Pétition pour les musées de l'Holocauste canadien et de NY: femmes de réconfort.

Publié le par daisuki

Les Coréens et Chinois essayent de plus en plus de comparer le problème des femmes de réconfort avec l'Holocauste contre les juifs afin de «profiter» de l'Holocauste pour eux-mêmes.

カナダとNYのホロコースト博物館への署名お願い:慰安婦。韓国人と中国人は、ますます慰安婦問題とユダヤ人のホロコーストを並べています。自分たちのためにホロコーストを「利用する」ためです。

 

Pourtant le sociologue français, Michel WIEVIORKA a dit «aucune autre forme de haine raciste n'est comparable à la haine des Juifs»**.

一方、フランスの社会学者 Michel WIEVIORKAは、こう言っています「いかなる形の人種差別的憎しみも、ユダヤ人に対する憎しみに比較できるものはない」**。

 

Les Coréens et Chinois sont même prêts à utiliser des photos de l'Holocauste en les retouchant pour attirer l'empathie des gens 韓国人中国人は、人々の同情を引くためならホロコーストの写真を加工することも厭いません。:

Photo retouchée: http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/06/la-propagande-coreenne-contre-le-japon-utilise-une-photo-de-l-holocauste.html

 

Je trouve cette utilisation de l'Holocauste écœurante, comment en sont-ils arriver là? Les gens qui font cela n'ont vraiment aucune morale. Comment peut-on croire la véracité des arguments Coréens quand on voit ce genre de manipulation de la vérité?

このホロコーストの写真の使用は、わたしに吐き気を起こさせます。一体どうしたらこのようなことが出来るのでしょうか?これをした人たちは、本当に心無い人々です。このような真実を操作している様子を見て、どうして韓国の主張の真実性を信じることができるでしょう。

Je m'adresse à la communauté Juive pour que son histoire ne soit pas utilisée par d'autres communautés à des fins politiques.

ユダヤ人コミュニティに訴えます。あなたたちの歴史を、他のコミュニティの政治目的のために使われることがありませぬよう。

 

La Corée est un pays qui a créé, le 29 décembre 2005, une loi qui punit les «pro-japonais». Depuis le premier président sud coréen Syngman RHEE jusqu'à aujourd'hui, les dirigeants du pays utilisent les sentiments anti-japonais pour détourner les sentiments d'inégalités au sein de son peuple.

韓国は20051229日に「親日派」を罰する法を施行しました。初代大統領、李 承晩から今日まで、韓国の指導者たちは国民のなかの格差の感情をそむけるため、反日感情を使っています。

 

On voit la même politique en Chine qui veut détruire les liens entre les trois pays, USA, Japon et Corée.

同じ政策が中国にも見られます。中国は、アメリカ、日本、韓国の間の関係の破壊をしたがっています。

 

Le problème des femmes de réconfort est utilisé pour la propagande coréenne et chinoise (la Chine intervient dans le procès qui demande d’enlever une stèle de femme de réconfort dans une ville autour de San Francisco)慰安婦問題は、韓国と中国のプロパガンダに使われています(中国はサンフランシスコ周辺の都市に建てられた慰安婦像の撤去を望む訴訟に介入しています):

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/05/l-organisation-anti-japonaise-des-chinois-participe-a-la-guerre.html

 

La propagande internationale de ces deux pays est en train de créer une réelle menace de discrimination contre les Japonais (deux articles des témoignages des Japonais aux USA)これら二カ国の世界的プロパガンダは、日本人に対する差別の真剣な脅威を作り出しつつあります。(アメリカの日本人の証言を紹介した二件の記事):

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/02/les-enfants-japonais-aux-usa.html

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/12/la-discrimination-anti-japonaise-aux-usa-l-influence-de-asahi-shimbun.html


 

Les juifs sont dignes, ils ne diront jamais qu'ils sont les plus malheureuses victimes de la guerre. Mais les Coréens et les Chinois parlent sans arrêt de leur malheurs pendant la guerre. Et bizarrement ils ne parlent pas des malheurs qui sont arrivés après la guerre (révolution culturelle en Chine, massacre des communistes en Corée) pour aveugler leur peuple en utilisant la haine contre le Japon en falsifiant le passé (l'écrivain chinois Yu HUA «notre plus grand problème aujourd'hui n'est pas l'amnésie, mais la falsification du passé»**).

ユダヤ人たちは自尊心がある人々です。彼らは自分たちが戦争の一番不幸な被害者だとは、決して言わないでしょう。しかし韓国と中国人は、戦争中の不幸を絶えず話します。そして奇妙なことに戦後に起きた不幸は、話さないのです(中国の文化革命、韓国の共産主義者の虐殺)。過去を改ざんし、日本への憎しみを使い国民を盲目にするためです。(中国人作家Yu HUA「今日のわたしたちの最も重大な問題は、記憶喪失ではなく、過去の改ざんである」**

 

J'espère que vous, les Juifs ne vous laisserez pas utiliser ni par la Chine, ni par la Corée, ni par personne qui essaierait de profiter de votre humanisme.

ユダヤ人が中国にも、韓国にも、他の誰にも、使われないことを願います。あなたたちの人道主義を利用しようとする何者にも。

Daisuki

NB: **Les deux interviews parus dans la Télérama 3388 17/12/14.

 

¨¨¨¨¨¨¨¨

Si vous voulez participer à la pétition qui demande aux musées de Holocauste de présenter un rapport militaire américain écrit pendant la guerre sur les femmes de réconfort, voici le lien 二つのホロコースト博物館に、慰安婦に関する戦争中のアメリカ軍の調書の展示を願う署名に参加したい方へ、リンクはこちらです:

 

https://www.change.org/p/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E7%AD%89-to-museums-displaying-the-comfort-women-issue-%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B1944%E5%B9%B4%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%92%E5%B1%95%E7%A4%BA%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84-please-put-on-display-so-called-the-us-army-official-report-in-1944-related-to-comfort-women-in-the-museum

 

 

Please put on display so-called “The US Army Official Report in 1944 related to Comfort Women” in the Museum.

 Some people, seriously concerned with “the Comfort Women Issue”, who visited the Museum indicate that one of the most important and reliable primary sources related to Comfort Women is not displayed.

In October 1944, The US Army Force (United States Office of War Information) interrogated 20 captured Korean Comfort Women in Burma and made its report. The report is called “Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49 (the 1944 OWI PoW Report 49 = The US Army Official Report in 1944, hereinafter referred to as “The Report No. 49”).

The Report No. 49 describes a general life of Comfort Women, how much they were paid, their sentiment to Japanese soldiers and etc.

The Report No. 49 is truly valid since it was made in the middle of wartime and made by the US Army which was the enemy to Japan.

It’s also interesting that The Report suggests how the US Army regarded the human rights of Comfort Women at that time.

The Museum should display “The Report No. 49”.

Without this very primary source, the museum will lose its validity and will be a treasure house of prejudice in exchange.

Relating to the validity of the displays, visitors also indicate that there is no fundamental information such as when, where, by whom with regard to displayed panels and photographs. There is neither evidence nor witness backing up allegations of former Korean comfort women.  One panel quotes Mr. Senda Kako, a Japanese author, for explaining one displayed photograph in the museum. But he has never showed evidences or grounds regarding to his arguments.

For the validity of the museum, please show the fundamental information of all the materials. 

* the 1944 OWI PoW Report 49 is easily found on the internet. Otherwise The National Archives at College Park, Maryland, 8601 Adelphi Road College Park, MD 20740-6001 USA, provide a copy of the original.

(extract of the Report)

The report shows how the Japanese recruited these Korean "comfort girls", the conditions under which they lived and worked, their relations with and reaction to the Japanese soldier, and their understanding of the military situation. 

A "comfort girl" is nothing more than a prostitute or "professional camp follower" attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers. The word "comfort girl" is peculiar to the Japanese. Other reports show the "comfort girls" have been found wherever it was necessary for the Japanese Army to fight. This report however deals only with the Korean "comfort girls" recruited by the Japanese and attached to their Army in Burma. The Japanese are reported to have shipped some 703 of these girls to Burma in 1942.”

 

(カナダウイニペグ人権博物館、ニューヨークホロコースト博物館等あて)

「慰安婦問題」に強い関心をもって貴館を訪れた人達は、貴館には慰安婦に関する最も重要で信頼のおける第一次資料が展示されていないと述べています。

1944年10月、米軍(アメリカ合衆国戦争情報局)はビルマで捕虜となった韓国人慰安婦を尋問調査し報告書を作成しました。

この報告書は「日本人捕虜尋問報告第49号」(1944 OWI PoW Report 49 = 1944年米軍オフィシャルレポート、以下「第49号レポート」と言う)という表題になっています。この第49号レポートは慰安婦の一般的生活、いくら彼女らが稼いでいたか、彼女らは日本兵士をどう思っていたか等が書かれています。第49号レポートは非常に正当性のあるものです。と言うのも、正に戦争中書かれたものであり、日本の敵国であるアメリカが書いたものであるからです。又、興味深いことに、このレポートにより、当時の米軍が慰安婦の人権についてどう捉えていたかも推察できます。

貴館はこの第49号レポートを展示すべきです。

このまぎれもない一次資料を展示しなければ、貴館は博物館としての正当性を失い、代わりに偏見の宝庫に陥るでしょう。

展示物の正当性に関して言えば、貴館を訪ねた人たちは、展示されているパネルや写真にいつ、どこで、誰がといった基本的な情報が欠けていることを指摘しています。又、元慰安婦の申し立てについても、証拠資料あるいは目撃証拠が展示されていないことも指摘しています。ある写真の説明のため、日本人の作家である千田夏光氏の文を引用しているようですが、同氏は自己の主張を裏付ける資料を一切提示していません。

博物館としての正当性のためにも、展示物すべてについて基本的情報を付記してください。

*49号レポートはインターネットで簡単に検索できます。オリジナルのコピーは米国メリーランド州カレッジパークにある国立公文書館から入手することができます。 fin

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article

ねこ 20/01/2015 15:54

首相、ホロコースト博物館でスピーチ 「歴史修正主義者」の払拭狙う
2015.1.20
http://www.sankei.com/politics/news/150120/plt1501200012-n1.html

 イスラエル訪問中の安倍晋三首相は19日午前(日本時間同日夕)、エルサレム市内のホロコースト(ユダヤ人大虐殺)博物館を視察し、平和に向けたスピーチを行った。スピーチでは差別と戦争のない世界の実現に向け、積極的に貢献する決意を表明。戦後70年に絡み首相を「歴史修正主義者」とレッテル貼りする勢力の批判を払拭する狙いもありそうだ。
 「ハショア・レオラム・ロー・オッド」
 首相はスピーチでヘブライ語を使い「ホロコーストを二度と繰り返してはならぬ」と訴えた。

ましろ 08/01/2015 04:57

Happy New Year!(I know I'm late)
あけましておめでとうございます。

Have a nice year!(?)
よいお年を。

Thank you for your imformation.
ためになる情報をいつもありがとうございます。

Merci!(*>ω<*)

千手観音 05/01/2015 12:11

Cette parole de NAKASONE me semble importante. Elle va être utilisée par les Chinois et Coréens. Merci de me donner sa parole exacte.この中曽根の言葉は、とても重要に思われます。中国人と韓国人がこの発言を利用していくでしょう。発言の正確な内容を教えてください。
≫≫≫調べた結果を下記に参考として連絡します。2007年頃の発言のようで、得られる情報はこの程度くらいが限界ではないかと思います。

★中曽根発言について
Wikipediaにまとまった記事が出ています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9B%BD%E6%A0%B9%E5%BA%B7%E5%BC%98
[政界引退後]2007年3月23日午後(ブルームバーグ)における日本外国特派員協会での記者会見で、慰安婦問題について質問され、「日本軍による慰安婦の強制動員事件について、個人的に知っていることは何もない。新聞で読んだことがすべてだ」と語った。また、自身の回顧録で海軍将校だった時にボルネオ島で設営したと書かれている「慰安所」とは兵隊相手の慰安婦による売春が行われていたものではないかとの質問には「徴用した工員たちのための娯楽施設を設営した」、「慰安所は軍人らが碁を打つなど、休憩所の目的で設置した」と説明した[8][9][10]。なお、2011年に日本共産党の機関誌しんぶん赤旗は、高知市の市民団体が現地女性を集めて慰安所を設置したことを示す資料を見付けたと報じた[11]。

(注)ボルネオ島は、東南アジアの島。南シナ海、スールー海、セレベス海とマカッサル海峡、ジャワ海とカリマタ海峡に囲まれている。インドネシア・マレーシア・ブルネイ、この3か国の領土であり、世界で最も多くの国の領地がある島となっている

●参考サイト
朝日新聞の「南スラウェシ慰安婦」報道への疑問
http://www5d.biglobe.ne.jp/makassar/mks/asahi.html

「従軍慰安婦」問題について-戦時中マカッサルの実態を検証する-http://www5d.biglobe.ne.jp/~makassar/mks/ianfu.html

●尚、インドネシアの慰安婦について、インドネシア政府の見解が次のWikipediaに掲載されています。
長文ですが、イアンドネシアの未来志向の発言がすばらしいのでそのままコピー掲載します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E5%81%A5%E4%B8%80
インドネシアにおける慰安婦の対日補償請求運動支援

1990年代に、高木ら日弁連はインドネシアにおける慰安婦の対日補償請求運動の支援を行った。1992年、インドネシア外務省は慰安婦問題について「過大視しない」「韓国が(日本に対して)行ったような要求も出すつもりもない」と声明を発表したが、翌年の1993年4月に、高木や村山晃(現京都第一法律事務所所属[5])弁護士ら日弁連調査団がインドネシアを訪問し[6]、地元紙に「補償のために日本からやってきた。元慰安婦に対して名乗り出て欲しい」という内容の広告を出し[7]、また日弁連調査団はインドネシア法律扶助協会(LBH)などと共同で元慰安婦の証言を集めはじめた[8]。その後、同1993年8月末までに代行業者まで出現し、約17000人の元慰安婦が名乗り出た[6]。

さらに、高木は戦中に日本軍補助兵だったインドネシア人兵補への補償運動を行っていた兵補中央協議会を訪問し、慰安婦の実態調査を行うことを提案。兵補中央協議会は1995年から元慰安婦の登録作業を開始し、全国で19753名の登録が行われた[9]。(1996年3月までに2万2千人のアンケートを集め、補償請求が兵補300万、慰安婦200万であったとも[6]、名乗り出れば200万円の補償を得ることができると宣伝されたともいわれる[7]。)兵補中央協議会会長のタスリップ・ラハルジョは「東京の高木弁護士の指示を受けて始めた。『早く進めろ』と催促も受けた」と述べている[10][11]。また同協議会は、慰安婦登録者を対象としてアンケートを実施していたが、「高木弁護士の文案で作成された」とラハルジョは証言している[12]。なお、当時同協議会の事務所には「反天皇制」「国連平和維持活動(PKO) ノー」と書かれた日本の支援者からの寄せ書きが飾られていた[13]。

1996年9月29日、中京テレビ制作・日本テレビ系列のドキュメンタリー番組NNNドキュメント「IANFU(慰安婦) インドネシアの場合には」が放送された[11]。これについてインドネシア英字紙「インドネシア・タイムス」会長のジャマル・アリは「ばかばかしい。針小棒大である。一人の兵隊に一人の慰安婦(インドネシアに居た日本兵は約2万人だった)がいたというのか。どうしてインドネシアのよいところを映さない。こんな番組、両国の友好に何の役にも立たない。我々には、日本罵倒体質の韓国や中国と違って歴史とプライドがある。『お金をくれ』などとは、360年間、わが国を支配したオランダにだって要求しない」と批判した[7]。

1996年10月、インドネシアは日本政府が3.8億円を元慰安婦を含む高齢者の福祉事業を展開することに合意した[6]。1996年11月14日、スエノ社会大臣は事件を焚きつけた日本人達(共産党・朝日新聞・日弁連ら)に対して「インドネシア政府は、この問題で補償を要求したことはない」「しかし日本政府(村山富市首相)が元慰安婦にお詫びをしてお金を払いたいというので戴くが、元慰安婦個人には渡さず、女性の福祉や保健事業のために使う」「日本との補償問題は1958年の協定(日本とインドネシア共和国との間の平和条約[14])により、完結している」と声明[11]、「慰安婦問題の処理は政府に任せて、個人や団体の私益に悪用されないよう」にと呼びかけた[6]。インドネシアの一閣僚は「今回の事件の発端は日本側だ。悪質きわまりない。だが、我々は日本人を取り締まることはできない。インドネシアの恥部ばかり報じてインドネシア民族の名誉を傷つけ、両国の友好関係を損なうような日本人グループがいることが明白になった。あなた方日本人の手で何とかしてください。」と取材した中嶋慎三郎に語った[7]。

Daisuki 10/01/2015 20:21

千手観音san,Merci pour vos explications sur Nakasone, je vais continuer à me renseigner sur ce sujet. Sinon c'est intéressant de voir la différence de comportement entre l'Indonésie et la Corée et la Chine. L'Indonésie semble plus digne que les autres pays, ce pays devrait être un exemple pour les deux autres pays !中曽根についての情報をありがとう。わたしはこれからも、彼の発言について調査していくでしょう。それからインドネシア、韓国、中国の態度の違いは興味深い。インドネシアは他二国お違うようです。この国は、二カ国より誇りのある国のようです。この国は、あの二カ国の手本となるべきでしょう。

千手観音 05/01/2015 08:52

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/12/la-discrimination-anti-japonaise-aux-usa-l-influence-de-asahi-shimbun.html
Par cotre, je n'ai pas trouvé le lien de ce livret 「慰安婦の真実」について広報する小冊子(英文). Merci de me envoyer le lien. 一方、このリンクを見つけられませんでした。リンクをください。おねがいします。
≫≫≫
Daisuki さん, Link est comme suit.
お尋ねのリンクは下記です。
Japanese citizen’s campaign movement announcing on “the truth of Comfort Women”
慰安婦の真実を広報する日本国民運動からご報告
http://nihon-kokumin.main.jp/

Scrolling this home page to the lower part , you can find the opened booklet(in English)
“ The Truth about Comfort Women”. This booklet is inserted in the form of image data.

Daisuki 10/01/2015 20:40

千手観音さん、merci pour le lien. Je trouve ces documents efficaces, personnellement je n'y ai rien trouvé de nouveau, mais je pense que les arguments sont bons pour quelqu'un qui ne connait pas le sujet en profondeur. リンクをありがとう。書類は、効果的だと思います。個人的には何も新しい発見はなかった。しかし、これらの論拠はこの問題を深く知らない者には、良いでしょう。