La discrimination anti-japonaise aux USA, l'influence de Asahi Shimbun.

Publié le par daisuki

だから日本は、アジアの全ての国から嫌われているのです。その通りだ、アジアで日本は恐ろしいことをした、特に朝鮮で。

だから日本は、アジアの全ての国から嫌われているのです。その通りだ、アジアで日本は恐ろしいことをした、特に朝鮮で。

 

 

 

Les faux articles du début des années 90 de Asahi ont de nombreuses répercussions de nos jours.

90年代前半の朝日新聞の誤った記事の数々が、今日まで多くの影響を与えています。

 

Le sujet de l'esclavagisme sexuel à grande échelle (200000 femmes) inventé par ce journal à cette époque a mené à la construction incessante de statues et de plaques commémoratives principalement aux USA.

当時、この新聞が捏造した大規模な(二十万人)性奴隷制という主題が、主にアメリカで絶え間ない記念碑と像の設置につながりました。

 

Les manuels scolaires ont également été « enrichis » de ces nouveaux faits.

教科書も、いくつかの新しい事実を"供給”することをしています。

 

Les pays ont souvent tendances à vouloir glorifier leur passé pour rendre leur peuple patriote, les manuels scolaires sont souvent influencés dans ce but.

国々は、しばしば国民を愛国者にするために彼らの過去を栄光化したいという傾向を有しています。教科書は、この思惑の影響をしばしば受けます。

 

Une étude d'historien de Stanford montre bien ce but, principalement en Corée du Sud, en Chine et aux USA. Au contraire, le Japon semble être le pays le plus objectif dans ses manuels scolaires.

スタンフォード大の歴史家の研究が、この思惑は、主に韓国、中国、アメリカにおいて顕著に見られるとしています。反して、日本は教科書の内容が最も客観的なようです。

http://www.nippon.com/fr/in-depth/a00703/?pnum=1

 

Le problème est que cette glorification de son propre passé sur le « dos » des japonais ne va pas aider à aller de l'avant et a faire diminuer les actuelles tensions en Asie du Sud Est suite à la volonté expansionniste de la Chine.

問題なのは、彼らが、自国の過去の栄光化するために日本を"攻撃”することが、未来に生きることにも、中国の拡大願望が発端である東南アジアの現在の緊張を減らすことにも、役に立たないことです。

 

Je pense qu'il ne faut pas occulter les témoignages de l'époque,et que la vidéo du soldat japonais peut être montrée si elle est de confiance.

わたしは、当時の証言を隠してはならない、もし信憑性があるなら、旧日本兵のビデオは見せても構わないだろうと考えます。

 

Mais la discrimination qu'a subit cet élève de la part de ses camarades, amplifiée par les propos de son professeur, s'apparente à du racisme anti-japonais.

しかし、この生徒が学友から経験してしまった、しかも教師の主張で増幅した差別は、反日的人種差別に似ています。

 

Le professeur explique que toute l'Asie déteste le Japon, alors que c'est surtout la Corée et la Chine qui veulent « surfer » sur la vague anti-japonaise, les autres pays, même anciennement colonisés, apprécient plutôt le Japon.

教師は、全てのアジアの国が日本を嫌っていると説明しましたが、嫌っているのは、むしろ反日の”波”に乗りたい韓国と中国であって、かっての植民地にされた国でさえも、どちらかといえば日本を評価しています。

 

Il faudrait également que les manuels scolaires utilisent les faits les plus précis et vérifiables, et quand un sujet est polémique (comme le problème des 200000 femmes de réconfort), les différents points de vue devraient être présentés.

また、教科書は、最も正確で検証可能な事実を使うべきでしょう。そして論争の的であること(20万人の慰安婦問題のような)については、異なった視点が紹介されるべきでしょう。

 

Dans tous les cas, même si le professeur est persuadé que le Japon a commis toutes ces atrocités, il aurait dû expliquer que tous les pays, les alliés comme les autres, ont utilisé la torture, les bombardements de civils, que la guerre mène toujours à des atrocités et que l'exemple du militaire japonais pourrait être appliqué à des militaires du monde entier et à toutes les époques.

いずれにせよ、日本が恐ろしいことをしたと教師が信じているとしても、教師は、全ての国が、同盟国が、他の国々のように拷問や民間人への爆撃を採用したこと、戦争は常に残忍なことが生じること、日本軍の例は、全時代の、全世界の軍に起こりうることだったと説明すべきでした。

 

J'espère que les élèves subissant ce genre de discrimination vont témoigner.

Comme les Coréens pensent que les Japonais mentent sur l'intimidation contre les enfants japonais, tous les témoignages sont utiles pour les contredire (*).

同様ないじめにあっている学生たちが証言することを願います。韓国人たちは日本人の子どもに対するイジメは、日本人の嘘だと思っています。 (*)全ての証言が、反論の役に立ちます。

 

J'espère que ces professeurs trop partisans sont une minorité.

このように極端に活動家的な教師が少数派であることを願います。

 

J'espère que la majorité des professeurs est capable de relativiser les faits historiques et de ne pas stigmatiser telle religion peuple ou pays.

大多数の教師が史実を相対的に説明できる能力があること、それから、ある宗教、ある民族、ある国について烙印を押さないことを願います。

Daisuki

 

(*)Cheers («Japanese entertainment papier» en Australie): «Après l'installation d'une stèle sur les femmes de réconfort à Glendale aux USA, on dit que les enfants japonais sont devenus victimes des intimidations puisqu'ils sont Japonais. Que pensez-vous sur ce point ?»

オーストラリアの日系新聞Cheers : グレンデールの慰安婦像設立のあと、日本人であるというだけで子供たちがいじめにあっているということですが、これについては認識はありますでしょうか。

 

Le proche du président de la communauté coréenne en Australie, 宋錫準«Je pense que ce n'est pas vrai du tout et que c'est un mensonge caractéristique des Japonais. Comme on apprend aux Coréens dès leur enfance que si l'on se venge contre une petite personne (qui est égoïste et qui n'a pas de courage) en répétant la même action, on finira par devenir comme elle. Les Coréens ne font donc pas d'intimidations. Au contraire, si les Japonais en font, les Coréens se moqueront d'eux en disant “ils sont finalement les habitants des îles».

韓国人会会長宋錫準(ソング・ソクジュン)さんの最側近: 全然ないことで、日本人特有の嘘だと思っています。韓国人は子供のときから小人輩(心の狭く子供っぽいことをやる度量のない者)にやられたことを同じことで返すと、自分も小人輩になる、との教育ですので、そんなことはしません。逆に日本人がそんなことをやるなら「やはり島国の者だ」と嘲笑うのが韓国人でしょう。

http://cheers.com.au/entertainment/interview/964/

 

 

***

 

L"influence internationale du problème des femmes de réconfort.

Le professeur de l'Université Meisei, TAKAHASHI Shiro.

Le journal Sankei 2014.12.20  

慰安婦問題の国際的影響 明星大教授・高橋史朗

 

Le Comité indépendant de vérification sur « les femmes de réconfort » de Asahi shimbun a été lancé. Il commence à étudier l'impact international des articles diffusés par Asahi Shimbun.

 朝日新聞「慰安婦報道」に対する外部有志の独立検証委員会が発足し、朝日報道の国際的影響について検証する作業が始まった。

 

Pendant ces deux dernière années, j'ai fait une enquête sur les statues et les plaques installées partout aux états unis, en roulant 10 000 km avec une voiture de location. Les mensonges :”200 000 femmes” ou “l'esclavage sexuel” etc, sont gravés sur les plaques, en tant que vérité historique. Il faudrait étudier l'influence des articles de Asahi sur les médias américain, chinois et coréen, sur les résolutions mondiales, sur le rapport spécial de Coomaraswamy de l'ONU, et sur le rapport de McDougall.

この2年間、私は在米占領文書研究の傍ら、全米各地に設置された慰安婦碑・像をレンタカーで1万キロ走行し調査してきたが、碑文には「20万人」「性奴隷」などの虚偽が歴史的事実として刻まれている。米中韓のマスコミや教科書、世界各国の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告書、マクドゥーガル報告書などへの影響についても検証する必要がある。

 

Le New York Times a présenté le témoignage de YOSHIDA Seiji (1) dans un long article en août 1992. L'Associated Press aussi, l'a diffusé dans le monde entier en juin 1992. Le gouvernement sud coréen a publié en juin 1992 « le rapport provisoire de l'enquête sur les femmes de réconfort militaires sous l'empire japonais». Dans lequel, le témoignage de YOSHIDA :« La chasse aux femmes de réconfort sur l'île de Jeju » était présenté comme la preuve de l'enlèvement par l'armée japonaise. Ensuite, le rapport de Coomaraswamy a cité le récit du livre de YOSHIDA Seiji : «j'ai participé à la chasse des esclaves dont environ mille femmes ont été enlevées comme « esclaves sexuelles», et le rapport a reconnu les femmes de réconfort comme « esclaves sexuelles ».

 米紙ニューヨーク・タイムズは1992年8月に吉田清治証言(1)を長文記事で掲載し、AP通信も同年6月に同証言を世界に向けて発信し、これらの海外メディアの報道と前後して、韓国政府は同年7月、「日帝下の軍隊慰安婦実態調査中間報告書」を発表。同報告書において、吉田の済州島での「慰安婦狩り」が強制連行の証拠として採用された。その後、1996年2月の国連人権委員会のクマラスワミ報告書が、吉田の著作から「千人もの女性を『性奴隷』として連行した奴隷狩りに加わっていた」との内容を引用し、慰安婦を「性奴隷」と認定した。

(1) YOSHIDA Seiji: Le seul témoin de l'enlèvement des femmes qui a avoué son mensonge. Son livre était utilisé longtemps comme la preuve du crime du Japon . 強制連行の唯一の証言者だったが嘘を告白した。彼の本は、長い間日本の犯罪の証拠として使われた。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/01/aveux-de-yoshida-%E5%90%89%E7%94%B0%E3%81%AE%E5%91%8A%E7%99%BD.html

 

Les textes scolaires actuels d'Histoire pour les collèges de la Corée du Sud aussi, enseignent que « 200 000 » femmes de réconfort de l'armée japonaise ont été enlevées de force sous le nom de « travail obligatoire »(2), et qu'elles « ont été forcées à la vie d'esclave sexuelle ». Un texte lycéen d'Histoire présente : «l'empereur du Japon est criminel en tant que responsable final du recrutement des femmes de réconfort pour l'armée japonaise ». Dans le livre, il y a «la déclaration de l'arrêt du tribunal des crimes de guerre sur les esclaves sexuelles de l'armée japonaise »(3).

また、韓国の現行の中学校歴史教科書は、「20万人」の日本軍慰安婦が「勤労挺身隊」(2)などとして強制徴集され、「性奴隷生活を強要」されたと記述。ある高校歴史教科書は、「天皇は軍隊慰安婦動員の最終責任者として有罪である」として、「日本軍性奴隷女性救済戦犯法廷判決文」(3)を掲載している。

(2)«la fille enlevée pour le travail obligatoire mensonger  »:un faux article fabriqué par Asahi Shimbun. 朝日新聞の捏造記事”挺身隊という嘘で拉致された少女”。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/08/clarification-sur-le-teishin-tai-femmes-de-reconfort.html

(3)«la déclaration.......sur les esclaves sexuelles de l'armée japonaise »

c'était un spectacle d'un faux procès ouvert à Tokyo contre le Japon pendant la conférence organisée en 2000 par les combattants pour les anciennes femmes de réconfort.

東京、2000年の慰安婦の支持者たちの会議での見世物。日本政府に対する模擬裁判。

 

Sur la couverture du Journal Sankei du 3 novembre 2014, on voit le texte lycéen du manuel d'Histoire des États-Unis « la tradition et la communication, edi : McGraw-Hill ». Il enseigne que 200 000 femmes de réconfort ont été fournies comme « cadeau de la part de l'empereur ». En plus il raconte que la plupart des femmes de réconfort étaient « Coréennes et Chinoises ». Mais dans une édition précédente de ce texte scolaire (3ème édition), on écrivait « 300 000 » femmes de réconfort dont « 80% étaient Coréennes ». Les descriptions incorrectes sur ce sujet sensible sont omniprésentes.

 11月3日付産経新聞が1面で報じた米高校歴史教科書(マグロウヒル社の『伝統と交流』)は、「20万人」の慰安婦が「天皇からの贈り物」として提供された、と記述。さらに、慰安婦の大多数は「朝鮮と中国の出身者」と述べているが、同教科書の改訂前の3版では、「30万人」の慰安婦の「8割が朝鮮出身」と書かれており、根幹的記述の杜撰(ずさん)さが目立つ。

 

D'après un lycéen japonais aux États-Unis, les lycéens ont dû regarder une vidéo d'un témoignage de « l'ancien soldat japonais de plus de 90 ans ». Les camarades se disaient: «Oh mon dieu, quelles horribles choses ils ont faites. Les soldats japonais sont des sauvages». Et le professeur a expliqué : « surtout les Coréennes, elles ont été forcées en tant que femme de réconfort par les soldats japonais. C'est pour ça que le Japon est détesté par l'Asie entière (4)». Ce lycéen japonais : «j'écoutais le cours qui a duré deux heures, en baissant les yeux 90% du temps. Je suis devenu très triste. Et j'ai eu honte pour mon pays le Japon. J'avais l'impression que toute la classe me regardait avec l'idée ''c'est un Japonais qui a du sang d'un tel pays'' ».

 在米日本人高校生によれば、「90歳以上の元日本兵」の証言動画を視聴させられたという。クラスの生徒たちは「ああ神様。なんてひどいことをしたの。日本兵は野蛮」と口々に言い、教師は「特に韓国の女性は、日本兵に無理やり慰安婦にされていた。そんなこともあり、だから日本はアジア中から嫌われているのだ(4)」と説明した。この高校生は「2時間続いたこの授業の9割は下を向いたまま聞いていた。悲しい気持ちになったのと、日本という国が恥ずかしいという気持ちが入り交じった。クラスの皆に自分は“そういう国の血を引く日本人”という目で見られている気がした」という。

(4) La Chine et la Corée du Sud seules sont anti-japonais en Asie.中国と韓国だけがアジアでの反日。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/07/la-chine-et-la-coree-sont-les-seuls-pays-anti-japonais-dans-le-monde.html

 

 

Le lycéen japonais:«on a lu dans la classe, une phrase disant que les femmes de réconfort étaient un cadeau de la part de l'empereur. Vous ne pouvez pas imaginer combien je me sentais humilié... Je me demande pourquoi le Japon ne lance pas l'enquête sur les livres scolaires des pays étrangers, pourtant la Corée du Sud et la Chine se plaignent toujours sur le contenu des livres scolaires du Japon ».

そして「(慰安婦が天皇からの贈り物という)文をクラスで読んだんだよ。どれだけ屈辱的な気持ちになったか…韓国や中国は日本の教科書の内容に文句を言っているのに、なぜ日本は他国の教科書について調べないのか」と指摘した。

 

Dans un musée du Canada, ouvert cet automne, un spécialiste fait la présentation sur le problème des femmes de réconfort en utilisant les images des articles de Asahi shimbun de 1992. Depuis le problème des femmes de réconfort, on commence à avoir des intimidations auprès des collégiens et lycéens. J'ai entendu de nombreux cas d'intimidation sur des Japonais du Canada et des États Unis. Je souhaite lancer une enquête sur l'influence des expositions sur les femmes de réconfort basées sur de fausses informations.

 今秋オープンしたカナダの人権博物館では、1992年の朝日報道を画像で示しながら、専門家による慰安婦問題に関するプレゼンテーションが行われており、同問題などを契機に中高生へのいじめが起きている。カナダとアメリカ在住の日本人から多くのいじめの事例を聴取したが、今後、こうした誤った慰安婦展示への影響についても検証していきたい。

 

Profil:TAKAHASHI Shiro

Le président de l'éducation de la préfecture de Saitama (proximité nord de Tokyo), le professeur de la faculté d'éducation à l'Université Meisei, législateur de la conférence pour l'égalité des sexes.

【プロフィル】高橋史朗

 たかはし・しろう 埼玉県教育委員長など歴任。明星大学教育学部教授。男女共同参画会議議員。

http://www.sankei.com/life/news/141220/lif1412200017-n1.html

 

 

***

NB: Le discours de la personne proche du président de l'association coréenne en Australie est amusant, d'après lui, les Coréens ne s'abaisseraient pas à des vengeances, pourtant dernièrement, LG et Samsung sont dans les faits-divers des journaux. En effet, Jo Seong-Jin, président du département électroménager de LG s'est ridiculement abaissé a détruire des lave-linge de Samsung, tout en étant pas assez malin pour penser aux caméras de surveillance. Quelle honnéteté en effet, même dans les classes supérieures !

追記:オーストラリアの韓国人団体の代表の側近の言葉は、可笑しいです。彼によれば、韓国人たちは復讐という愚かな事をしないそうです。しかし最近、LGとサムスンのことが三面記事になりました。Jo Seong-JinというLGの電化部門の長がサムスンの洗濯機を破壊するという愚かな行為をしたのです。防犯カメラの存在を考えなかったとは、あまり賢くありません。上流社会の人間でもこれです!ナント恥ずかしいことでしょう。

 

Le lave-linge de la discorde entre Samsung et LG

Le journal du GEEK, Par Membre rédacteur, 27 décembre 2014

On connait l’animosité qui règne entre Samsung et Apple, moins la haine recuite et tenace qui pourrit les relations entre Samsung et LG. Les deux groupes coréens se tirent continuellement la bourre, quitte à franchir la ligne jaune.

Le siège de LG, à Séoul, a ainsi été le théâtre d’une perquisition inédite : il se trouve que la police soupçonne l’entreprise d’avoir saboté des… lave-linge. Et on ne parle pas de menu fretin : c’est le président du département électroménager de LG qui est directement visé par l’accusation de Samsung.

 

Jo Seong-Jin, le dirigeant en question, ainsi que des cadres auraient volontairement endommagé des lave-linge Samsung juste avant l’ouverture de l’IFA, à Berlin. Les hommes s’en seraient pris aux appareils, détruisant les charnières des portes, avant de se carapater. Pas de chance, des caméras de vidéo-surveillance ont enregistré le délit !

Samsung demande donc réparation, tandis que LG a reconnu que certains de ses hommes s’étaient rendu dans les magasins où se trouvaient les machines, mais… à des fins d’étude de marché seulement, pas pour les détruire. Visiblement, la police coréenne va avoir du pain sur la planche pour élucider le mystère.

http://www.journaldugeek.com/2014/12/27/le-lave-linge-de-la-discorde-entre-samsung-et-lg/

 

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article

千手観音 04/01/2015 01:41

Livret à la publicité sur la vérité des femmes de réconfort (Is this title in correct French ?)

「慰安婦の真実」について広報する小冊子(英文)が、米議員・主要紙に配布されました。
配送先はアメリカ下院450名、上院100名、アメリカ主要新聞です。
その小冊子が下記のサイトで公開されましたので紹介します。
A Booklet that informs of "the truth of Comfort Women" (in English) has been distributed to US members of an assembly and the main paper. Delivery destination is American Lower House of Representatives 450 people, the Senate 100 people and American major newspapers. I introduce , since the booklet has been published in the following site.

慰安婦の真実を広報する日本国民運動からご報告
Japanese citizen’s campaign movement announcing on “the truth of Comfort Women”
http://nihon-kokumin.main.jp/

公開された小冊子の内容
Contents of the opened booklet(in English)
1.”Fabricating Historical Facts” by Henry Scott Stokes
2.”The Comfort – Women Issue” An Ignored Perspective by Tony Marano
3.”Comfort Women in Korea” by KASE Hideaaki
4.”Lies Inscribed on the Stone Monument in Glendale and the Comfort Women Controversy” by MOTEKI Hiromichi

★「慰安婦の真実」英文の小冊子を作製 米議員・主要紙などに送付
産経新聞 12月26日(金)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141226-00000088-san-soci

外交評論家の加瀬英明氏が代表を務める「史実を世界に発信する会」はこのほど、「慰安婦の真実 売春婦に過ぎない」と題した英文の小冊子を作製、米上下両院議員や慰安婦像が設置された米カリフォルニア州グレンデール市の市長と市議会議員、米主要紙などに送付した。
 同会は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに反論するため、近現代史に関する日本語文献を英訳し、ウェブ上などで公開している。
 小冊子はA5判30ページ。1944年に米陸軍がビルマで朝鮮人慰安婦を尋問し、「慰安婦は単なる売春婦にすぎない」と結論づけた米国立公文書館所蔵の調書を紹介。元ニューヨーク・タイムズ東京支局長の英国人記者、ヘンリー・ストークス氏は「韓国人は日本と日本人を尊敬していた。日本の植民地政策は白人優位で人種差別があった欧米とは異なり、平等で差別がなかった。日本軍による性奴隷は歴史の捏造(ねつぞう)」との手記を寄せた。
 「テキサス親父」の呼び名で知られる米テキサス州在住の評論家、トニー・マラーノ氏は「米国は片方を毀損(きそん)する一方的な主張に同意すべきではない」、加瀬氏も「韓国における慰安婦が、朝鮮戦争の勃発から国連軍(米軍)と韓国政府によって管理されたことが韓国人の研究で明らか」との文章を寄稿している。
 同会事務局長の茂木弘道氏は「英語版のほかに日本語版も作成し、『慰安婦問題の真実』を広く伝えていきたい」と話している。

ねこ 07/01/2015 20:14

戦後の交流が始まっているようです。

日英の“旧敵” 未来見据え協力
2013.6.3
http://www.sankei.com/world/news/130603/wor1306030037-n2.html

第二次大戦インパール作戦で激突 日英の元兵士ら24日靖国参拝
2014.10.20
http://www.sankei.com/life/news/141020/lif1410200007-n1.html

戦った相手に敬意を…元英軍兵士と日本軍兵士の対面
2014.12.8
http://www.sankei.com/politics/news/141208/plt1412080016-n1.html

 ロイさんは日本陸軍31師団(烈師団)を率いた佐藤幸徳中将の出身地である山形県庄内町を訪問。町に住むインパール作戦の生存者、和島孝一郎さん(92)とは、涙の初対面となった。
 「泣く理由を彼に尋ねると、『英兵を撃った』という。私も日本兵に向かって何度も銃撃した。お互いさまだった」
 9日間の訪日中、この面会以外でロイさんの心に最も残ったのは、戦没者を祭った靖国神社への参拝だったという。

捕虜収容所関係者を絞首刑にする連合国の報復裁判【アンブロークン】
http://youtu.be/B8FQPT0mTWk?list=PLt2gfBRPKFm9A7ckWeRrBQ7J_Pcuju7fE

 大森収容所にいた英国人捕虜ブッシュ氏によると、日本本土に対する無差別爆撃が激しくなった頃、収容所所長の命令として、B29の乗員への医療を禁止する旨を下されたことがあったようだが、捕虜の健康管理を担当していた藤井浩軍医少尉が、「意思道徳の名誉を守るため」として、上司の命令を一切無視し、捕虜たちの治療をひそかに行っていたという。ブッシュ氏は、「彼の努力によってこそ何百という捕虜の命が救われ、その健康状態が保たれた事を私は信じている」と書き残している。上野駅でブッシュ氏に唾を吐きかけた一般市民を、この藤井軍医捕まえてビンタしたことは前途の通りだ。このように捕虜たちを守った藤井軍医であったが、戦後、「戦犯容疑者」として逮捕された。当時を知る元捕虜たちによって、藤井軍医の人道的行為の証拠が数多く法廷に提出されたが、軍医は懲役11年の刑を受けることとなった。
 また、同じ大森捕虜収容所で、藤井軍医以上に慕われていたのが林純勝大尉だ。ブッシュ氏の本には、この林大尉に対する親しみと尊敬の念が随所に出て来る。作業を終えた捕虜をトラックの荷台に乗せて移動中、突然雨が降ってきたことがあったのだが、林大尉は、捕虜の中の病人を荷台から下ろして運転手の隣りに乗せ、自分は捕虜と共に荷台に座り、一緒に雨に濡れて帰ったのだという。林大尉後に横浜収容所の所長になった際には、多くの捕虜が横浜行きを希望したほどである。しかし、この林大尉も、戦後、進駐軍に逮捕され、懲役3年に処されている(その後1年に減刑)。
 BC級戦犯に対する裁判では、一方的かつ不公平、不十分な審理の結果、実に多くの悲劇が生まれた。北海道室蘭収容所の所長、平手嘉一中尉の事例も、そんな典型的な「報復裁判」であった。室蘭捕虜収容所に、サットルという英国人捕虜がいた。シンガポールで捕虜となったサットルは、それまでに何度も窃盗を働いていたが、収容所内の烹飯所や倉庫からだけはなく、捕虜仲間の食糧さえ盗むという悪質な窃盗犯であった。ある時、サットルが貯蔵庫から米と大麦の袋を盗み出し、営舎内に隠し持っていたことが発覚した。これまでも、サットルが窃盗を犯すたひに平手中将は彼を営倉に放り込んだが、あまりの常習性に困惑し、「重営倉10日」を言い渡した。平手中将が根拠としたのが『陸軍懲罰令』第五六条、「俘虜の懲罰は、陸軍懲罰令の罰則を準用する」である。それによると、このような窃盗の場合、軽営倉か重営倉と定められていた。そして、あまりの悪質かつ根強い常習性のため、以前と同じ軽い処分では効果なしと判断した平手中将は、サットルを重営倉に処した。しかし、ここで事件が起こる。営倉に入ったサットルが、数日経って体調不良を訴えて入院、2~3日後に肺炎で死亡してしまったのである。捕虜たちに長時間の作業をさせず、また上司と共に食事量の増量をを実施し、施設内でニワトリなどを飼わせるなどの工夫をして、できる限り尽力した平手中尉は、このサットル死亡の責任を問われ、戦後になって戦犯容疑で逮捕されてしまう。この時、平手はそれほど深刻な問題だとはとらえていなかったようであり、旭川駅から夜行で東京に向かう平手を見送りに来てくれた婚約者に対し、「2、3年は帰って来られないかもしれないが、自分を信じて待っていて欲しい」と伝えている。平手は、文学者を目指した元学徒らしく、婚約者に対してゲーテの『若きウェルテルの悩み』などの文庫本を送って読むように薦めていた。裁判における平手の態度は、日本人的な美意識から言うと「立派」なものであった。つまり、自ら責任あることは「ある」とはっきり認めたのだ。しかし欧米では、「責任」を認めるということは、すなわち「罪」と「代償」の引き受けを認めることになる。そしてこのことが、欧米的、かつ報復感情を伴った裁判の行方を決定的に不利な方向に向けてしまった。この結果、平手中将が捕虜たちの待遇改善のために行った多くの配慮などはいっさい顧みられず、一方的な勝者の裁きが下されることとなった。サットルを死なせた罪による「絞首刑」である。この裁判の間、サットルの遺族から送られて来た電報にはこうあった。
「私達の愛する息子レイモンドを殺した憎いヒラテを絞首刑にして、子供の仇をとってもらいたい」
 平手の罪を徹底的に追求した英国側の検察官エバンス少佐は、裁判の最後をこう締めくくった。
「このご両親のためにも、世界の平和を願ためにも、平手に絞首刑の宣告を下れる事をお願いします」
 こんな検事の一言をとってみても、連合軍による戦犯裁判が「激しい報復感情」に充たされており、その内容も時に一方的で杜撰きわまりなかったことが判る。 終戦から一年と少し経った昭和21年8月23日、平手嘉一は巣鴨プリズンで競馬の露と消えた。28歳であった。
 死刑の直前、平手はかつて旭川駅に自分を見送りに来た婚約者との「最後の別れの夜」を偲び、決して結ばれることのなかった愛しい人への想いを歌に詠んでいる。
 日の桶を かこみて細き君が手に 触れにし夕を忘られぬかも

「アンブロークン」どころではない、言語に絶する連合軍による日本人戦犯への虐待

 敗戦後、連合軍によって戦犯として逮捕された日本人は1万人以上にのぼる。『戦犯裁判の実相』には、各地で行われた連合軍による裁判の様子と、日本人に対する凄まじい蛮行の限りが詳細に書かれているが、涙なしに読むことはできない。坂上信次看護中尉によると、抑留された日本人は全員、フンドシ一本、ボロ靴一足のみで全裸とし、暗い中で起こされて洗顔も許されず、「壁に向かって立たせしめ、両腕を目の高さに挙げ、左右前膊を曲げ、目の前にて重ね合わせ直立不動の姿勢」をとらされ、朝食を挟んで昼までずっとその姿勢で立ち続けることを強要された。ザンペリーニ氏の「角材持ち上げ37分」どころの話ではない。昼食後、「四つん這いになるケンスイ運動、跳躍運動を倒れるまで行わせ、最後に泥沼に突き倒し、這い上がってくると蹴ったり、又腹這いにさせて、身体の上を番兵がピョンピョン跳んで踏みつける。一同が失神するまで繰り返す」という凄まじさだ。その後は、身体を少し洗ってから、室内に入ってまた直立不動の態勢をとらせる。夕食後は、「眼前二十センチ位の所の二百ワット電球を注視せしめられ、両腕はアゴの前方に重ね合わせして不動の姿勢、番兵は各房を廻り歩きて天井を向かせ、両腕を降ろさせ突然ミゾオチの急所を突き上げ、気絶する者続出す」という仕打ちが待っている。米兵は「呵々大笑して嬉々として嬉しがっており、全く鬼畜の振る舞いだ」と記述されており、「殆ど毎日毎晩、斯様な行動が繰り返され恐怖の為、遂に熊谷看護兵は発狂せり」とある。また、ある海軍中佐はペンチで生爪をはがされ、別の海軍大尉は草刈りの際に首に縄をかけられ引きずり回された。米兵らに羽交い締めにされ、その陰茎を口の中にねじ込まれることも頻発した。「番兵は容疑者に強要して口中に陰茎を挿入し射精せり。手淫を強制し応ぜざる者を殴打、足蹴せり」などという凄まじい蛮行を働いたのである。
 間違いがないように付け加えるが、この蛮行が行われていたのは「戦後」の話である。場所は、今でも多くの日本人が観光に訪れる、あのグアム島だ。他の地域と同様、グアムの戦犯は、連日の虐待に加え、適当極まりない裁判審理によってその運命を支配されていた。戦時中に家族が広島にいた日本軍司令は、わずか二日の裁判に憤り、その裁判の最後に、あくびをしたり、傍聴の女性たちにウィンクしていた裁判官に対して、「我々を戦犯として裁くならば先づ広島、長崎に原爆を投下し、女子供老人は勿論、病院で治療中の病人も含めて一挙に何十万と殺戮したその最高司令者、指揮官及び実行者を凡て正義人道に基き、世界最大の戦犯として裁くべきである。其の後に於いて我々は此の裁判を合法的なものと認めよう」という怒りの動議を行った。米国人裁判官らは、「青くなり赤くなり果てはぷるぷる身震いして怒ったりした挙句、この日本人司令官に絞首刑を宣告した。
 こんな日本人戦犯容疑者たちに与えられた食事のメニューは、朝食=缶詰の野菜をサジ一杯、ゆで卵半分、ベーコン小指大一枚、レモン水コップ一杯。昼食=厚さ約6ミリのパン半切れか、ビスケット二~三片、副食は朝と同じ程度。夕食=昼食と同じ程度というものであった。日本側は、多少品質が悪くても、可能なかぎり日本軍人と同じ食糧を捕虜たちに補給し、食糧が逼迫する中でも、場合によっては一般国民の二倍の量を与えていた。しかし戦後は、捕虜に対して親切にしていたそのような良心的な人たちでさえ、連合軍の復讐によって、このような仕打ちを受けているのだ。
 サイゴンの仏軍刑務所では、日本の戦犯は1.5m四方のコンクリート独房に「四五日間も」押し込められたという。しかも、寝具も蚊帳も与えられず、フンドシ一本の姿でだ。取り調べの際には、全裸で、後ろ手に手錠をかけられたあげく、三日間いっさいの水や食料を与えられぬまま放置され、それが終わると、今度は数リットルもの水を強引に飲まされた。その上で、三角板の上に座らされ、苦慮のあまりに失神すると、フランス人看守は靴先で尾骨を蹴り上げ、さらに電流をかけ、自転車のチェーンで足の裏を打ち、煙草の火を押しつけた。何人かの日本人将校は、こんな待遇に怒り、また苦しみ抜いた結果、抗議の自決をした。
 シンガポールでは戦後、英軍将兵による凄まじいリンチが待ち構えていた。オートラム収容所では、多数の日本人収容所が英国兵によって拷問され、撲殺されている。また、数少ない英米通であった大本営の杉田一次 元陸軍大佐(戦後、陸上自衛隊幕僚長)は、シンガポールで抑留中に英国兵から激しい拷問を受け、抗議の遺書を出して自殺を図っている。
 また、香港のスタンレー刑務所でも、英国兵による凄まじい拷問が連日続き、Nという大佐は、到着の日から拷問を受けたようであり、翌日にはもう顔が変形、最後は松葉杖をつきながら処刑台にのぼったという。別の戦犯は、殴られ過ぎて耳に血腫ができ、「残忍なる英国兵の一撃を受ける度に、鮮血が高さ九尺の天井迄とどいた」という。この種の虐待は長らく続き、英国兵らは、「訓練と称して素足のまま硝子の破片、ブリキの破片を捨てた穴の中を行進せしめ、足を切るのを眺めては快哉を叫んでいた」のである。この他、オランダ軍が元日本兵に行った拷問の激しさもまた、知る人ぞ知る凄惨な事実であるし、中国大陸でも多くの日本人戦犯容疑者が凄まじい仕打ちを受けた。
 戦争に負けてなお、そんな残虐で屈辱的な仕打ちを受けた私たちの祖父の世代は、その多くが拷問死したのみならず、さらに千人近い戦犯が一方的な復讐裁判によって処刑された。そして日本は戦後、海外資産をすべて凍結され、海外の領土をすべて手放し、あらゆる種類の賠償にも謝罪にも応じ、かつ多額の経済支援さえ行ってきた。そんな記憶を持つ祖父たちは、戦後、人知れず苦しみ続け、その姿に家族も苦しんできた。にもかかわらず、この世代の人々は、あの戦争で苦しみ抜いて死んだ戦友の分まで身を粉にして働き、戦後の奇跡の復興を成しとげて日本を世界第二位の経済大国に押し上げたのである。そして、私たちに今の暮らしの基盤となる、安全で安定した社会を残し、そんな孫たちの幸せを見届けるかのように、多くが黙して語らぬままこの世を去っていった。
 「敗戦」という厳しい結果の責任を、たったひとり、黙して背負い込むかのようにして。

ねこ 05/01/2015 10:28

アンジーの「反日映画」を見た 「日本軍の残虐さ」は?
2014.12.22
http://www.sankei.com/column/news/141222/clm1412220006-n1.html

 映画のテーマは「許し」だという。だが、ザンペリーニ氏がどう許していったのかがいまひとつ伝わってこなかった。長野五輪の聖火ランナーとして参加したこと以外に、彼の戦後の描写がほとんどなかったからだ。

彼は今夏、97歳で他界した。「病室で大好きなすしをとり、両親の祖国イタリアの曲を聴いて逝った」と彼の息子は教えてくれた。映画が「日本軍の残虐さ」を言いはやす勢力に利用されないことを願うばかりだ。

ねこ 04/01/2015 18:44

それは誰にもわからないのではないかと私は考えます。
ザンペリーニさん当人はすでに故人です。作者がザンペリーニさん本人から直接話を聞いたことになっていますが、それを証明するものは何もありません。
ですが、この渡辺伍長という人物についての記録は残っているようです。

「アンブロークン」日本軍上層部の意思ではなかった日本人看守による捕虜虐待
http://youtu.be/x0UDz8eHafw?list=PLt2gfBRPKFm9A7ckWeRrBQ7J_Pcuju7fE

『アンブロークン』の主人公であるザンペリーニ氏が日本人の看守から激しい虐待を受けたのは事実だ。確かに、「220発連続で殴られる」などというにわかに信じがたい描写もあるし、アマゾンレビューにもある通り、「裁判で証言に一つでも嘘があれば、その者の証言全てが怪しいと見なされるのだから、ここまで信じがたい体験を主張するザンペリーニ氏の全てが疑わしいと見るべきだ」という意見もあるだろう。しかし、当時の日本の捕虜収容所で、一部の看守による捕虜虐待とされる行為があったのは事実であり、まことに残念なことではあるが、公平を期すためにも我々はそれを認めなくてはならない。ザンペリーニ氏はその後、大森と直江津の捕虜収容所で、凄まじい虐待を受けたようだ。やったのは、渡辺ムツヒロという伍長であり、捕虜たちからは「バード」と呼ばれていた。
 読んでいて感じたのは、もしこれらの記述がすべて本当であれば、この渡辺伍長は常軌を逸している人物であったに違いない、ということだった。いくら何でもやり過ぎであり、本当にひどいのだ。渡辺伍長はなぜ、そんなサディスティックな虐待をしたのだろうか。
 『アンブロークン』によると、神戸の裕福な家庭に生まれた渡辺氏は、早稲田大学で仏文学を専攻し、卒業後は新聞社に勤務するエリートだったが、陸軍で幹部候補生の試験に合格できず、戦時中は伍長として勤務した。このことが彼の正確をねじ曲げ、捕虜への虐待に走らせたのではないか、という。このような常軌を逸したひどい人物がいたことは、他の捕虜たちの手記からも確認できる。
 大森収容所に、昭和18年以降に風紀係として入ってきたある伍長がいたが、そのせいで、それまで比較的「楽しい」と思われていた収容所の生活が一変したと、元捕虜の一人は語っている。英国人捕虜、ルイス・ブッシュ氏の体験だ。 彼は香港で日本軍の捕虜となったが、ザンペリーニ氏戸同じ時期に大森捕虜収容所にいた。
「貴様は生意気だッ! 不遜だッ!」
 私は顔をしたたか殴打されて、もう少しで赤く焼けたストーう゛に倒れかかるところだった。立ちあがると殴打の連続だ。ネクタイを引きちぎり、倒れた身体を所きらわず蹴りつける。銃と刃物を用いる以外のありとあらゆる暴行を受けた。…これほどひどい暴虐と屈辱を受けた事は三十四年間の私の生涯を通して初めてだった。…畳に顔をつけて、この残虐な怪物に対する怒りと屈辱感に号泣し続けていた。
 渡辺伍長の行為が「厳しい」を通り過ぎ、完全に常軌を逸しているのは明らかであるが、少なくとも、この種の虐待が日本軍上層部の意思によるものではなかったことは明白であり、捕虜の中にはそれを理解していた人もいた。
 渡辺伍長の後任は、小栗という軍曹であったが、この人は前任者と違って穏和な人物であり、渡辺伍長が隠していた、捕虜たちへの祖国からの手紙を見つけて、それらを一気に配ったりした。これによって捕虜たちは、ようやく異常なほどの虐待から解放されたという。ブッシュ氏自身は、ほとんどの日本軍将校は連坊ではなかったと述べているし、クリスマスには赤十字から贈られた飲食物を開けて演芸会をやったり、酒を飲むことも許されている。
 当時の日本軍では、特に新兵教育において殴る行為は日常的なものであり、捕虜たちだけが殴られたわけではなく、むしろ、新兵たちの方がよっぽどひどい扱いを受けていた。日本軍において制裁は当たり前のことであり、それが捕虜虐待とされ、今日まで糾弾される根拠となっているのは、残念なことだ。
 だが、激しく殴られた側からすれば、その恨みを持ち続けたとて、後世の我々からそのことを非難されるいわれもない。日本軍の捕虜管理における最大の問題は、捕虜の取り扱いに関する明確なポリシーが欠如していたことのほか、大東亜戦争の正確が、日本人が歴史上初めて経験した「トータルウォー」であったため、捕虜たちの出身国の文化(言語や食生活、宗教)などにまったく対応できなかったということであろう。そこを管理していたのが、「やせ我慢」を美徳とし、教育や風紀取締りのための『鉄拳制裁」をよしとする、日本軍人だったのだから、それらが「捕虜虐待」とされる待遇に繋がるのは、ある意味で必然であった。
 中には、窃盗やしょうがいなど、日本軍の中でも軍法会議にかけられかねない事件を捕虜たちが起こした場合、その捕虜たちを守るために「温情措置」として、鉄拳制裁を加えて全てを穏便に済ませる、という考え方さえあったのだ。その結果、今日まで「捕虜虐待」と言えば日本軍の代名詞のように語られる結果となったのは、残念至極というほかない。
 第一八方面軍参謀長として終戦を迎えた浜田平中将は、昭和18年当時、俘虜情報局長官を務めていたが、その後任の田村浩中将と共に、捕虜に対する私的制裁を禁止し、適正なる管理を行うべしと主張しているし、昭和19年2月の陸軍次官通牒「俘虜ノ待遇ニ関スル件」は、「私的制裁ハ之ヲ嚴禁スルコト」と命令している。
 捕虜収容所の職員の中にも、できるだけ捕虜の待遇を良くしようと尽力した人々は多かった。函館収容所の江本茂夫中佐は、私的制裁を厳禁し、捕虜を人道的に扱おうとし、かなりの成功を収めている。
 ザンペリーニ氏が収容されていた大森収容所で、渡辺伍長に厳しく殴られた英国人捕虜のブッシュ氏は、戦後に記した手記の中で、終戦になって解放された時の気持ちをこう記している。
 私は村岸大尉、藤井軍医、紺野、加藤両軍曹、炊事場係りの親切で男らしい深田伍長(彼は空襲で家を失っていた)その他心の美しい日本の人々と別れの握手を交わした。「さよなら!」この人々の努力がなかったら、今日のこの感激の日をわれわれの何人が生きて迎える事が出来たろうと、あらためて深い感謝の念に心をゆさぶられるのだった。

「アンブロークン」のイメージとかけ離れた捕虜の食糧事情

ヒレンブランドは『アンブロークン』の中で、日本による捕虜の扱いが如何に酷かったかを、次のように指摘している。
「東洋で暴虐の限りを尽くした日本は、想像を超える残虐行為と死をもたらした。その中で最も酷かったのが戦争捕虜の取り扱いであった。日本は米、英、加、新、蘭、豪兵など約13万2千人を捕虜として抑留した。そのうちの4人に1人を越える割合にあたる3万6千人近くが死亡した。特に米軍捕虜に対する待遇が酷かった。日本軍に捕らえられた34,648人の米軍捕虜のうち、37%超の12,935人死亡した。ちなみに独伊の米軍捕虜の死亡率は、わずかに1%であった」
 この記述を裏付けるかのように、東大の加藤 陽子教授は、その著作で、次のように述べている。
「ドイツ軍の捕虜となったアメリカ兵の死亡率は1.2%にすぎません。ところが、日本軍の捕虜になったアメリカ兵の死亡率は37.3%にのぼりました。これはやはり大きい。日本軍の捕虜の扱いのひどさはやはり突出していたのではないか」
 これらの記述を読めば、ほとんどの読者は「やっぱり日本軍は捕虜の取り扱いが悪かったのだな」と思って、その後、頭の中には「日本軍=捕虜虐待」のイメージがつきまとうことになるだろう。しかしこれは、単に数字だけ羅列して善悪を論じているに過ぎない。そもそも、何がどのように酷かったのかは、個々の事情を見なければ判るまい。特に、日本の『猿』にやられたという被害者意識を持った元捕虜の中には、誇張して語る者もいるから注意が必要だ。
 捕虜の死亡原因は、①処刑、②病死・衰弱死、③暴行死、④餓死⑤事故死のいずれかだろうが、実は②の病気や負傷、衰弱による死と、⑤の事故死とも言うべき死亡者が非常に多かったようだ。実際、先頭で重傷を負っていたり、風土病に感染していて、捕虜になった時にすでに衰弱していた傷病兵も多かった。捕虜を輸送中の船が、潜水艦や航空機に撃沈され、日本兵と共に死亡した捕虜も多い。一方、ザンベリーニ氏も収容された大船収容所では、5百人から最大千人ほどの捕虜が抑留されたというが、死亡者は全部で8名だったそうだ。死亡率は0.8~1.6%である。
 オランダ人捕虜のファン・ウェスト・ドゥ・フェール氏の日記によると、あの悪名高い「泰緬鉄道」で働いていた約3百人のオランダ人捕虜が日本に移送されてきたが、彼らは蓄積した疲労回復のため、最後の数ヶ月は「ある種の静養キャンプ」に留まっており、かなり良い食糧をもらっていたらしい、と記述している。英国人捕虜のルイス・ブッシュ氏は、香港から日本に送られる輸送船の中で、英国人やオランダ人、カナダ人の捕虜たちと日本軍人が一緒になって大音楽会を開いたことを記している。ブッシュ氏らは途中、台湾に上陸したが、捕虜付き添いの日本人の通訳が捕虜たちのために43キロの豚肉、バナナ、ネギ、ニンジン、ジャガイモ、煙草5千本などを調達している。これらを病人もいる捕虜たちのために料理しようというのだ。この日、捕虜たちは「美味この上ないポークシチュー」を作り、「かなりの果物の配給」を受けた。そしてその晩の船内は笑いと歌声に満ち、みなが幸福そうな微笑をたたえて煙草を吸っていたという。
 一方、ラパウルで捕虜になった米海兵隊のボイントン少佐は、日本に送られる途中、トラック島に立ち寄るが、「米の飯は山ほどで、塩漬けの大根も沢山くれた。ダン(別の捕虜)は食べ過ぎの馬のように腹がふくらむまで食った。という経験をしているし、次のサイパン島では、監視役の日本軍准士官に非常に美味しい食事をさせてもらっている。
 ブッシュ氏は、捕虜の一行が大阪駅に着いた時、番兵なしで自由に歩き回った時の様子を記している。物見高い人々が我々のぐるりと取りまいて眺めている。しかし、ここにも悪意や敵意の影すらなかった。…病人の捕虜に対する同情の呟きすら、あちこちに聞こえた。手押し車に駅弁を満載して運んできた。…割り箸の使いようにはみな困ったが、笑い声がみなぎった。…「こんなうまいものがこれからも食えるんでしたら、日本にいるのも悪くありませんな」捕虜の一人が蓋についた飯つぶを拾いながら私に言った。
 オランダの戦争資料研究所が制作した、捕虜の日記をまとめた資料は、福岡の捕虜収容所でのオランダ人捕虜たちの生活の様子をよくつたえているが、病気となった捕虜たちに対しては、病気回復のため美味しい食事が十分提供されていたことが伺える。クリスマスや正月には、特別な待遇があったようだ。オーステルハウス氏は昭和20年の元旦の日記に、「僕たちはクリスマスから新年まで素晴らしい時間を過ごしたね…素敵な食事のおかげでクリスマスは素晴らしい祝祭になった」と書き、一人一個の大きな段ボール箱をもらったことを記している。その中味は干し葡萄、チーズ一箱、チーズバターの缶詰三個、粉ミルク半缶、角砂糖百個、コーヒー一缶、ビタミンチョコ二枚、ジャム一缶、レバーパテ一缶、豚のパテ二缶、紙タバコ五箱半で、氏は「満たされた気分になったこの贅沢を記述することは不可能だ」と書いている。これらの多くは赤十字から送られたものであったが、収容所は捕虜たちにきっちりと配ろうとしていた。
 また福岡のオランダ捕虜たちは、近隣の農家からも牛乳などの提供を受けていた。昭和20年2月のヒルフマン氏の日記には、「約20人が日に1リットルのミルクを貰っている!」とある。北海道の収容所でも、食糧不足を補うため、捕虜たちにニワトリなどを飼育させていたが、牛乳やタンパク質などは、当時の日本人でさえなかなか入手できなかったものである。収容所側が、かなり捕虜たちの食生活に配慮していたことが、ここからも伺えるだろう。
 終戦2ヶ月前には、英国国王の誕生日を祝うことまで許されている。以下は、6月4日のヘレ氏の日記だ。昨日は英国国王の誕生日で、僕達は再び豪華に歓待された。朝はコーヒーと干し葡萄の米菓子で始まった。それはいつもご馳走だ。それから紙タバコ2箱と板チョコ一切れ、夜はとても小さなラスクぐらいの大きさのパンとチーズの煮込み、普通の配給量より多い。僕達は最近全く悪い食糧は貰っていないし、なかなか良い。今のところはムール貝で忙しい。僕達は既に何日間もムール貝の入ったスープと飯の上にムール貝ののったのを貰っている、悪くない。
 どうだろうか。これは、食糧もほとんど与えられなかったというイメージを与える『アンブロークン』や、これまでのプロパガンダ映画の情景とは雲泥の差ではないか。実際、『アンブロークン』の中には、日本の捕虜収容所で終戦時に撮影された写真が載せられているが、そこに写った連合軍捕虜たちは、とても「飢餓状態」にあるようには­見えない。むろん、体格も必要とするカロリーも違うため、捕虜たちが空腹を感じていたのは確かなことであろう。しかし、日本側が捕虜たちに飢餓状態を味わわせるために食糧を削ったことなどはなく、むしろ規則の範囲で真面目に、また時に最大限、食事をしっかりと摂らせようとしていた­。ただ、日本側の食糧事情も相当に逼迫していたため、食事を提供したくてもできないこと­が多かった、というのが実情なのである。
 こうして見てみると、ヒレンブランドや加藤教授の指摘が、いかに上っ面なものかが判る­。当時の日本の状況をスルーして、飽食した現代の視点から数字だけを見つめて眺­め、ジャッジしているに過ぎない。しかし残念ながら、「日本の犯罪」を語れば本は売れるし、アカデミズムや映画業界でも
引っ張りだこというわけだ。そこには、自分がその場にいて、決断し差配しなければならぬ立場でなら、いったい何ができたのか、という視点が全くない。
 こんなものは、一方的な断罪に過ぎない。東京裁判の根底にあった「日本悪玉論」に乗っ­かって
飯を食おうとしているだけではないのか。

Daisuki 04/01/2015 15:01

Quant au film, j''ai lu que l'auteur du roman a rencontré tous les anciens soldats japonais sauf ce chef WATANABE. Ce dernier a refusé de le rencontrer.
Est-ce vrai? 映画の件ですが、小説の作者がかっての日本兵たち全員に会えた、しかし渡辺という隊長を除いて。彼は、再会を拒んだ、という記事を読みました。これは、本当のことですか?

Daisuki 04/01/2015 14:56

Bonne année à tout le monde. Et merci pour vos infos de l'année passée.
Voici les liens du los angels times:みなさん、あけましておめでとうございます。過去年の情報をありがとう。ロスアンジェルス タイムスの記事はこちらです。
http://www.latimes.com/opinion/editorials/la-ed-revisionism-20141212-story.html

http://www.latimes.com/opinion/readersreact/la-le-1225-thursday-japan-20141225-

Cette parole de NAKASONE me semble importante. Elle va être utilisée par les Chinois et Coréens. Merci de me donner sa parole exacte.この中曽根の言葉は、とても重要に思われます。中国人と韓国人がこの発言を利用していくでしょう。発言の正確な内容を教えてください。

Par cotre, je n'ai pas trouvé le lien de ce livret 「慰安婦の真実」について広報する小冊子(英文). Merci de me envoyer le lien. 一方、このリンクを見つけられませんでした。リンクをください。おねがいします。

ねこ 03/01/2015 18:34

『第2回アメリカの歴史教科書①』高橋史朗 AJER2014.12.23(3)
http://youtu.be/KTPTRoQg3YQ

高橋史朗氏・日本の名誉を守るため、正しい情報を発信せよ!
http://youtu.be/gJhE8cIEN8g

Racine de Seiji Yoshida de tout mal
全ての元凶は吉田 清治

ねこ 04/01/2015 09:04

櫻井よしこ「朝日新聞記者に問う!君たちは本当にジャーナリストか」
百田尚樹「政府が公開しなかったら、朝日はしらを切っていた。最低だ」
花田紀凱「慰安婦問題の主戦場は国連だ。国連を脱退する覚悟でやればいい」
http://www.genron.tv/ch/sakura-live/archives/live?id=117
http://youtu.be/yXwTtmABfNk
2:40~

長いですが、全て朝日新聞と慰安婦問題に対する対談になります。

通州事件 (つうしゅうじけん) wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6

通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年(昭和12年)7月29日に中国(中華民国)の通州において、中国人部隊(冀東防共自治政府保安隊)による日本人への襲撃が行われ、日本人居留民および日本軍部隊・特務機関が襲われて、日本人らが大量虐殺された事件。日本軍は壊滅し、日本人居留民の385名のうち223名が虐殺され、女性はほとんど強姦されて殺害された。殺害方法も猟奇的なものが多かったとされる[1]。また朝鮮人慰安婦も殺害されている。

千手観音 04/01/2015 02:24

動画紹介ありがとうございます。

D'après un lycéen japonais aux États-Unis, les lycéens ont dû regarder une vidéo d'un témoignage de « l'ancien soldat japonais de plus de 90 ans ». Les camarades se disaient: «Oh mon dieu, quelles horribles choses ils ont faites. Les soldats japonais sont des sauvages». Et le professeur a expliqué : « surtout les Coréennes, elles ont été forcées en tant que femme de réconfort par les soldats japonais. C'est pour ça que le Japon est détesté par l'Asie entière (4)».
 在米日本人高校生によれば、「90歳以上の元日本兵」の証言動画を視聴させられたという。クラスの生徒たちは「ああ神様。なんてひどいことをしたの。日本兵は野蛮」と口々に言い、教師は「特に韓国の女性は、日本兵に無理やり慰安婦にされていた。そんなこともあり、だから日本はアジア中から嫌われているのだ(4)」と説明した。

「90歳以上の元日本兵」で思いだしました。
中国帰還者連絡会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%B8%B0%E9%82%84%E8%80%85%E9%80%A3%E7%B5%A1%E4%BC%9A

・731部隊・南京事件・強制連行などについて積極的に証言し、証言者への協力を行なうことでも知られる。
上記の活動について『撫順戦犯管理所に抑留された旧日本軍将兵が中国側に洗脳されたもの』と主張するものもいる。
・1957年、中国共産党により「罪」を許され帰国した元戦犯容疑者たちの一部は中国帰還者連絡会を創立し、「反戦平和運動」、「日中友好運動」を展開した。特に、自らが戦争ないし戦地で行ってきたことを証言することで、戦争の愚かさを明らかにすることをその運動の核心としてきた。

米国の教育現場で証言動画が出回っているなんて、誰が制作したどんな動画なのでしょう?
何か意図的なものを感じますね。
本当に自分がやった行為なら、話したくないのが普通の感覚だと思いますが。

ねこ 03/01/2015 20:25

映画「Unbroken」の制作背景に潜む謎とは?
全米各地の「反日歴史観」の実態調査報告
ゲスト 高橋 史郎
1/9(金) 21:00~ 再放送 23:00~ (日本時間)
http://www.genron.tv/ch/sakura-live/

お時間があればどうぞ。

千手観音 02/01/2015 02:37

Bonne année !
新年明けましておめでとうございます。
Happy New Year !

ちよっと話題が変わりますが、新しく公開された「アンブロークン」というアメリカ映画に日本で反発が起きています。
Now in Japan , American movie "Unbroken" that have been newly published is provoked an angry response.


Please visit this site

http://jpnso.blogspot.jp/2014/12/unbrokens-broken-logic.html

Unbroken's Broken Logic
Let me talk about the movie "Unbroken" which was produced by Angelina Jolie.

Many Japanese people are now angry at Angelina Jolie, because Unbroken has become an anti-Japan propaganda film. Whether she likes it or not, she is now regarded by many Japanese as a communist movie producer aiming for accusing Japan. In other words, she has become an enemy for so many Japanese people. I wonder if she is prepared for losing her reputation which she earned in the past in Japan. In fact she was liked and adored by many fans of her. The movie Unbroken has influence to chase away her Japanese fans. It may have been her one of motives to have produced Unbroken.

ねこ 10/01/2015 12:00

あまり騒がれてはいませんが、この映画にもプロパガンダ疑惑があります。

Brad Pitt
Fury - Au cinéma le 22 octobre - Site officiel
http://www.fury-lefilm.fr/

映画『フューリー』公式サイト
http://fury-movie.jp/

Fury | Official Movie Site
http://furymovie.tumblr.com/#all

凄惨な戦車シーンが胸えぐるブラピの「フューリー」 戦争の悲惨さ愚かさ描く
2014.10.28
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20141028/enn1410280830002-n1.htm

「アンブロークン」が触れない連合軍による強姦、捕虜殺害、死体損壊
http://youtu.be/xHfi3odCiTA?list=PLt2gfBRPKFm9A7ckWeRrBQ7J_Pcuju7fE

 ノースケンタッキー大学のロバート・リリー教授の研究では、第二次世界大戦で米国兵が行った強姦は、欧州で1万7千件以上あり、沖縄戦の最中だけでも、米国兵は沖縄の女性に対して1万件もの強姦を行ったと指摘されているが、このことは学問分野において積極的に取り上げられることはなく、隠蔽さえされてきたという。実際、戦後直後に米軍が上陸した神奈川県では、最初の10日間で1.336件おの強姦事件が発生し、豪州軍が進駐した広島県の呉では、海軍の未亡人を含む多くの婦女子が毎晩連れ去れてて強姦されたため、呉市長がやむを得ず売春婦を集め、「性の防波堤」にしたのである。私の親戚の一人は、終戦直後はまだ10代の女子学生であったが、周りの人たちから、「帽子のツバの片側を上げているのは、婦女子暴行で有名だから気をつけろ。あれは豪州兵だ」と教えられ、注意していたという。昭和20年9月の『タイム誌』には、こんな記述がある。我々の軍隊ならびに、共に行動した英国軍は、着脱と強姦を行った…我々もまた、強姦魔の集団だと見られているのだ。最近になって、このような指摘を裏付ける研究が少しずつ出始めている。
 ドイツは、東からはソ連軍、西からは米英軍などによって侵入されたが、そこでは想像を絶するような蛮行が行われている。酔った米軍兵士らが銃を持ってドイツ人の一般家庭に乗り込み、女性以外の家庭を外に出した後で強姦に及ぶなどは日常的なことであったが、それ以外にも多くのドイツ人女性を兵舎に連れ込んで強姦した。戦後の日本で起きたことと全く同じ悲劇だ。ヴィクトリア大学ウェリントン校のキャロル・ハリントン博士の研究によると、1946年5月から6月の一カ月間だけで、5人のドイツ人女性の死体が米軍兵舎の中で発見されたという。強姦のみならず、偏執狂的な兵士らによって殺害されたのだろう。フランス兵もまた、占領地域では、住民に対して建物に氏名年齢を一覧表にしてドアに張り出させ、夜になれば、セネガル兵と共に強姦したい年齢の婦女子にぶつかるまで戸別訪問をしたという。また、米国の従軍記者だったエドガー・L・ジョーンズは、連合軍の犯罪について以下のように述べている。我々は冷酷にも捕虜を射殺し、病院を跡形もなく破壊し、敵の救命筏に機銃掃射を加え,一版市民を殺害し、虐待した。そして、敵の負傷兵を皆殺しにし、瀕死だがまだ息のある者を、死体と一緒に穴に放り込んで埋めたのだ。太平洋戦線では、ガールフレンドへのプレゼントにするため、死んだ日本兵の頭を茹でて肉を削ぎ落とし、その頭蓋骨をテーブルに飾る装飾品とし、またはその骨を削ってレターオープナーにしている。我々は日本兵の肉体を切り刻み、その耳を切り取り、あげくの果てには金歯を抜き取って「土産もの」とした。そんな目を覆う悪行がどういう戦場心理によるものなのか、ということは未だに全く検討すらされていない。
 そんな米国や英国以上にひどかったのが、ソ連軍だ。バージニア大学の歴史学教授、ウィリアム・ヒッチコック氏や、英国の歴史家アントニー・ビーバー四らの研究によると、ドイツのソ連軍占領地域では、約2百万人(!)ものドイツ人女性が強姦され、中には70回も強姦されたケースがあり、堕落後のベルリンでは、10万人の女性が強姦され、うち1万人が死亡している。満州各地でも、ソ連軍は日本の婦女子に対して暴虐のかぎりを尽くしている。その残虐さは他に類を見ず、白昼堂々、女性を集団で襲って強奪するという地獄絵図が各地で繰り広げられたという。
 太平洋戦争で米豪軍などが行った蛮行については、チャールズ・リンドバーグ大佐の日記を読むのがよいだろう。それには、これでもかというくらいに、日本人捕虜の殺害と、死体損壊の目撃談が書かれている。海兵隊は日本軍の降伏をめったに受け付けなかったそうである。捕虜にとった場合でも、一列に並べ、英語を話せる者はいないかと質問する。英語を話せる者は尋問を受けるために連行され、あとの連中は「一人も捕虜にされなかった」という。このように、降伏した日本兵を射殺したり、煙草を与えたとたん、その喉元を切り裂くなどというのは序の口であり、二千人の日本人捕虜を飛行場に連れて行き、機関銃で皆殺しにし、残った百~二百人だけを連れ帰った、という話もある。1944年8月6日付の日記には、米国兵たちが交わしていた会話が書かれている。豪州軍の連中はもっとひどい。日本軍の捕虜を輸送機で南の方に送らねばならなくなった時のことを知っているかね? あるパイロットなど僕にこう言ったものだ。「捕虜を機上から山中に突き落とし、ジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告しただけの話さ」そんなリンドバーグ大佐は、ビアク島での戦闘を視察した際に、以下のような感想を漏らしている。私は突っ立ったまま、密林の焼け焦げた跡や、日本軍が身を隠していると思しき断崖の黒点を眺めるやる。あの焼けただれた地域の地表下に極限の苦悶が隠されているのだ 飢餓、絶望、そして死体や死に瀕した男たち。ただ祖国愛と信ずるもののために耐え、よしんば心底で望んだとしても敢えて投降しようとはしない。なぜなら両手を挙げて洞窟から出ても、米国兵が見つけ次第、射殺する事は火を見るより明らかなのだから。
 連合軍が日本兵を対して行ったのは、捕虜殺害だけではない。先に述べたように、死体を損壊して金歯を盗り、骨で加工品を作り、頭蓋骨を土産物にした。日本兵による人肉食は極度の飢餓状態の中でやむを得ず行われたものであり、あくまで緊急避難のためであったが、連合軍の兵士は充分に補給された状態であり、これらのおぞましい行為を「楽しんで」いた。ここに大きな差異がある。こんな、米軍の多くの部隊で行われていた日本兵に対する死体損壊は、ようやく最近になって映画『シン・レッド・ライン』や、ドラマ『ザ・パシフィック』などで描かれるようになったが、以前なら「日本軍ならましも、人道的で陽気、戦後の飢えた我々にチョコやガムをくれた米国兵がそんなことをするなんて信じられない」と、日本人自身が言っただろう。90年代にこれらの資料を目にした時、しばらくは、私もなかなか信じられなかったものである。その頃はまだ「米国がそこまでするわけがない」という感覚が頭の中に強く残っていたからだ。すべて、子供の頃から受けてきた教育の影響だ。リンドバーグ大佐は、こうも言っている。ドイツ人が欧州でユダヤ人になしたと同じようなことを、我々は太平洋で日本人に行ってきたのである。日本の罪悪を、捏造までして叫んでいる日本人はこんな連合軍の罪悪を、声高に叫ぶことはない。彼らはあくまで、日本の悪口にしか興味がないのである。

米国もまた大量のドイツ人捕虜を死に至らしめていた【アンブロークン】

 ソ連赤軍は、捕虜を取って殺害するばかりではない。彼らの多くは無学で略奪を好み、凄まじい強姦を繰り返しながら各地でドイツ軍を撃破し、西に向かって進撃していた。大戦末期、そんなソ連軍がついにドイツ領内に侵入したと知ったドイツ人たちは、恐怖のどん底に叩き落とされた。最終的に200万人以上の女性が強姦されたという研究もあるくれいだから、当然すぎるくらいだ。そしてソ連軍が占領したドイツ東部では、予想通り、凄まじい暴虐が繰り返された。
 1945年5月の時点でヒトラーはかなり追い詰められ、すでに正常な判断力を失っていた。一方、そんなヒトラーによって後継者に指名されたのは、ドイツ海軍のカール・デーニッツ元帥であった。潜水艦作戦の達人で、その奇抜な作戦でチャーチルを最も苦しめたとされるデーニッツ元帥は、当然ながらソ連軍の占領下に置かれたドイツ国民の現状を把握し、またその将来の運命を冷静に見通していた。東からソ連が猛攻をかけてくる中、元帥は一つの決断をする。こんなソ連に、やられ放題にやられ、万策尽きた結果として仕方なく降伏するよりは、ドイツ国民をより人道的に扱うであろう米軍や英軍のもとで、より多く投降させるということだった。そのため、まずはドイツ西側でドイツ軍を降伏させ、一方で、東部戦線では残余の部隊で対ソ戦を継続、その間に、塗炭の苦しみにあえいでいる彼の地のドイツ国民を救出しなければならない。この元帥の案を、英国は呑んだ。しかし、問題は米国だった。最終的にデーニッツ元帥は200万とも300万とも言われるドイツ人を救出したとされるが、西部戦線にあった米軍のドイツ人に対する態度は、元帥の期待を大きく裏切る、非常に冷酷な者であった。米軍は、「部分降伏は許さない。ソ連軍にも同時に降伏せよ」と返したのだった。
 実はこの戦争終結に先立つ1943年11月、テヘラン会議で米英ソの三首脳が行ったとされるやり取りが残っている。この席上、ソ連のスターリンが、「戦争が終わり次第、ドイツ将校5000人を集めて処刑したい」と言い出し、それに対して英国のチャーチル首相が、「そのような破廉恥な行為で、私と、私の国の名誉を汚すことはできない……。この場で、庭に引きずり出されて射殺された方がましだ」と色をなくしてとがめたところ、隣りに座っていた米国のルーズヴェルト大統領が、「では4900名で手を打てば?」と冗談まじりに言ったという。やがてスターリンが、他の同席者の意見を聞き始めたが、その中にあった、ルーズヴェルトの息子エリオット(陸軍准将)が、「5000人はおろか、何十万のナチを皆殺しにすべし! 合衆国陸軍は諸手を挙げて賛同すると信じる!」と叫んで杯を上げると、このエリオットをスターリンは抱きしめ、共にドイツ人の死を祝福しようと促したという。
 ノルマンディー作戦以降、ドイツに向かって侵攻していた米軍を率いていたのは、後の米軍大統領となるアイゼンハワーであった。しかし、ユダヤ系でもあるアイゼンハワーもまた、ドイツ人のことを激しく憎悪していた。妻に書き送った手紙には「ドイツ人は獣」と書いているし、ある時、昼食に招いた駐米英国大使に対して、「3500人ともいわれるドイツの将軍は全員抹殺されるべきだ。市長以上のナチのリーダーとゲシュタポも同格である」と発言した。彼は、軍人であろうが、捕虜であろうが、一般国民であろうが、ドイツ人であるかぎり、一切の慈悲を与えるつもりはなかった。
 戦争が末期に近付くに従い、各地の戦線で、降伏した大量のドイツ人捕虜が出現していた。1945年4月24日の『ザ・イブニング・インディペンデント』紙は、4月だけで連合軍は100万のドイツ兵を捕虜にした、と報じている。連合軍は捕虜の取り扱いを定めたジュネーブ協定にのっとり、そんな捕虜たちを「食べさせる」必要があった。1945年4月の段階で、欧州戦線の米軍が扶養すべき軍人軍属の数は260万であったが、500万人に対し、50日間与えられるだけの食糧が備蓄されていた。にもかかわらず、アイゼンハワーは1945年3月10日、ある一通の電報を発信する。それは、ドイツの降伏後に『連合軍が扶養しない、新しい捕虜の身分を設ける』というものであった。戦時捕虜、すなわちPOWであれば、ジュネーブ協定によって自国の兵士と同じ給与を与えねばならない。しかし、ドイツ人を心から憎み、自らのドイツ式の名前を恥じるまでになっていたアイゼンハワーは、法の抜け道を探し出そうとした。そして「もっとドイツ人を殺せなくて残念であった」とした自身の嘆きを、別の形で実現しようとしたのである。
 ドイツが敗北したとたん、デーニッツ元帥によって東部戦線から救われた人々を含む多くのドイツ人が、米国大統領や米軍司令官らのそんな決意を知らぬまま、ドイツ西部において米軍と遭遇した。その数は、数百万人にものぼった。しかし、アイゼンハワー麾下の米軍部隊は、そんなドイツ人捕虜たちに、まともな待遇を与えることはなかった。8月4日にアイゼンハワーが下した次の命令が、そんなドイツ人たちの運命を決した。「米軍占領地域で米軍管理下にあドイツ軍将兵は、以後、全員"DEF"とみなし、"POW"の資格はないものとする」彼は、ドイツ軍人はみな「DEF」、つまり「武装解除軍人」として、その庇護はすべてドイツの責任であるという論理を展開したのだ。これによって、ジュネーブ陸戦協定の捕虜取り扱いの義務から外れることになった。この結果、ライン河のほとりを中心に、各地に鉄条綱で限られた強制収容所ができあがった。連合軍の兵士達も、ドイツ人に対する哀れみなどは、まったく持ち合わせていなかったようだ。
 チャールズ・リンドバーグ大佐は、抑留所のドイツ人元技師に、食事に関する質問をしている。米軍がどれくらいの食糧をくれるのかとディートリヒに訊いてみた。『かろうじて生きていける程度』と答える。我々は抑留所の責任者である米軍の中佐と昼食を共にした。冷酷無情の印象を与える軍人だ。ドイツ人捕虜に対する補給状況を訊く。『ドイツ人が運んで来るものを与えているー何であろうと、鍋に放り込んでやる。米国の食糧をやるものか。はっきり申し上げるが、やつらは同情ある待遇を得られないね』ドイツ人を心から憎んだアイゼンハワーが作ったライン河畔収容所においては、豊富にあったはずの食糧が米軍から解放されず、その結果、100万人近いドイツ人捕虜と民間人が、泥水を吸い、草木まで食べ尽くして命を落としたと言われている。
 米軍から、ある収容所を引き継いだ仏軍も、自国を占領された恨みもあり、米軍と変わらぬ対応で多くのドイツ人を死に至らしめた。仏政府による記者立ち入り禁止借地のため、これらの情報が外に漏れることはなかったが、それでも1945年9月のフランス『ル・フィガロ』紙は、関係者から聞き取りとして、「信頼すべき筋は、捕虜の健康状態が"嘆かわしい”などという段階を超えていると明言した。飢餓による戦慄的な死亡率が語られ、平均35から45キロに痩せ衰えた男たちの様子が語られた」と報じた。しかし、このような報道は稀であった。なぜなら、DEF案適用を認めた米英合同参謀長会議からの返信に、「DEFの公表を禁じる」という項目があったからだ。その結果、米国とフランスによって死に至らしめられた100万とも言われるこれらの犠牲者は、「その他の滅員」ということで処刑され、その後も当該政府によって隠蔽され続けてきたのである。
 これらの凄まじい現実を知れば知るほど、加藤陽子教授やヒレンブランドをはじめとする、今日の「世界の常識」を信じて疑わず、数字だけを使って日本を叩き、税に入る人たちが、いったいどれだけ不勉強なのかが判る。

ねこ 06/01/2015 16:39

映画「アンブロークン」は重大な間違いが有ります。 The movie unbroken contains grave errors.
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2014/12/movie-unbroken-contains-grave-errors.html

映画「アンブロークン」と大東亜戦争でのアメリカ人捕虜の真実 The movie “Unbroken”, and history of US POW’s
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2014/12/movie-unbroken-and-history-of-us-pows.html

ビデオアップの順番はこちらが先です。

日本軍は本当に「残虐」だったのか─反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行
http://youtu.be/Kky6oVwBCRQ?list=PLt2gfBRPKFm9A7ckWeRrBQ7J_Pcuju7fE

 日本は戦後、「東京裁判史観」というものによって多大な被害をうけてきた。
 占領軍が勝手に作った平和憲法なるものを今日も堅持し、50万人以上の民間人が命を落とした無差別都市空襲や2発の原爆は、日本人がアジアで行った蛮行や、米国への宣戦布告なき奇襲、捕虜達への虐待の結果もたらされた「当然の帰結」であり、我々こそがその罪を未来永劫、背負っていかねばならないのだとする「プロパガンダ」が蔓延した。
 教育界はそれを子供たちに躍起になって刷り込み、メディアもその発信に大きく加担した。
 その一方で、今日でもなお、米国や韓国、中国をその発信源とする対日戦争プロパガンダはさかんだ。いや、見方によってはどんどんと激しくなっていると言えるかもしれない。
 女優アンジェリーナ・ジョリーが監督を務める映画゜『アンブロークン』が全米で公開される。
 この映画は同名書籍を基にしており、その中には、相変わらずの戦時プロパガンダのオンパレードと、相手が日本人であれば何を言っても許されるという態度で書かれたに違いない誇張が、随所に見られる。
 本書では、この原作本に登場するそんな日本軍人らの描写が、いかに一方的なものであるかを強調し、連合軍が日本軍よりはるかに人間的だったとする「神話」に挑むため、連合軍による数々の蛮行を記述している。
 しかしこれは、あまりにバランスを欠いていたこれまでの「常識」を覆すための作業であり、決して、返す刀で日本軍は無謬であり、100%正義であった、とするものでもない。事実はただ一つ、やったことはやったし、やらなかったことはやらなかった、というだけの話なのだ。そして、その観点から眺めても、日本の罪悪はあまりに誇張され過ぎているし、また連合軍のそれはあまりに巧みに隠蔽され、逆に美化され過ぎているのである。
 タイのある新聞記者は、真珠湾攻撃の日に『サンヤム・ラット』紙上で次のような記事を書いた。
 日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産で母体を損なったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米・英と対等に話ができるのは、いったい誰のあかげであるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。 12月8日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大な決意をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。
 ククリット・プラモートという名前のこの記者は、後にタイ国王第18代首相となった。東南アジアや中東、アフリカ諸国には、このような感覚を持つリーダーが多くいる。
 旧連合国と中韓の間で共有され、また国内の一部でも強力に支持される「日本=悪玉論」と、これらアジアをはじめとするその他の国々の人々が持っている感覚のギャップの狭間で、当時の日本人がいったいどのように生きたのか、そして今後の日本人がどのように振る舞うべきなのか。その考察を試みたのが本書である。
 日本人は多くを反省しなければならない。しかしその反省とは、東京裁判史観に基づいて一方的に指摘される「罪」などではない。あの戦争で確かに多くの失敗をしたとされる日本人が、その一方でいったい何を考え、またどんあ「正義」を信じていたのかという考察さえせず、戦勝国のプロパガンダにただ乗りすることで、若い世代にまで自己反省と外国へのへつらいや謝罪を強要してきた、戦後日本の在り方についてである。
 本書によって、少しでも多くの人が今日まで日本を覆ってきた様々なプロパガンダの嘘に目覚め、品位と誇りある日本を取り戻すための活力を得ることができるなら、これに勝る喜びはない。

アンジェリーナ・ジョリー監督「アンブロークン」映画化で全世界に拡散される日本に対する負のイメージ

 雑誌『潮』で、徳留 絹枝氏のインタビューに答えた「アンブロークン」の著者のヒレンブランドは、「この本は何百万人のアメリカ人に読まれ…日本への悪感情はほとんど皆無でした。…読者は、この物語が前世代の日本人を描いていることを理解しており…現代の日本に抱く好感情は変わりません」と書いている。
 アマゾンデビューの多くは、『アンブロークン(不屈)』な生き方を貫いたザンペリーニ氏に対する賞賛にあふれていた。しかし問題は、この作品がすでに全世界公開を前提としてハリウッドで映画化されているという点だ。信じがたい記述がいくつも出てくる『アンブロークン』が、ただでさえ過剰な演出の多いハリウッドで映画になった場合、そこから発せられる強烈なメッセージは、世界中の視聴者に「すべてが真実である」と信じこませることになるだろう。その影響は計り知れないものになる。
 映画の予告編を観る限りでは、予想通り、典型的なハリウッドの感動巨編として描かれているようだ。前半は、やんちゃ坊主で、血気さかんな若者が、五輪選手として成長していく様が描かれているが、後半は打って変わって、ザンペリーニ氏の人生を襲う大きな困難、障害、巨悪が描かれている。そしてそのすべてに「日本」が絡んでいるように見える。
 日本の爆撃機に尾所され、サメと戦い、痩せこけてようやく生き残ったボロボロのザンペリーニ氏に対して、サディスティックな面構えをした渡辺伍長を思わせる日本人看守が激しく虐待するシーンが連続するのだ。こんな映画を観た米国人の観客の多くは、間違えなく、「日本人とは何と残虐なのだ。戦後賠償や謝罪文を求める声が最近多いが、それも当然かもしれない」と思うだろう。私が歴史に無知な米国人なら「この野郎!」と思うだろうし、日本人に対して良い感情など持てようはずがない。
 徳留 絹枝氏は、「十四万の連合軍の将兵を捕虜とし、その三分の一を死亡させた歴史を持つ日本人は、自らの尊厳をどのように回復すべきなのか。…彼女の著書はそのことも問い掛けている」と書いた。しかし、ヒレンブランドはそんなことを問いかけてなどいない。彼女の頭の中にあったのは、「戦争の英雄」ザンペリーニ氏の生涯がいかに苦難に満ちた、常人ではあり得ない類の物であったかを強調し、そこからの復活と、最も憎いはずの敵を赦すという高邁な境地に至った人間ドラマを、極限までドラマチックに仕上げることだけであった。そして、そのためにも、「極悪非道で悪辣な日本人」がとことん必要であった、というだけの話ではないか。
 どこの国の誰であれ、戦争のような過酷な環境で苦しみつつも、敵にも自分にも負けずに生き抜こうとした人物に対して心からの敬意を払うのは、人間としてのマナーである。私自身、ザンペリーニ氏に対しても少なくない敬意を持つ者であるが、その一方で、物語をさらにドラマチックにするために日本を必要以上に「極悪非道な悪役」に仕立て上げたばかりでなく、信じがたい与太話を入れたヒレンブランドは、ザンペリーニ氏が歩んできた「アンブロークン」な人物物語を、一瞬で「アンビリーバブル」、つまり信用するに値しないレベルに貶めているのだ。米国人の大半は信用するのかもしれないが、まともな人間がこの本を読めば、おそらく同じように感じるだろう。
 ヒレンブランドは、歴史学の教授になるのが夢だったそうだが、こんな本を書く前に、アカデミズムの世界で一度は徹底的にしごかれた方がよかったのではないかと思う。さすれば、人肉食の週間を持つ日本人が生きたまま捕虜を食ったなどという、とんでもない話まで書き散らされることもなかったし、それによって日本人が迷惑することもなかっただろう。また、アンジェリーナ・ジョリーが、世界有数の映画市場である日本の多くのファンたちを失望させることもなければ、苦悩を重ねたはずのザンペリーニ氏の生き様が「アンビリーバブル」として後世において失笑を受けることもなかっただろう。
 いつの時代も、戦争状態にある国の捕虜収容所は、敵に対して最もねじれた形で憎しみが現れるところだ。第四章や第五章で後述する通り、連合軍も日本の捕虜には相当ひどいことをしたという点ではお互い様なのだし、ドイツやソ連の収容所の想像を絶する過酷さといったら、大森や大船捕虜収容所の比ではない。もちろん、だからといって渡辺伍長をはじめとする一部看守の捕虜虐待が常軌を逸していたのは事実であり、弱者に対する態度として到底、誉められたものではない。しかし同時に、決して「渡辺伍長=日本軍」ではないということも、きっちりと指摘されるべきである。
 今度公開される映画の中で、このあたりがどのくらい説明されているのか、そのことが心配である。もし、渡辺伍長による激しい拷問シーンのみならず、日本の爆撃機による執拗な機銃掃射や、220発なぐられたとかいう与太話までも事実として描かれてしまった場合、それらは多くの視聴者の頭の中で「歴史的事実」として記憶されることになるだろう。映像としていったん頭の中に入ったイメージは非常に強烈であり、なかなか拭い去ることができないものである。
 では、こうした、映画やメディアを使ったプロパガンダは、いったい誰が、何の目的で仕掛けているのだろうか。それを次章で詳しく見ていくことにする。

「アンブロークン」捕虜を使った日本軍「生物化学兵器人体実験」の正体

 「アンブロークン」の主人公ザンペリーニ氏らは、47日間もの苦難の漂流の末、目の前に突然島が見えた。それがマーシャル諸島クェゼリン島だったのだが、彼等は駐屯していた日本軍に捕まってしまう。この島には日本の海軍部隊が駐留していたのだ。彼らは厨房に入れられてしまうのだが、ある日、日本の軍医らによってグリーンココナッツのミルクだという注射を何度も打たれ、凄まじい苦しみを味わったという。健康状態が改善されるというこの液体は、どうやらあまり体には良くなかったらしい。注射をされたザンペリーニ氏らは、目眩や全身の痒みなどに襲われることになる。結局、合計4度ものこの種の注射を打たれたところで、このテストは終わったのだが、実は、栄養供給のためにココナッツの液体を注射するのは、南方戦線では時おり行われていたので、このクェゼリン島で行われていたとしても不思議ではない。
 ザンペリーニ氏がこれを経験したのは、クェゼリン島に米軍が総攻撃を行う4ヶ月ほど前のことである。当時この孤島は、すぐに攻撃正面になるとは考えられていなかったため、補給は別の島々が優先されていた。つまり、あらゆる物資が不足気味だったので、軍医らが食糧や栄養剤などに代用出来る、現地調達可能な、島内唯一の「資源」であるココナッツに目を付けていたとしてもおかしくない。 しかし、ここで筆者のヒレンプランドは、いきなり大きな飛躍をし、次の文章を書くのだ。
「二人とも生き残った。彼らの経験が残酷であったと同じぐらい、彼らは幸運でもあった。日本軍は占領したすべての地域で、少なくとも一万人の戦争捕虜と幼児を含む民間人を生物化学兵器実験の被験者として使った。数千人が死亡した」
 こう書かれると、あたかもザンペリーニ氏らが、生物化学兵器の実験に使われたという印象を受けてしまう。彼らは確かに「実験台」にはされたのだろうが、ココナッツ注射と生物化学兵器とはまったく関係がない。そもそも、占領したすべての地域で日本軍は人体実験など行っていないし、そんな高度な実験は、設備が整った研究室で、周到に準備した状態で行うものであって、砂と椰子の木と蒼い海しかないような南海の孤島でできるものではないことくらい、普通に考えれば判ることだ。こんな杜撰かつ強引な論法には、呆れるしかない。
 この「人体実験」の直後、厨房に戻されたザンペリーニ氏は、そこで再び激しい頭痛と目眩、高熱に悩まされる。我々読者は、これらの症状は当然「生物化学兵器」たるココナッツ注射のせいなのだろう、と考えるのだが、ここで著者のヒレンブランドは、その原因いついて驚くべき事実を書いている。なんと、「捕虜たちは、熱帯で猛威をふるう、蚊が媒介する致死性のテング熱に感染していた」と言うのだ。
 つまり、彼らは注射の祭に、すでにテング熱に感染していた可能性が高いということではないか。注射を受けた時、彼らには目眩、発疹、激しい痒みなどがみられたが、これらはテング熱の「典型的な症状」である。少なくとも、当時の日本の軍医がテング熱ウイルスの細菌兵器技術を持っていなかった以上、これら軍医がやったことと、テング熱の症状はまったく関係がないし、そこから生物科学平気の人体実験にまで話を飛躍させるのだから、いったい何を言っているのか、ということだ。

「アンブロークン」の内容を一蹴した日本海軍の歴戦の搭乗員たち

 『アンブロークン』の著者ヒレンブランド氏は、この本に関しては何でも誇張して書く方清であったらしく、それがこの本をかなり疑わしいものにしている。
 主人公のザンペリーニ氏達が搭乗するB24が太平洋に墜落した時、海中でもがいてワイヤーが絡まった氏は、機体ごと、暗闇になるほどの深さにまで沈みゆき、肺が全て海水で満たされ、気絶までしていたのに、意識を取り戻し、機体から飛び出して、ついには海面にまで泳ぎ出して助かったというのだ。しかし、普通に考えて、こんなことがあるのだろうか。米アマゾンのレビューなどでも、この種の描写を「あり得ない!」と感じた良識ある米国人読者がいた。
 その後、彼らは、救命ボードに乗って太平洋をさまようが、日本の爆撃機に偶然発見され、約70mの低空から8度も「シャワーのような機銃掃射」を受けた。ボートは穴だらけみになったが、誰にも当たらなかったという。この爆撃機は執拗で、最後に爆弾まで投下したが、こちらは不発であったために彼らは助かった。しかも彼らは、銃撃を避けて飛び込んだ海中で、下から襲ってくるサメの大群に蹴りを加え、撃退しているのである。
 ここでやはり前と同じ質問が頭に浮かぶ。つまり、「本当か?」ということだ。
 そもそも爆撃機というものは、雷撃時などを除き通常は高い高度を飛躍しているはずだ。過去に取材した搭乗員の方々の話だと、高高度の方が航法上の優位性のみならず、敵機の発見も容易で、攻撃を受けた際にも逃げる空間が広く取れて安全、だということであった。しかし、この爆撃機はなぜか低空を飛行していて、偶然にも大海原の一点に過ぎない救命ボートを発見、これに対して8度も機銃掃射を浴びせている。
 私は旧知の元海軍航空隊のベテラン搭乗員に直接質問することとした。岩崎 嘉秋氏である。岩崎氏は、ミッドウェー海戦で米空母に突入、散華したあの友永丈市大尉から直々にエアマンシップの薫陶を受け、大東亜戦争開戦当時から終戦までの間、北は占守島から南はダガルカナル、東はマーシャル諸島から西はインド洋にいたるまで、数々の激戦をくぐり抜けて生還した経験を持つ。岩崎氏は、昭和16年12月10日、機長として九六式陸攻を駆ってあのマレー沖海戦に参加、逃げ回る英東洋艦隊の戦艦「レパレス」に対し、水平爆撃で見事爆弾を命中させた経験を持つ。
 「太平洋上漂流する救命ボートに乗った敵兵を見つけたら、降りていって何度も銃撃するものですか?」という私の質問に対し、岩崎氏は、「そんなバカなことはない! 常識で考えれば判ることですよ」として、一蹴された。
 そこでこちらは改めて、『アンブロークン』の描写をまとめて尋ねてみた。
「この本の米搭乗員は、救命ボートで太平洋上を何十日間もさまよっていたのですが、飛行機が見えたので、救助を求めるために信号団を撃ったところ、相手がそれに気付いてやって来た。しかしそれはなんと、敵である日本の爆撃機だったそうです。日本機は高度70メートルくらいでやってきて、8回も航過して銃撃を浴びせたが、一発もあたらなかった。最後には爆弾まで落としたのですが、それも不発だったと言います。この場所は、日本軍の航空基地から1300キロ離れた地点だったと言います」
 こちらがこんな説明をしている途中から、岩崎氏は耐えきれなくなったように大笑いをし始め、「それを言っている人は、よっぽどの大ボラ吹きなんですよ!」と言った。「そもそも、我々は通常、高度千メートル以上で飛ぶことはあり得ないし、あんな広い太平洋であれば、小さなボートどころか、信号団だってほとんど見えないですよ。しかも、たった数名の敵に基地から1300キロも離れた太平洋のど真ん中で8回も攻撃するなんて、燃料も飛行時間ももったいない」
 そもそも、船が撃沈されて海に流された漂流者を上から撃つのは、連合軍がさかんにやったことだ。ニューギニアに兵員を輸送途中の日本の船団が、敵機の攻撃を受け、全滅した『ダンピール海峡の悲劇』では、漂流者を上空から執拗に銃撃していく豪軍の記録映像が残されている。自分たちならやる、という発想があるから、そういうことを言うのだなと思った。しかし、自分たちがやったことを、全部日本人のせいにするのは、あまりに卑怯なやり方だと言わざるを得ない。
 「とにかく、我々海軍の搭乗員からすれば、敵とはいえ、海上にさまよう要求所者を上から撃つなんてことは考えられない。マレー沖海戦の時、海上に浮いていた英兵に対し、日本機は全く攻撃を加えなかったとして、英国側から絶賛されているんです」岩崎氏はこう言って胸を張られる。私はそこに、帝国海軍航空機搭乗員としての強い誇りを感じた。
 この問題について、もう一人の方にも、お話を伺ってみた。元帝国海軍戦闘機搭乗員の本田 稔さんだ。本田さんは、零戦を駆ってマレーからラパウル、ニューギニア、ガ島、フィリピンなどを転戦して何十機もの敵機を撃墜、最後は紫電改を駆って本土防空戦に参加、F6FやP51と渡り合い、あのB29爆撃機をも撃ち落された方だ。
 私の質問は、岩崎氏に対して行ったものと同じであるが、それに対して本田氏は、「海上に漂流する人間を撃つなんて、考えたこともありませんし、他の人からも聞いたことはありません」とのことであった。

日本人の名誉を貶める杜撰で不正確な記述が多すぎる「アンブロークン」

 クェゼリン島で生物兵器の実験台にされたという『アンブロークン』の主人公、ザンペリーニ氏に対する虐待は、まだ続く。テング熱でボロボロになって倒れているザンペリーニ氏を、クェゼリン島に入港した日本の潜水艦乗組員数十人が襲撃し、彼らを石や棒切れで袋だたきにするのだ。もちろん、なぜ彼らがそんなことをしたのか、潜水艦乗組員であることをどうして知りえたのか、という点は不明なままだ。
 なぜかザンペリーニ氏は、潜水艦乗組員らによく襲われる。その前にも、氏は別の米国人捕虜1名と共に、80~90人もの日本海潜水乗組員に集団で襲われている。各乗組員から一人あたり30秒程度、殴る蹴るの激しい暴行を受けたのだという。ザンペリーニ氏らはそれぞれ20分以上も殴られ続けたことになるが、骨折等の大怪我をした形跡はない。
 この記述について、元海軍出身者の複数の方々に聞いてみたが、全員が異口同音に、「想像もできない。もし本当に憎いなら、さっさと殺してしまうんじゃないですか。時間もないのにそんな面倒くさいことなんか、いちいちしませんよ」との反応であった。
 実は、ザンペリーニ氏と日本で同じ収容所にいた、海兵隊追撃王グレコリー・ポイントン少佐も日本の潜水艦乗組員と遭遇している。少佐はラパウル付近で零戦に撃墜され、漂流していたところを日本の潜水艦に救助されているのだ。少佐は、潜水艦の衛生兵から「本艦にいるかぎり、なにも心配せんでよろしい」と告げられたが、ラバウルに入港するまでの間、クッキーやら甘いお茶やら、そして「チェリー」という煙草とマッチまでもらったという。彼は、「捕虜だった全期間を通じて、このときの扱いが最高だった」と言っている。同じ潜水艦乗組員でも、ザンペリーニ氏を集団暴行した連中とは、えらい違いである。
 またザンペリーニ氏はその後、日本国内の捕虜収容所で「バード」こと渡辺 ムツヒロ伍長から激しい虐待を受けるが、それらの表現にも一部、首をかしげざるを得ない場面がある。直江津の捕虜収容所の調理場から魚が盗まれるという事件が起こった。怒り狂った渡辺伍長は、犯人とザンペリーニ氏を含む将校を列の前に立たせ、他の捕虜達に顔面を思い切り殴るよう命じたのだ。将校らには、このような盗みを働く人間をそのままにした責任がある、という理由だ。
 無論、捕虜仲間は、苦労を共にする将校達に気を遣うが、軽く殴った者は、同じく殴られることになったため、捕虜達は仕方なくザンペリーニ氏らを力強く殴り始め、氏もまた「強く殴れ」と仲間に要求。数発食らって足が崩れ落ちたが、それでもザンペリーニ氏は立ち上がり、それに対して渡辺伍長は「次! 次! 次!」という具合に、さらなる暴力を命じた。結局、この連続暴行は2時間も続き、一週間は目も開けられないくらい顔が腫れ上がったが、その数は「220発(!)にも及んだという。つまり、約30秒の間隔で顔面殴打を食らったことになる。しかし、人間は220発以上も顔面を激しく殴打されて、顔が腫れ上がっただけで済むものなのだろうか。普通なら、失明や脳挫傷、頭蓋骨や首の骨折その他で再起不能になるはずだ。辺りどころによっては一発殴られただけでも人間は死ぬ場合があるのに、である。しかし不死身のザンペリーニ氏は、何度目かになる集団での袋だたきにもめげず、またまた無事生還するのだ。さらに、渡辺伍長の命令で、1.8メートルもの重い角材を、炎天下、37分間も頭上に持ち上げて支えた、とする記述がある。しかし、栄養失調と赤痢を患っていたとするボロボロの身体で、そんな大きくて重い角材を37分間も頭上で支えるのは、超人的な肉体を持つスーパーマンでなければ無理だ。
 このあたりを普通に読めば、やっぱり「あり得ない」という感想を持つに違いないが、ほとんどの米国人読者も、「セレブ」なアンジェリーナ・ジョリー氏も、そしてこの本を絶賛し、嬉々として日本に紹介した徳留絹枝氏も、これらのポイントに留意した形跡がない。ただアマゾンレビューで数人がここまで殴られて平気で生きているなんて信じられない」と言っているだけだ。
 往々として、兵士の体験記というものは個人的な感情が入るものである。戦争という異常事態である程度、致し方ないことでもあり、それを頭から非難できる資格は、その場にいなかった我々にはない。戦争とは、人間と人間が肉体的、感情的、精神的のみならず、時に文明的にも激しくぶつかり合う場所であり、友達として仲良く交流する場ではないからだ。しかしそんなことを差し引いてみても、ザンペリーニ氏に対する日本軍人の暴力は、質・量ともに凄まじいものがあり、にわかには信じがたい記述が多すぎる。
 もちろん、ザンペリーニ氏が人並みはずれた不屈の精神の持主であり、戦争で苦しんだことを否定しているのではない。どの国の兵士であれ、過酷な環境の中で生き残ったということに対しては、根源的な敬意は払われるべきである。しかしそのことで、歴史的な事実を誇張歪曲し、創作までしてよいということにはならない。特に、日本人の名誉を貶める杜撰で不正確な記述が多い場合、それは単なるアンフェアな売文行為であり、我々日本人は自らの名誉のためにも、おかしいと思われる点をきっちり指摘すべきである。

ねこ 06/01/2015 16:01

これは私が少し前にビデオを書き起こしたものですが、こちらにも載っけておきます。

原爆投下を正当化する「アンブロークン」
http://youtu.be/RLr0X4DsmjY?list=PLt2gfBRPKFm9A7ckWeRrBQ7J_Pcuju7fE

 戦時中、一般的な日本人は、捕虜に対して親切であった。英国人捕虜のブッシュ氏は、新潟に運ばれる途中、富士山駅で少女からスイカを分けてもらったことを書いているし、同じ大森捕虜収容所にいた海兵隊撃墜王のボイントン少佐も、日本人はみな親切であり、空襲の合図に収容所の外で作業しても、敵意を見せる人はおらず、危険を感じたこともないという。「鬼畜米兵」というプロパガンダは単なる建前、口だけであり、多くの日本人は、抑留されて働かされている欧米敬の大男たちを見て、純粋に哀れに思ったのだろう。
 このように心優しく捕虜たちに接した人が多かった当時の日本に対し、米国は無差別空襲を行った。米陸軍航空隊指揮官のカーチス・ルメイ将軍は、日本では民間人も軍需工場で働いている­として、市街地に対する空襲を実施し、多くの女子供を含む何十万人もの一般市民を焼き殺したの­である。このルメイは、ベトナム戦争の時は空軍参謀長で、「ベトナムを石器時代に戻し­てやる」と言って北爆を推進、婦女子を殺戮することに何の痛みも感じなかった人物だ。
 それに比べて、ブッシュ氏やボイントン少佐らは、一部の人間から虐待を受けたにもかかわらず、多くの日本人から受けた親切心をきっちりと感じ、それぞれを「人間」として見上げている。ボイントン少佐は、「十把ひとからげで人を決めつけてはいけないことを、何年もかかって学んだ。もっと早く気がつくべきだった…帰国後、あちこちで日本人について聞かれたが、さぞ、あしざまに言うだろうと期待する顔が多かった。『野蛮で、残忍で、愚かな人種だ……』という返事を期待していたに違いない。しかし、この米国にも野蛮で、残忍で、愚かな人間がいくらでもいる。正体を現す機会がないだけのことだ」と言い、ブッシュ氏は自著の締めくくりに、「こうした心の美しい日本人はいくらでも居たのに、今日彼等については何も語られていない。…本書…は、こうした心の美しい日本人の人々についての記事なのだ。あの苦難に満ちた日々…悪夢のような時期にこそ結ばれた、強固な友情の物語である」と語っている。
 こんな彼らの態度は、『アンブロークン』の中で、広島を通過したアメリカ兵が、「何もない! 美しかった」と語り、ザンペリーニ氏が、「目的は手段を正当化すると信じた」という感想を漏らしているのとは大違いだ。つまり「結果オーライ」ということなのだろう。広島や長崎では、女子供を含む何十万もの一般市民が、四千度以上もの灼熱で焼き殺され­、戦後も長きにわたって白血病などで次々と死んでいったのに、である。しかもこの原爆投下に関しては、航空軍指揮官のルメイ自身が、終戦一カ月後の記者会見で、「戦争はソ連の参戦がなくても、原爆がなくても、二週間以内には終わっていたでしょう­。原爆投下は、戦争終結とはなんら関係ありません」と答えているのだ。何をか言わんや、である。
 私はザンベリーニ氏のこういった感覚といい、信じられないいくつもの記述といい、彼の考え方やモノの見方に、今ひとつ納得できない。ザンベリーニ氏は、よく盗みを働いたことを告白している。子供の頃から「手癖」がかなり悪かったらしいが、捕虜収容所でも当然ながら窃盗は違法行為であり、陸軍の法則にのっとって処罰される。ザンペリーニ氏があれほど渡辺伍長に殴られたもう一つの理由は、そんな「手癖」のせいではなかったのか、と勘ぐりたくもなる。
 日本では、子供が盗みを働いたら、「子供のくせに末恐ろしい」とか、「ロクな大人にならない」などと言われる。もちろん、若い時に悪事を働いた人間が改心し、後に大成するという話はよくあるお決まりの成功譚だし、ザンペリーニ氏はそのくらい「エネルギーにあふれた」人物であったのだろう。
 だから話としては面白いのだが、これもすべて、ザンペリーニ氏が後に五輪選手となり、戦争の英雄となり、製粉業者として成功し、また伝道師になったという、後日談があるから正当化されるだけのの話である。「結果オーライ」というわけだ。
 しかしザンペリーニ氏の「手癖」は、五輪選手になったからといって直ったわけではない。実はベルリン五輪でも窃盗を働いている。総統官邸からナチスの旗を盗んだのだが、厳重な警備の中で盗みの成功を、著者は誇らしげに書いている。しかし、これは単純な窃盗だ。しかもその理由は単に、「土産ものが欲しかったから」というものに過ぎない。しかし、後にヒトラーが「人類の敵」となったのだから、こんな盗みも当然許されてしまっているわけなのだ。これもやはり「結果オーライ」ということだろうか。

Daisuki 05/01/2015 11:04

http://jpnso.blogspot.jp/2014/12/unbrokens-broken-logic.html

Je trouve cet article bien écrit, il n'est pas dans la complète négation de ce qui a pu se passer, cela crédibilise le discours à mon avis. Les exemples sur « l'humanité » des soldats japonais sont intéressants également. よく書けた記事だと思います。全ての否定的な過去の出来事を全否定していないからです。それが記事の主張に説得力を持たせていると思います。
Je pense en effet qu'insister sur le fait que même si certains japonais ont pu être « mauvais », ce n'était heureusement pas la majorité. Il y a des brebis galeuses dans tous les peuples.
一部の日本人たちが「悪い」ことをしたとしても、それは幸いにも少数でした。全ての民族のなかに黒い羊はいるものです。

ねこ 31/12/2014 08:04

× 慰安婦は天皇からのプレゼント
○ 昔、朝鮮美女は中華皇帝への貢ぎ物だった

このことについて思い当たる元ネタは一つしかありません。
「天皇」のところを「中華皇帝 Empereur de Chine」「朝鮮王 Roi coréen」もしくは「両班 Yangban (朝鮮の支配階級 Classe dirigeante coréen)」という言葉に置き換えてみてください。

3-3 Korean comfort woman issue ~Korean ethnicity which have been made in a dependent country~
http://youtu.be/Rp5s-84UZsQ?list=PLBUn1WM9bPYU-9MaDWaM0dXP6YwViwjo7

3-3 韓国人慰安婦問題 ~隷属国で培われた朝鮮の民族性~
http://youtu.be/m2PLzR_OU7c?list=PLBUn1WM9bPYWls286kiCSZf31pJEPM6Ne

朝鮮半島の歴史 Histoire de la péninsule coréenne (Japon/Anglais)
http://youtu.be/BkcfqwuiQ54?list=PLww9MSdS-ZHLRDXjuQBnVMkBhGo0Jz2m4

第7話 貢物は美女と宦官〜弱い上、なにもないのに調子に乗る国、韓国【宮脇 淳子】
http://youtu.be/QYSyAura_fE?list=PL6mu43UnNThAsPhdFjB6GG5w2tPUBMTPX

Daisukiさん、今年はよく私のつたない話に付き合ってくださいました。感謝しています。
来年も出来る限り情報提供していきます。では、よいお年を。

ねこ 02/01/2015 17:30

第9話 教科書は願望の結晶!ウソすぎて入試が作れない裏事情とは【日韓近現代史 宮脇淳子先生】
http://youtu.be/SW_j5wN8-mk?list=PL6mu43UnNThAsPhdFjB6GG5w2tPUBMTPX

韓国の歴史教科書の内実について。これはもう笑うしかない。

Daisuki 30/12/2014 21:29

J'ai vu la réponse du Japon sur le Los Angeles Times. 新聞を読みました。日本の反論は公式で表面的なものでした。日本が中曽根の主張の変化に答えていないのは、本当に残念です。Elle est très officielle et standard. Dommage que le Japon ne réponde pas vraiment sur les changements de propos de Nakasone (Bizarrely, the campaign has even led former Prime Minister Yasuhiro Nakasone to disavow part of his 1978 memoir in which he wrote that, as an army lieutenant, he created "comfort stations" — the euphemism for military brothels — to entertain his troops. More recently, he said that he set up recreation centers where his men could play board games.). Ces changements sont en effet surprenants.慰安婦所を作ったと以前は言いながら、それは実はボードゲームをするためだったと、中曽根がこんにち、主張を変化させたのは、本当に、悪い驚きを与える行為です。

ねこ 03/01/2015 11:08

【報告】東京~SF~LA 3日連続なでしこアクション
http://nadesiko-action.org/?page_id=7624

★参考ニュース:集会に参加していた日本語が分かる米国人女性記者(independent系)が書いた記事と思われます。
Comfort Women or Sex Slaves? In Redwood City, Two Sides Express Views
by SF Peninsula Report
Sunday Dec 14th, 2014 1:08 AM
https://www.indybay.org/newsitems/2014/12/14/18765522.php

【LA発 米国通信】嘘を重ねれば“真実”になってしまう…韓流おもてなしと慰安婦問題の真実
2014.12.30
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141230/frn1412301100001-n1.htm

 サンフランシスコ近郊のレッドウッド市の会場となった集会所の駐車場。模造紙を掲げた白人やアジア系の“抗議団”7、8人が集まっていた。
 「あれって、私に何かいおうとしている人たちじゃない。ちょっといってきます」。山本さんの方から近づいていくと、抗議団の男性が「在日コリアンの差別をやめろ」とまくしたてた。

 「…」。山本さんの周りに、主催者側や賛同する参加者が援護しようと近づいたが、意味不明の内容に一瞬絶句。「差別なんかしていません」と山本さんは応じたが、今ひとつかみ合わない。抗議団男性はその後も「ナカソネ、ナカソネ」などとまくし立てた。
 「歴史の過ちを認めろ」「20万人の女性を再びレイプするな」と書かれた紙を持っている人もいたので、慰安婦問題への抗議もあったようだが、見たところ、そうした人は3、4人だった。

抗議団男性はその後も「ナカソネ、ナカソネ」などとまくし立てた。

「ナカソネって・・・だれ?」
私は今まで「ナカソネ」の意味がよくわからなかったのですが、Daisukiさんの指摘でようやく合点がいきました。
「ナカソネ=中曽根 康弘 Yasuhiro Nakasone 元総理大臣 former Prime Minister」のことだったんですね。
それが書かれていたのはLos Angeles Times ロサンゼルスタイムス ということですが、私はその記事を見つけられずにいます。
Daisukiさん、よろしければニュースソースの提示をお願い出来ないでしょうか?

ねこ 02/01/2015 16:15

吉田清治の嘘が国内に与えた影響 国会、中学歴史教科書、指導書に
2014.9.8
http://www.sankei.com/politics/news/140908/plt1409080019-n1.html

慰安婦偽証「吉田証言」とは何か
http://www.sankei.com/main/topics/main-26044-t.html

中曽根康弘元総理大臣に関する記事を探してみましたが、慰安婦問題に関するものは以上のものくらいでした。
あとは「終わりなき海軍」という本の話が幾つか見つかりましたが、どれも抽象的な内容で要領を得ませんでした。