあらゆる暴行を受けた。…これほどひどい暴虐と屈辱を受けた事は三十四年間の私の生涯を通して初めてだった。…畳に顔をつけて、この残虐な怪物に対する怒りと屈辱感に号泣し続けていた。
 渡辺伍長の行為が「厳しい」を通り過ぎ、完全に常軌を逸しているのは明らかであるが、少なくとも、この種の虐待が日本軍上層部の意思によるものではなかったことは明白であり、捕虜の中にはそれを理解していた人もいた。
 渡辺伍長の後任は、小栗という軍曹であったが、この人は前任者と違って穏和な人物であり、渡辺伍長が隠していた、捕虜たちへの祖国からの手紙を見つけて、それらを一気に配ったりした。これによって捕虜たちは、ようやく異常なほどの虐待から解放されたという。ブッシュ氏自身は、ほとんどの日本軍将校は連坊ではなかったと述べているし、クリスマスには赤十字から贈られた飲食物を開けて演芸会をやったり、酒を飲むことも許されている。
 当時の日本軍では、特に新兵教育において殴る行為は日常的なものであり、捕虜たちだけが殴られたわけではなく、むしろ、新兵たちの方がよっぽどひどい扱いを受けていた。日本軍において制裁は当たり前のことであり、それが捕虜虐待とされ、今日まで糾弾される根拠となっているのは、残念なことだ。
 だが、激しく殴られた側からすれば、その恨みを持ち続けたとて、後世の我々からそのことを非難されるいわれもない。日本軍の捕虜管理における最大の問題は、捕虜の取り扱いに関する明確なポリシーが欠如していたことのほか、大東亜戦争の正確が、日本人が歴史上初めて経験した「トータルウォー」であったため、捕虜たちの出身国の文化(言語や食生活、宗教)などにまったく対応できなかったということであろう。そこを管理していたのが、「やせ我慢」を美徳とし、教育や風紀取締りのための『鉄拳制裁」をよしとする、日本軍人だったのだから、それらが「捕虜虐待」とされる待遇に繋がるのは、ある意味で必然であった。
 中には、窃盗やしょうがいなど、日本軍の中でも軍法会議にかけられかねない事件を捕虜たちが起こした場合、その捕虜たちを守るために「温情措置」として、鉄拳制裁を加えて全てを穏便に済ませる、という考え方さえあったのだ。その結果、今日まで「捕虜虐待」と言えば日本軍の代名詞のように語られる結果となったのは、残念至極というほかない。
 第一八方面軍参謀長として終戦を迎えた浜田平中将は、昭和18年当時、俘虜情報局長官を務めていたが、その後任の田村浩中将と共に、捕虜に対する私的制裁を禁止し、適正なる管理を行うべしと主張しているし、昭和19年2月の陸軍次官通牒「俘虜ノ待遇ニ関スル件」は、「私的制裁ハ之ヲ嚴禁スルコト」と命令している。
 捕虜収容所の職員の中にも、できるだけ捕虜の待遇を良くしようと尽力した人々は多かった。函館収容所の江本茂夫中佐は、私的制裁を厳禁し、捕虜を人道的に扱おうとし、かなりの成功を収めている。
 ザンペリーニ氏が収容されていた大森収容所で、渡辺伍長に厳しく殴られた英国人捕虜のブッシュ氏は、戦後に記した手記の中で、終戦になって解放された時の気持ちをこう記している。
 私は村岸大尉、藤井軍医、紺野、加藤両軍曹、炊事場係りの親切で男らしい深田伍長(彼は空襲で家を失っていた)その他心の美しい日本の人々と別れの握手を交わした。「さよなら!」この人々の努力がなかったら、今日のこの感激の日をわれわれの何人が生きて迎える事が出来たろうと、あらためて深い感謝の念に心をゆさぶられるのだった。

ねこ 05/12/2014 17:37

アンジェリーナ・ジョリー監督の「アンブロークン」 米捕虜を日本兵が虐待で配給会社が日中公開を思案
2014.12.5
http://www.sankei.com/world/news/141205/wor1412050037-n1.html

北米や欧州、豪州などで公開が決まっているが、世界2位の映画市場である中国と3位の日本での公開は未定だ。

 映画の予告編で、日本兵による虐待シーンがあることは確認されているが、さらに問題視されているのはベストセラー作家、ローラ・ヒレンブランド氏の原作で、「捕虜たちが焼かれたり、人体実験で殺され、(日本の)古来からの人食いの風習で生きたまま食われた」などと捏造(ねつぞう)されたストーリーが史実のように描写されていることだ。「映画にそうしたシーンがあれば、中韓が政治的に利用しかねない」と懸念する在米日本人もいる。

反日映画?「アンブロークン」の監督、アンジェリーナ・ジョリーが豪を訪問
2014.11.18
http://www.sankei.com/entertainments/news/141118/ent1411180011-n1.html

Sachiさん、初めまして。ねこと申します。
さて、Sachiさんはオーストラリアで活動されているということで、お聞きしたいのですが、この映画はオーストラリアでどれくらい話題にのぼっているでしょうか?

千手観音 04/12/2014 09:52

韓国が「歴史認識」で疑問符がつくのは日本に対してだけではないようです。


●韓国人はドイツ人を全くしらない
http://agora-web.jp/archives/1622998.html

韓国では日本の「正しい歴史認識」不足を指摘する声が強い。その一方、日本と同じ第2次世界大戦の敗北国ドイツの戦後の償い方を称え、日本に対して「ドイツを見習え」といってきた。最近では、ナチス・ドイツのホロコーストなど過去の歴史について謝罪してきたドイツのアンゲラ・メルケル首相が第12回ソウル平和賞に選出されている、といった具合だ。

 相手の「過去の歴史」への対処を称える以上、韓国はドイツの歴史、特に第2次大戦時とその戦後について学んできたことが前提となる。知らないのに相手を称賛できない、と通常は考えるからだ。特に、日本の過去の歴史対応と比較する以上、なおさらそうあるべきだ。ドイツのどこが優れ、どの点が日本の歴史清算には不足しているのか、といった一連の具体的な歴史認識が求められるからだ。

 ところが、実際は、韓国人のドイツの歴史に対する学習はそれほどではないことが明らかになった。韓国の少女4人組ポップグループ「Pritz」がナチスを想起させる衣装を着て舞台で歌い、ドイツで大きな議論を呼んだばかりなのだ。

 韓国の中央日報日本語版によると、「Pritzは11月2日に釜山で開かれた公演で、ナチスの象徴であるハーケンクロイツを思い起こさせる腕章をはめてステージに立ち議論を巻き起こした。メンバーが左腕に付けた赤い腕章には白い円が描かれ、その中にXの文字が書かれていた」と報じている。

 同グループの衣装姿が国際メディアで報道されると、Pritzの所属事務所は「少女たちの衣服はナチスの紋章を彷彿させるというより、一種の交通信号のようなイメージを与えるだろう」と述べ、「話題作りのため意識的にナチス・ドイツ軍の衣服を真似たのではない」(ドイツ日刊紙ヴェルト)と弁明している。

 中央日報はナチス議論に対する非難よりもグループを擁護するコメントを紹介し、「Pritz公式ユーチューブチャンネルのコメントを見ても、むしろ『70年過ぎたことだ。しかもナチスの紋章でもない』『韓国でなんのネオナチか』『めげずにがんばれ』などの反応も多かった」と報じている。

 終戦から70年が経過する今日、ナチス・ドイツ軍の衣服に似ている云々の議論は意味がない、という論理は理解できる。しかし、日本の歴史認識問題ではあれほど詳細な点に拘り、批判し続ける韓国人、韓国メディアが日頃から称賛してきたドイツ国民の歴史への感情、繊細さに対して理解が不足していることに少々驚かざるを得ない。

 そういえば、韓国の金泳三大統領(在位1993~98年)が海外訪問で飛行機のタラップから降り、歓迎する人々に手を挙げて挨拶する時、その手を挙げる姿がナチス式敬礼ハイル・ヒトラー(独語 Heil Hitler、ヒトラー万歳)を彷彿させるということで話題になった、そこで大統領側近が「タラップから手を振る際には決して腕を真っ直ぐに伸ばさず、手を左右に軽く振ってほしい」と助言したと聞く。韓国大統領となった人物が側近から助言を受けなければ、ドイツ人の歴史的感情、痛みに気が付かなかったのだ。

 「ナチス制服姿の少女バンド」というタイトルの記事(11月24日)を書いた日刊紙ヴェルト紙のSoeren Kittel記者は、「ドイツと韓国間には8000キロの距離がある。ナチスの紋章に対する受け取り方はドイツ人と韓国人では違うのかもしれない」と、少女グループのナチス紋章に対して寛容な姿勢だが、「Pritzというグループ名は独語のBlitzを思い出すばかりか、Pretty Rangers in Terrible Zone(独語 Huebsches Ueberfallkommando in schlimmer Gegend)を想起させる呼称だ」と指摘することを忘れていない。すなわち、ドイツ人の耳には、4人組のポップグループ名はナチス・ドイツ軍を彷彿させるとはっきりと述べているのだ。

 日本に「正しい歴史認識」を求め、ドイツの歴史認識を無条件で称賛してきた韓国国民、メディアは、ドイツの歴史を少しは学ぶべきだろう。相手の歴史を学んでこそ、批判し、称賛もできるからだ。

ねこ 20/12/2014 19:57

話をドイツの話に戻します。

ドイツの「慰安婦」と比較せよ、世界の誤解と本気で戦え
http://www.genron.tv/ch/hanada/archives/live?id=122
http://youtu.be/25AgNBK4BRk
19:45~

ソ連軍による戦時性暴力と慰安婦 wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6#.E3.82.BD.E9.80.A3.E8.BB.8D.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E6.88.A6.E6.99.82.E6.80.A7.E6.9A.B4.E5.8A.9B.E3.81.A8.E6.85.B0.E5.AE.89.E5.A9.A6

ソ連(ロシア)では慰安所は設置されていないがレイプが黙認された[149]。ヨシフ・スターリンは敵国の女性を戦利品とする「戦地妻」を容認し、「わが軍兵士のふるまいは絶対に正しい」と兵士を鼓舞した[150]。ソ連軍は占領したドイツで集団強姦を広範囲に行い[151][122]、レイプの被害者数はベルリンでは9万5000〜13万、東プロイセン等では140万人、ドイツ全域で200万人にのぼった[152]。ソ連軍は満州や朝鮮半島では日本人女性への強姦行為を各地で繰り返し[133]、ソ連軍によって監禁された約170名の日本女性が強姦を受け23人が集団自決した敦化事件も起きている。また大古洞開拓団(三江省通河県)ではソ連軍による慰安婦提供の要請を受けて、2名の志願慰安婦を提供した事例もある[153]。満州開拓団にソ連軍が進駐した際には兵士の妻でなく単身女性が慰安婦として提供された黒川開拓団や郡上村開拓団の例がある[154]。

ドイツ軍
ドイツ軍は日本軍と非常に類似した国家管理型の慰安婦・慰安所制を導入し500箇所あった[165]。ドイツ政府は「人道に対する罪に時効はない」と宣言し、様々な戦後補償を行なっているが、当時のドイツ軍による管理売春・慰安所・慰安婦問題はそうした補償の対象とはされてこなかった[166]。しかし、日本軍慰安婦問題がきっかけとなり、検討されるようになった[167]。また秦郁彦が1992年に日本の雑誌『諸君!』[168]で紹介したフランツ・ザイトラー Franz Seidler 『売春・同性愛・自己毀損 ドイツ衛生指導の諸問題1939-1945』[169]はドイツでも知られていなかったため、当時来日していたドイツ人の運動家モニカ・ビンゲンはドイツに帰国してこの問題に取り組むと語った[170][171]。ドイツ正規軍将兵用の慰安所(軍用売春宿)以外にも、ナチスドイツでは強制収容所に囚人用の慰安所が存在していた。これに関してクリスタ・パウルが『ナチズムと強制売春』を1994年に[172]、また2009年にはロベルト・ゾンマーが『強制収容所の売春施設:ナチス強制収容所での性的強制労働』を発表した[173]

ドイツ軍将兵用慰安所
ザイトラー Seidler の著作によれば、1939年9月9日、ドイツ政府は軍人の健康を守るために街娼を禁止し、売春宿 (Bordell) は警察の管理下におかれ、衛生上の監督をうけ、さらに1940年7月にはブラウヒッチュ陸軍総司令官は、性病予防のためにドイツ兵士のための売春宿を指定し、それ以外の売春宿の利用を禁止した[171]。入場料は2-3マルク、高級慰安所は5マルクだった[171]。なお、ソ連のスターリンは売春を禁止していたため、東方の占領地では売春宿を新設し、慰安婦はしばしば強制徴用されたといわれる[174]。
2005年1月、ドイツで放映されたドキュメンタリー番組「戦利品としての女性・ドイツ国防軍と売春 (Frauen als Beute -Wehrmacht und Prostitution)」では、ドイツ軍が1904年、フランス人の売春婦を使い官製の慰安所を始め、後にはポーランドやウクライナの女学校の生徒を連行し、慰安婦にしたことを報じた。

ねこ 19/12/2014 16:28

「たしかに右も恐いかもしれないけど、実は左も恐いんだ」
この言葉の意味を説明したくて、以上のようなコメントになりました。

共産主義者 Communistes が虐殺者ランキングの上位を占めているのは、決して偶然ではないでしょう。
ナチズム Nazisme も恐いけど、スターリン主義 Stalinisme も、毛沢東思想 Maoïsme も、マルクス・レーニン主義 Marxisme-léninisme も恐ろしい horrible ものだということを覚えておいてほしい。

ねこ 11/12/2014 17:58

Joseph Staline wiki
http://fr.wikipedia.org/wiki/Joseph_Staline

ヨシフ・スターリン wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3

Mao Zedong wiki
http://fr.wikipedia.org/wiki/Mao_Zedong

毛 沢東 wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E6%B2%A2%E6%9D%B1

Parti communiste français wiki
http://fr.wikipedia.org/wiki/Parti_communiste_fran%C3%A7ais

フランス共産党 wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A

参考までに。

ねこ 10/12/2014 15:21

あえて、ストレートなものいいをします。

世界の独裁者による虐殺ランキングワースト8 (グロテスク 注意 Grotesque attention)
http://youtu.be/LmenBb6xFXY

大量虐殺を行った歴史上の支配者【ランキング】 10位~3位 (グロテスク 注意 Grotesque attention)
http://matome.naver.jp/odai/2135649887103563901
大量虐殺を行った歴史上の支配者【ランキング】 3位~1位 (グロテスク 注意 Grotesque attention)
http://matome.naver.jp/odai/2135649887103563901?page=2

虐殺ランキングワースト3
1位 毛 沢東 (中華人民共和国) 7,800万人
2位 ヨセフ・スターリン (ソ連)  2,300万人
3位 アドルフ・ヒトラー (ドイツ) 1,700万人

7位 金 日成 (北朝鮮) 160万人
8位 李 承晩 (韓国) 少なくとも120万人

よく「ヒトラーが~」「ドイツが~」と批判する人がいるけど、「スターリンが~」「ソ連が~」と批判する人がいないのは何故でしょう?
ソ連はとうの昔に崩壊して、ロシアに戻っているのに、未だにスターリンの虐殺を批判する人が出てこないのは何故でしょうか?
WW2で、一番酷い目にあったのは、ドイツとソ連の間に挟まった地域、例えばポーランドなどであるはずなのに。

Pologne ポーランド
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/@51.9189046,19.1343786,6z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x47009964a4640bbb:0x97573ca49cc55ea

千手観音 04/12/2014 07:17

Daisuki san

韓国の聯合ニュース(Yonhap News)によれば、元韓国人慰安婦の吉元玉(キル・ウォンオク、87)ハルモニが11月28日(現地時間)にフランスで慰安婦問題解決にフランス市民の協力を訴えたと報道しています。
フランスの報道機関がこのことについて何か報道していますか?
この情報について何かご存知ですか?

Yonhap News reported that ex Korean comfort woman 吉元玉(Kill Uon oku, 87years) Harumoni asked a cooperation of the French citizens to resolve comfort women issue in France on November 28 day (local time).
Did the French news media report this article ?
Do you know some information on this occurrence ?

http://www.yonhapnews.co.kr/international/2014/11/29/0601130000AKR20141129001400081.HTML
(パリ=聯合ニュース)パク・ソンジン特派員=日本軍慰安婦被害者、吉元玉(キル・ウォンオク、87)ハルモニが28日(現地時間)、フランスで慰安婦問題解決にフランス市民の協力を訴えた。

キルハルモニはこの日、フランス、パリにあるエッフェル塔近辺の地下鉄駅広場で記者会見を行って「フランスに助けてもらうために来た」とし、「フランス人たちが慰安婦問題解決のために力を貸して欲しい」と頼んだ。

慰安婦被害者、吉元玉(キル・ウォンオク)ハルモニ、パリで記者会見

この記者会見では日本近代史専門家の林博史、関東学院大教授も参加して日本軍の戦時性暴行問題を告発した。林教授は「日本政府が慰安婦強制動員を認めて責任を負うことが日本の名誉回復の道」と強調した。

林教授はまた「ベトナムで日本軍がフランス女性たちを持続的に性暴行した事例が確認された」として「フランス人も問題解決のために私たちに協力して欲しい」と促した。

あるフランス人記者は記者会見後、日本軍慰安婦生存者数と現在の生活に対する質問をするなど慰安婦問題に関心を見せた。エッフェル塔を訪れる世界各国の観光客も行事の現場を通りながら慰安婦被害告発ポスターなどを読んだ。

この行事にはキルハルモニとユン・ミヒャン韓国挺身隊問題対策協議会(挺隊協)常任代表をはじめ、韓-仏親善協会会員、韓国女性団体代表など30人余りが参加した。挺隊協は29日にはパリ7大学で林教授などが参加する中、日本軍慰安婦問題解決と戦時性暴行根絶のための国際カンファレンスを開催する。

Daisuki 07/12/2014 17:16

Bonsoir 千手観音 さん,
Les médias français généralistes n'ont, pour ce que j'en ai entendu, pas parlé de la propagande coréenne. J'imagine que certains sites spécialisés en ont parlé, mais la grande majorité des français n'en a pas entendu parler.一般のフランスメディアは、韓国のプロパガンダについて話していません、わたしは、聞きませんでした。特殊なサイトは話題にしたかもしれないと想像しますが、大部分のフランス人はこのことを聞かなかったです。

ねこ 07/12/2014 15:29

参考 Référence

5:30~
慰安婦問題 英文 資料集 Livre en anglais sur question confort femmes
http://nadesiko-action.org/?p=2851

6:15~
オバマ大統領府からの返答 [ 米国下院 慰安婦決議121号 撤廃 請願 ] 他慰安婦問題関連
http://nadesiko-action.org/?page_id=7439

こちらは英文資料と、ホワイトハウス署名の回答結果のリンクです。

ねこ 06/12/2014 11:37

【日いづる国より】山本優美子、女性の民間防衛最前線[桜H26/12/5]
17:55~
http://youtu.be/mdAifv5xsag

カナダ、オーストラリア、フランスの反日状況について。

なお 03/12/2014 15:40

DAISUKIさん いつもありがとうございます。

米国人ジャーナリストがfacebookに慰安婦関連の記事をUPしました。
そこに米国の調査報告書のリンクが貼られています。
https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage/photos/a.235978145664.135781.207730000664/10152528275045665/?type=1

日本で弁護士をされているケント・ギルバート氏による日本語訳
https://www.facebook.com/kent.gilbert.5/posts/722059441218252

これだけの資料があるのに、韓国側の主張を記事にしたり放送したりする
欧米のジャーナリストと韓国系住民の声ばかり取り上げる米地方議会と米下院には辟易します。

ねこ 16/12/2014 11:52

3 pétitions aux USA: Le problème des femmes de réconfort.
アメリカへの3つの請願:慰安婦問題
http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/12/3-petitions-aux-usa-le-probleme-des-femmes-de-reconfort.html

マイケル・ヨン氏の記事の日本語訳(二カ国語 Japon/Anglais)
http://ameblo.jp/workingkent/entry-11958461771.html

Plus de liens ici
詳しくはこちらのリンクへ

ねこ 04/12/2014 14:28

【緊急署名】論破プロジェクト藤井氏がNYホロコースト博物館、マグロウヒル社(教科書会社)、NJパリセイズパーク市の3か所12月中に訪問、直接署名を提出してきます!
http://nadesiko-action.org/?page_id=7490

3つの署名
★NYホロコースト博物館に慰安婦展示をしないでください!
http://chn.ge/15NYpEE
★マグロウヒル社は教科書の誤った記述を訂正してください!
http://chn.ge/1yEowYc
★パリセイズパーク公立学校で慰安婦歴史講座を認めないでください!
http://chn.ge/1yJ5vVp

※12月12日(金)までにいただいた署名を提出予定です。

情報拡散、署名をお願いします。