Le sentiment anti-japonais en Corée n'est apparu qu'après la fin de la guerre.

Publié le par daisuki

Le témoignage d'un professeur de français coréen qui a connu la période de l'annexion par le Japon nous montre bien que le sentiment anti-japonais est apparu après la fin de la guerre. J'imagine que la Corée a tout fait pour salir l'image du Japon après son indépendance afin que le peuple ne regrette pas l'époque de l'annexion. Il serait difficile de gouverner un pays avec de tels regrets. Les manuels scolaires et l'histoire du pays sont donc écrits afin de glorifier la Corée et comme il faut bien trouver un méchant dans l'Histoire, le Japon l'est devenu. Comme le dit le professeur, si la Corée avait été envahie par la Russie, la vie des Coréens n'aurait pas été enviable, et la Corée serait encore Russe probablement.

日本による併合時代を知っている韓国人の仏語教授の証言です。反日感情が、戦争の後で現れたことが分かります。独立後に、国民が併合時代を懐かしがらないよう全力で日本のイメージを汚してきたのでしょう。過去を懐かしみながら一国を統治することは困難なことなのでしょう。教科書や自国の歴史は、韓国を輝かせるために書かれ、歴史の中に悪者が必要ならば、ということで日本が悪者になりました。教授が言うように、もし朝鮮がロシアに占領されていたら、朝鮮人たちの生活は、誰もうらやまないものだったでしょう。そして朝鮮はいまだにロシアだったでしょう。

 

***

https://www.youtube.com/watch?v=HBZowZgUHys C'est seulement après la seconde guerre mondiale que la Corée du Sud est devenue anti-japon.韓国が反日になったのは戦後から。

(Image) L'ancienne femme de réconfort, Mme GIL Won-ok participe à une manifestation anti-japonaise devant l'ambassade du Japon à Séoul.

旧慰安婦、吉元玉さん。ソウルの日本大使館前で反日抗議に参加している映像。

 

(Narration)- La Corée du Sud connaît des manifestations anti-japonaises dans le pays entier. Valoriser l'époque de la gouvernance par le Japon est un tabou en Corée du Sud. Mais, Un professeur coréen, M. MIN 閔憙植qui a vécu réellement l'ère d'annexion japonaise, se dit reconnaissant vis à vis du Japon.

韓国では日本統治時代を肯定することはタブーとされています。しかし、日本統治時代を実際に体験した閔憙植(みん・ひしく)さんは、日本に対して感謝していると言います。

 

(Interviewer)Quels sont vos meilleurs souvenirs sur la période d'annexion de la Corée par le Japon?

さんの記憶で、日本統治時代で一番良かったことは何ですか?

 

ー(029Professeur:

Ce qui était bien. Les personnes âgées et les intellectuels considèrent comme une chance le fait que le Japon ait occupé la Corée. Car si la Russie avait remporté la guerre russo-japonaise, la Corée serait devenue vassal de la Russie. Alors ce qui aurait pu arriver, même les Coréens, ceux qui ont fait des études, peuvent le comprendre. Si la Russie était entrée en Corée, tout le monde aurait été capturé et envoyé en Sibérie, et la Russie aurait pris la Corée. Après, le peuple coréen se serait trouvé dans une situation incomparablement plus misérable que dans le cas du règne du Japon. Les intellectuels le ressentent.

029良かったことは、年をとった人やインテリは、日本が韓国を占領したのを幸いに思っているんです。なぜかといえば、あのとき日露戦争でロシアが勝っていたら、韓国はロシアの属国に入るんです。するとどうなるか、韓国人でも勉強している人にはわかるんです。ロシア人が入ってきたらみんな捕まってシベリアに連れていかれて、ロシア人が韓国を盗ってしまうでしょう。そうなると韓国人は、日本人が統治した場合とは比べられないほど惨めな状況になる。インテリはそれを感じています」

 

ー(1:15Professeur:

Il n'y avait aucune atmosphère anti-japonaise à l'époque (de la gouvernance par le Japon). Pas du tout. Par exemple, quand on a récolté du riz, on en a distribué de façon égale à tout le monde. Il n'y avait ni distinction, ni discrimination en disant Coréen ou Japonais. Puisqu'il n'y avait pas une telle distinction, la vie n'était pas si dure.132

1:15あの(日本統治時代には反日なんてまったくありませんでした。全くないですね。米ができたらちゃんと皆と同じく分けてくれたように、韓国人とか日本人といった区別や差別などなかったんですよ。そういう区別が無かったので、生活にはあまり困らなかったですね」132

 

 

Avez-vous un épisode le plus marquant pendant l'époque de la gouvernance par le Japon?

日本統治時代の記憶で一番印象に残っているエピソードはありますか。

 

(145Professeur:

Il y a eu une bagarre entre une école des Japonais et une des Coréens. Les instituteurs coréens, en ayant peur, nous ont dit:«Arrêtez. On ne pourra plus continuer à gagner notre vie». Ils m'ont convoqué pour la raison que j'étais chef délégué de la classe. Ils m'ont tabassé. J'ai eu beaucoup de blessures. Et ils m'ont ordonné d'aller demander pardon à l'école des Japonais. J'y suis allé en amenant les élèves avec moi. La réaction des Japonais était contraire à celle de mes professeurs: ils m'ont félicité en disant:«Toi , tu es Japonais, toi aussi.».

(145「日本人の学校と韓国人の学校とで喧嘩になったことがありました。韓国人の先生たちは怖くなって『やめろ』『生活ができなくなる』と言い、わたしが級長だからという理由で、私が呼ばれ、ものすごく殴られて傷だらけになったんですね。そして日本人の学校へ行って謝りなさいと言われ、そのとおり学生を連れていって謝りに行ったら日本人のほうはどうしたかというと、反対に『おまえも日本人だ』と言って褒めてくれたんです」

 

 

ー(214Professeur:

L'éducation de cette époque était la meilleure. Les professeurs japonais enseignaient très sérieusement. A l'époque, il n'y avait aucune discrimination. Même, on (les élèves coréens et japonais) se réunit une fois par an jusqu'à aujourd'hui. C'est la vérité de l'époque coloniale japonaise. On n'avait pas de rancune229). Tout le monde a la nostalgie de l'époque de la gouvernance par le Japon.

214「教育がもっと優れていました。先生は日本人で、ものすごく真面目に教えてくれました。あの時は、ちっとも差別なんてなかった。今でも同窓会をしています。それが日本統治時代の事実なんです。怨みなんかなかったです。(229みんな日本統治時代をなつかしがっています。」

 

 

On dit que l'éducation anti-japonaise a commencé après la guerre.

戦後の教育で反日教育が始まったと聞いていますが。

 

ー(238Professeur:

L'éducation anti-japonaise était horrible, à l'époque (après guerre). Moi, personnellement, j'ai reçu une bon éducation pendant la période de la gouvernance par le Japon. Je pouvais étudier librement. Cependant après la guerre, j'ai eu de grandes difficultés (251). L’éducation était terriblement perturbée. Ce n'était pas une éducation. Par exemple, comme il n'y avait aucun professeur à l'Université de Séoul, on a engagé comme professeur un fabricant de boisson alcoolisée de la campagne, parce qu'autrefois, cette personne avait un peu étudié le français au Japon. Pour cela, si les étudiants étudiaient un peu, leur niveau dépassait largement celui du professeur(3:18). Si vous apprenez le français pendant un mois, on vous disait «Venez le plus tôt possible», et vous deveniez le professeur du français. Moi, j'ai étudié le français avec les textes du Japon, jusqu'à mon arrivée en France pour les études. Car les textes de la Corée étaient horriblement mauvais. On ne pouvait savoir ce qui est correct, ni la prononciation. Alors, personne ne pouvait étudier le français avec les textes écrits en coréen pendant trente ans.

238反日教育はひどかったです、あの時代。私個人としては(日本統治時代には)ちゃんとした教育を受けたんですね。勉強も自由にできました。ところが戦後は、ひどい目に遭ったんですね。(251)ものすごく乱れていました。教育がなっていない。たとえばソウル大学には教授が一人もいないので、たとえば田舎で酒を造って暮らしていたような人が急に、昔日本でちょっとフランス語を習ったというだけでフランス語の教授になったりするのです。ですから、ちょっとでも学生が勉強すれば先生よりもずっと水準が高くなります。3 :18フランス語を1か月習ったら『早く来てください』と言われて、フランス語の教授にしたりします。あの、私はフランスに留学するまで、日本語の本で勉強したんですよ。なぜかというと、韓国語のテキストがめちゃくちゃなんです。どっちがが正しいのかわからないし、発音もわからない。それで韓国語では30年間は誰も勉強ができなかったんです」

 

 

Est-ce que les Coréens savent qu'une telle époque existait?

そういった時代があったことを韓国の方は知っているのですか。

 

ー(345Professeur:

Les jeunes d'aujourd'hui ne le savent pas du tout. C'est pour ça que j'enseigne (l'époque de la gouvernance par le Japon). Si je leur raconte cette époque, ils sont étonnés en poussant un cri «Oh». Ils n'ont aucune expérience de cette époque. Pourtant, comme les livres d'Histoire(*) expliquent (le contraire), ils les croient(405). C'est pourquoi les jeunes actuels ne savent rien sur l'Histoire correcte. Il y en a beaucoup qui me disent que c'est la première fois qu'ils ont entendu ce dont j'ai parlé(410).

345そういった時代があったことを韓国の今の若者は全然知りません。だから私が教えています。あの時代の話をしたら『おーっ』といって驚くんですよ。何の経験もないのに韓国の歴史の本がそうなっているから、それを信じてしまうんですね。405だから今の若者は正しい歴史を何も知らないです。私が話すと初めて聞くという人がいっぱいいます410

 

(*)En Corée, il n'y a qu'une seule version autorisée par l'état pour enseigner l'histoire aux enfants. ''L'Histoire correcte de la Corée'' : «La domination coloniale du Japon n'a été qu’oppression et privation. La Corée a résisté contre elle et la Corée a gagné la guerre d'indépendance». Les Coréens ne savent pas que leur indépendance actuelle a été imposée par les états-Unis après la guerre ni que la Corée collaborait bien volontairement avec le Japon pendant la guerre.

「日本の植民地支配は、抑圧と収奪のみで、朝鮮はそれに抵抗し独立戦争を勝ち取った」

とされる韓国の正史. http://www.hayashihiroshige.jp/assets/bookreviewjun04.pdf 

 

 

On dit que si quelqu'un fait des remarques positives sur la période d'annexion japonaise, ce dernier recevra des dénigrements considérables de la part de la société coréenne.

日本統治時代について肯定的な発言をすると、社会からかなりバッシングを受けるんですよね。

 

ー(418Professeur:

Les Coréens tirent une grande fierté de la croyance que leur culture ancienne était supérieure au Japon. C'est pour ça qu'ils ont un sentiment de honte et de jalousie que la Corée ait été battue par le Japon. Ils ne peuvent pas supporter d'être méprisés malgré la riche culture coréenne, comme le bouddhisme et d'autres cultures apportés par la Corée au Japon.

(418)「韓国人は、昔の文化が日本よりも優れていたというプライドがあるんです。それで日本にやられたということが悔しいという思いがあるんですよね。韓国が日本に、仏教やその他の文化を伝えたなど、いろいろなものがあるにもかかわらず、軽蔑されるのがたまらないんですね」

 

 

Depuis quand sentez-vous que les mouvements anti-japonais sont devenus très actifs ?

いつごろから反日が盛り上がってきたと感じますか。


ー(443Professeur:

C'est depuis l'après-guerre. Depuis la fin de la guerre jusqu'à aujourd'hui. «Comme nous avons été dominés par le Japon, si j'attaque le Japon, je serai une grande personne». Ils possèdent une telle illusion paranoïaque. C'est la même chose pour le problème territorial des îles de Takéshima (Dokdo). Il y en a qui se présentent à la télévision après avoir risqué leur vie en allant sur les îles. Ce genre de personnes est appelé « Patriote ». En se présentant sur l'écran de TV, on deviendra un héros. Mais, dans leur tête, réellement, ils ne pensent qu'à obtenir un pot de vin. Ils ne pensent pas à leur pays. Ils parlent donc pour cela à la télévision. Ils ne sont pas anti-japonais. Pour le pot de vin, ils traitent le Japon comme un voleur. Il existe de nombreux êtres humains de mauvaise qualité(5:27).

(4:43)「戦後に反日になったんですね。戦後からずっとです。『日本に支配されたから、日本人をやっつけたら自分は偉い』という、そういう妄想というか、そういうものを持っているんですね」

「竹島(独島)の問題に関してもそうです。命懸けで行って、日本の悪口を言ってテレビに出る人がいますが、そういう人が愛国者と呼ばれるんです。テレビに出たら英雄になるんですね。しかし実際の彼らは、賄賂をもらうことしか頭にないですよ。国のことなど考えていないんです。だからそのためにテレビに出てしゃべるのであって、その人は反日ではないのに(賄賂のために日本が)泥棒のように(日本を)扱う。質の悪い人間が多いんですよ527

 

Qui sont les donateurs des pots de vin?

そういう賄賂を与えている人々は、どういう人たちですか?


ー(532Professeur:

Ceux qui donnent le plus de pots de vin, sont, en général, de nombreux partis de l'opposition. Car ils se plaignent plus que les autres. Parce qu'il y a beaucoup de gens comme eux, tout le monde paraît être anti-japonais. Mais en vérité, ceux qui ont un bon sentiment pour le Japon sont majoritaires. Même en Corée, la majorité pense qu'il vaudrait mieux s'entendre bien avec le Japon pour un meilleur futur.

(5:32)「賄賂を与えているのは、一般的には野党が多いですね。そっちのほうが不満が多いんです。そういう人がたくさんいるから、みんな反日のように見えるんですよ。本当は日本に対していい感情を持っている人のほうが多いんですよ。韓国でも、日本と仲良くしたほうが未来があると思っている人のほうが多いんです」

 

D'après vous, quelle sera la meilleure contribution du Japon?

さんが思う、日本による一番の功績は何だと思いますか?

 

ー(559Professeur:

La meilleure qualité des Japonais, est d'avoir libéré les pays colonisés. La Corée n'est peut-être pas concernée, mais le Japon est un bienfaiteur pour l'Inde, l'Indonésie et d'autres pays d’Asie du Sud. Il a fait quelque chose que le monde devrait remercier. Je pense que quand les occidentaux dominaient (le monde), l'indépendance (de ces pays) aurait été impossible à réaliser sans le Japon. Il me paraît que le Japon pourrait en être remercié. Bien que le Japon ait perdu, le sentiment d'aimer spirituellement son pays, la force de solidarité et ce genre de choses sont universels. J'ai donc l'impression que le Japon ne périra pas. Je pense que le Japon ne périra pas (6:48) .

(5:59)「日本人の一番偉いところは、植民地を解放したことです。韓国は例外かもしれないけど、インドとかインドネシアの南のほうにとっては日本は恩人です。これは世界的に感謝されるべきものなんです。西洋人に支配されているときに、日本なしでは独立は不可能だったと思います。それは非常に感謝すべきことだと思います日本が負けても精神的に国を愛する気持ちとか団結力とか、そういうものは世界的だから日本は滅びないという感じがしますね。日本が滅びることはないと思いますよ」648

 

Interviewer : YANAGITA Mika

インタビュアー:柳田実佳(「THE FACTAD

http://thefact.jp/2014/255/

 

MIN 閔憙植: Né en 1934 en Corée, professeur émérite du français à l'Université de Hanyang (la Corée du Sud) et conseiller au siège de la Corée du Sud de Pen Club international.

閔憙植(ミン・ヒシク)氏漢陽大学名誉教授・国際ペンクラブ韓国本部顧問)

 

Si quelqu'un connaît l'orthographe exacte de ce professeur coréen, merci d'avance de me le faire savoir. Daisuki

この教授の名前のアルファベットのつづりを知っている方がいたら、教えてください。よろしくお願いします。Daisuki

 

***

Voici plusieurs témoignages de la même ex-femme de réconfort, Mme Gil Won-Ok. On voit que l'explication de son départ en centre de réconfort change suivant les versions.旧慰安婦、吉元玉さんの複数の証言を紹介します。 彼女の慰安所へ出発する説明が、ヴァージョンによって変わることが分かります。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/10/incoherences-dans-les-temoignages-d-une-ex-femme-de-reconfort-mme-gil-won-ok.html

 

L’histoire que la Corée du Sud n'enseigne pas à son peuple.

韓国が国民に教えない歴史。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/l-histoire-que-la-coree-du-sud-n-enseigne-pas-a-son-peuple.html

 

Annexion de la Corée commentée par des Coréens

韓国人による韓国併合に関するコメント

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/annexion-de-la-coree-commentee-par-des-coreens.html

L'annexion légale. 合法的併合。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/l-annexion-legale.html

Le lien sur le livre de Lazar Focsaneanu (historien français) qui explique en détail les relations nippo-coréennes, ainsi que les conditions détaillées du traité de Tokyo de 1965.

フランス歴史家 Lazar Focsaneanuの本のリンク。基本条約の条件など、日韓の関係を詳細に説明している。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/les-relations-nippo-coreennes-et-les-traites-de-tokyo-du-22-juin-1965.html

 

Voici le lien très intéressant d'un livre écrit en 1926 sur les changements en Corée après l'annexion par le Japon. "The New Korea" de Alleyne Ireland 

日本による朝鮮併合による変化を1926年に書いた本"The New Korea" de Alleyne Ireland のリンク。とても興味深い。

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/the-new-korea-de-alleyne-ireland-1926.html

 

Voici le lien très intéressant d'un livre écrit en 1874 par un missionnaire français Claude-Charles Dallet, à la base des lettres de ses compatriotes vécus réellement en Corée: «Histoire de l’Église de Corée: précédée d'une introduction sur l'histoire, les institutions, la langue, les mœurs et coutumes coréennes ». Il montre bien l'époque royale coréenne avant l'arrivé du Japon, qui était très sauvage et cruelle pour le peuple.

フランス人宣教師 シャルル・ダレが実際に朝鮮で暮らした同胞たちの手紙を元に1874年に書いた、日本統治前の未発達で国民にとって残酷だった朝鮮王国時代を説明した本のリンク。

https://archive.org/details/histoiredelegli01dallgoog

 

 

Ceci est un rapport d'un historien français Alain Delissen, directeur de l'Institut d'Études Coréennes du Collège de France sur la colonisation coréenne par le Japon. Je vous le présente comme une idée opposante à celle de cette vidéo. On y voit que les historiens français croient l'Histoire racontée par la Corée du Sud. Dommage. これは、フランス人歴史家 Alain Delissen、コレージュ ド フランスの韓国研究所の所長、の日本による朝鮮植民地化についての論文です。ビデオと正反対の見解として、ここに紹介します。フランス人の歴史家たちが韓国の語る歴史を信じているのがよく分かります。残念です。

 

http://f-origin.hypotheses.org/wp-content/blogs.dir/870/files/2012/07/Alain-Delissen-Empire-colonial-japonais.pdf

 

Ceci est une étude intéressante de l'historien américain, Carter J. Eckert sur la période de l'annexion coréenne par le Japon. Avec les données objectives, il analyse cette époque. Ce livre n'est toujours pas traduit en coréen. Je me demande pourquoi:

Offspring of Empire: The Koch'ang Kims and the Colonial Origins of Korean Capitalism, 1876-1945 (1991); Nihon Teikoku no mōshigo: Kōshō no Kin ichizoku to Kankoku shihon shugi no shokuminchi kigen 1876-1945 (日本帝国の申し子: 高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876-1945?) (2004). Winner John K. Fairbank Prize

アメリカの歴史家、 Carter J. Eckertの日本による朝鮮併合時代の興味深い研究です。客観的資料を基にこの時代を分析しています。この本は、未だに韓国語訳されていません。なぜでしょうね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Offspring_of_Empire

http://www.persee.fr/web/revues/home/prescript/article/befeo_0336-1519_1999_num_86_1_3460

Commenter cet article

ねこ 02/12/2014 17:18

【本紙前ソウル支局長公判】2014.11.27
一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体
http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270032-n1.html

2014/11/27 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「産経新聞の前ソウル支局長が初公判で無罪を主張」など
http://youtu.be/LwqRqhXiSPY

産経前支局長初公判でさらに自国を貶めた韓国保守系団体!「ザ・ボイス」より
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1648.html

【本紙前ソウル支局長公判】2014.12.1
卵を投げつけた男らを告訴 脅迫、監禁など5つの罪で
http://www.sankei.com/world/news/141201/wor1412010019-n1.html

【本紙前ソウル支局長公判】2014.12.2
国連報道官が「卵投げ」暴行非難 「報道の自由は尊重されるべきだ」
http://www.sankei.com/world/news/141202/wor1412020011-n1.html

【本紙前ソウル支局長公判】2014.12.1
韓国主要メディアに、起訴は「無理な法執行」の共通認識が広がる
http://www.sankei.com/world/news/141201/wor1412010025-n1.html

加藤前支局長の卵投げつけ事件など。

まシ櫓 01/12/2014 04:46

はじめまして、Daisukiさん。
いつも読ませていただいてます、Merciです。

Daisukiさんはフランス人のお方なのですか?(。・∀・)ノ

まだ学生の身分で力不足なのですが、友達に広めたりしてご協力させていただきたいです。
重ねてありがとうございます。

Aiko 27/11/2014 00:12

Bonsoir. Monsieur Daisuki.

この記事、見ました? Nicolas Finet です。
都合のいいことを言ってますが、この人は確信犯ですね。
http://blogos.com/article/99659/

ねこ 02/12/2014 14:53

Voldemort à Angoulême  ヴォルデモートがアングレームに
http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/01/voldemort-%C3%A0-angoul%C3%AAme-%E3%80%80%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AB.html

Angouleme International Comic Festival altercation
Altercation Angouleme International Festival de la bande dessinée
http://youtu.be/fiw3eMQD7ms

残念なことですが、彼等はこの時に盗られた作品を未だに返してもらっていません。
「勝手に持って行った私達の作品を返しなさい、話はそれからです」
と、代表の藤井さん M.Fujii は言っています。

Japan-Korea: Were Korean Men Cowards during World War II?
日韓問題:第二次世界大戦中、韓国男性が臆病者だったとでも言うつもりか?
A vexing question
なかなか晴れない疑問
https://www.facebook.com/kent.gilbert.5/posts/722059441218252:0

A $30 million US Government Study specifically searched for evidence on Comfort Women allegations.
 慰安婦たちの主張を裏付ける証拠を求めて、米政府は3000万ドル(30億円超)の費用を掛けて調査を行った。
After nearly seven years with many dozens of staff pouring through US archives -- and 30 million dollars down the drain -- we found a grand total of nothing.
 約7年の歳月を掛けて、大勢の米政府職員や歴史学者が過去の公文書を徹底的に調査した結果、有力な証拠は何一つ見つからなかった。結局3000万ドルが無駄に費やされた。

2014/11/27 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず」など
http://youtu.be/LwqRqhXiSPY?t=16m

【青山繁晴】解散総選挙とレジームチェンジの可能性、宣伝戦とロビイストのリスク管理[桜H26/11/14]
宣伝戦とロビイストのリスク管理 18:00~
http://youtu.be/TfU4qd1jzDU

それは、これからの私達の行動に掛かっています。

Aiko 30/11/2014 12:34

それは良い Idée ですが、予算がありません。
前回アングレームに行った日本人はがんばったと思うのですが、彼らは政治家ではないし、一般人です。
韓国は政府主導で、とてもお金をかけていましたが…。
日本政府は、予算を組んで "Propagande対策本部" みたいな物を作ったほうがいいと思いますね。

しかし安倍さんが首相になってからは、だいぶマシになりました。
まだ広報しかやっていないですが、日本人が危機感を持ち、同じような考えの政治家を応援すれば、状況は徐々に改善するでしょう。

Daisuki 27/11/2014 21:34

Au sujet des détenus japonais de Takeshima, tués, blessés, emprisonnés pendant 13 ans par la Corée du Sus, il serait sûrement possible de faire un manga "artistique" pour être montré au festival.
竹島で韓国に捕まえられ、殺され、怪我をさせられ、13年間閉じ込められていた日本人たちの話についても、才能ある漫画家さんに"" 芸 術 的 "" な漫画にしてもらえば、必ずアングレームフェスティバルで展示してもらえるでしょう。

Daisuki 27/11/2014 20:52

Bonsoir,
Merci pour le lien sur cet interview. J'ai trouvé que M Finet a été plutôt convainquant dans ces arguments. On voit qu'il a essayé de limiter le côté officiel de l'exposition Coréenne et qu'il s'est bien rendu compte que la Corée a essayé de profiter de l’événement à des fins politiques et non artistiques. La prochaine fois, il faudra qu'un mangaka japonais fasse un manga "artistique" sur cet épisode de l'histoire pour que le Japon puisse être entendu.
インタビューのリンクをありがとうございます。フィネ氏の言っていることは説得力がありました。彼は、韓国が政治目的に展示を利用するのを避けようと努力していました。彼は、韓国が芸術ではなく政治目的で参加しようとしていると気付いていました。次回は、本当の漫画家さんに歴史のこのエピソードについて"芸術的な”作品を創作していただくべきでしょう、そうすれば、日本がやっと主張することができますね。

千手観音 22/11/2014 02:30

★東日本大震災で台湾から200億円もの支援金を戴き、あとで多くの日本人が台湾へ感謝の気持ちを伝えたそうです。ここで思いだすのが、津波に伴う東京電力の福島原子力発電所の事故です。当時原発が水素爆発を起こし、私自身、不安な気持ちでテレビ報道を見ていました。津波は引いてしまえば、それはそれで終わりだが、原発がどうなっていくのか・・・。そんな時、フランスから原発事故に対して色々と支援の申し出があり、何か不安感がかなり低減された気持ちになったことを記憶しています。この時初めて、フランスが原子力大国であることを知りました。原子力メーカというというと、日本だと東芝、日立、三菱重工、アメリカのGE社くらいしか知らなかったんですが、フランスのアレバ社というのは世界最大の原子力産業複合企業なんですね。フランスには改めて「感謝」の気持ちを伝えたいと思いあります。

★文玉珠 ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私
忘れないうちに関連情報を貼っておきます。
(確か、どこかでdaisukiさんも紹介して下さっていたと思いますが・・)

ここに本の紹介があります。
【松木國俊】河野談話の再検証と日韓の外交戦[桜H26/3/7]
http://www.youtube.com/watch?v=oeYrFSno_38

Korean comfort woman issue~Professional Camp Follower during WW2~(Anglais)
http://www.youtube.com/watch?v=0b7ST_DxzIY

https://www.facebook.com/notes/606052749474399/
韓国で慰安婦だったと三番目に名乗り出た文玉珠 という女性の証言が
『ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』(語り 文玉珠 構成と解説 森田万智子
出版社 梨の木舎 初版1996年出版)にたくさん書かれています。
文玉珠にインタビューしている森田万智子は「従軍慰安婦問題」を考える
女性ネットワークに属しており、慰安婦問題を捏造した側の人物ですが、本に書かれて
いる文玉珠の証言は、慰安婦時代を懐かしむ気持ちがあふれています。慰安婦
の実態を物語る第一級の資料として使えると思います。

文玉珠 『ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』(梨の木舎)

(ビルマのマンダレーでの経験)
63ページ
戦地の軍人たちの思いと、私たちの思いは同じだった。妻も子も命も捨てて天皇陛下のために働かねばならない、と。わたしはその人たちの心持ちがわかるから、一生懸命に慰めて、それらを紛らわしてあげるよう話をしたものだった。

68ページ
私は一生懸命ヤマダイチロウの無事を祈った。二、三ヵ月して、前線からヤマダイチロウの部隊も戻ってきた。ヤマダイチロウは無事だった。すぐに慰安所にきた。「ヤマダ上等兵、無事帰還いたしました。」
ヤマダイチロウは私に向かって敬礼した。私たちは抱き合って喜んだ。そういう日はマツモト公認で、慰安所全体も大騒ぎになり、閉店休業だ。早速私たち慰安婦も一円ずつ出し合って大宴会をしたのだった。

75ページ
私の手もとには少しずつもらったチップが貯まって大きな金額になった。(中略)事務を仕事にしている軍人に、私も貯金できるか尋ねると、もちろんできるという。兵隊たちも全員、給料を野戦郵便局で貯金していることを私は知っていた。貯金することにした。兵隊に頼んで判子も作ってもらい、お金を五百円預けた。わたしの名前の貯金通帳ができあがってっくると、ちゃんと五百円と書いてあった。生まれて初めての貯金だった。大邱で
小さい時から子守や物売りをして、どんなに働いても貧しい暮らしから抜け出すことができなかったわたしに、こんな大金が貯金できるなんて信じられないことだ。千円あれば大邱に小さな家が一軒買える。母に少しは楽をさせてあげられる。晴れがましくて、本当にうれしかった。貯金通帳はわたしの宝物となった。

(アキャブ(インドに近い島)の回想)
93ページ
ヤマダイチロウは一週間に一度くるはずで、その日になると、わたしは朝からウキウキしながら待っていた。反対に、約束の日に何か非常事態でも起きて勤務しなければならなくなったときなど、なにかあったのではないか、敵にやられたのではないか、と心配で何も手がつかない。何度心配したことか。
(ラングーンでのこと)

106ページ〜107ページ
ラングーンはこれまでにくらべると自由だった。もちろんまったく自由というわけではないけれど、週に一度か月に二度、許可をもらって外出することができた。人力車に乗って買い物に行くのが楽しみだった。
(中略)ラングーンの市場で買い物をしたことは忘れられない。(中略)宝石店もあった。ビルマは宝石がたくさん出るところなので、ルビーや翡翠が安かった。友達の中には宝石をたくさん集めている人もいた。わたしも一つくらい持っていたほうがいいかと思い、思い切ってダイヤモンドを買った。

107ページ
日本の活動(映画)や内地から来た歌舞伎を観にいったこともあった。歌舞伎は衣装をたくさんつけて、男が女の役をしているのが珍しかった。
わたしはここラングーンでもすぐに売れっ子になった。将校の数も前線とはくらべものにならないくらい多かったので、宴会にたびたび呼ばれた。チップがもらえるのが楽しみで、わたしは喜んでうたいにいったものだ。

(サイゴンにて)
115ページ〜118ページ
二カ月ほどかかって帰国許可がでた。(中略)すぐにタイを通ってサイゴンに向かうことになった。船はサイゴンからでるのだそうだ。(中略)するとツバメがいった。「わたしも今朝夢をみたの。かあさんが病気で血を吐いていた。不吉なことが起きそうだから、私も朝鮮に帰るのをやめる」ヒロコとキファとヒフミも「それじゃ、わたしもやめる」と賛成した。(中略)帰国の許可がおりたのなら、帰らなければならなくなっていた。それは命令なのだった。帰りたくないのなら逃げるしか方法はなかったのだ。

120ページ
日本の軍人が出入りしているキャバレーに入った。海軍のパイロットが数人いて(中略)
「どうしてこんなところにいるの」と聞く。「朝鮮に帰りたくないので、ラングーンにまた戻りたいのですが、証明書を書いてもらうにはどうすればいいでしょうか」と事情を話してたのんでみた。「自分たちにはできないけれど、司令部に行けば書いてもらえるだろう。そこを紹介してあげるから、しばらく遊んでいきなさい。」パイロットたちは御馳走してくれた。

121ページ
ワニ革のハンドバックとハイヒールに緑のレインコート。こんなおしゃれな恰好でサイゴンの街を闊歩した。だれがみたって、私を慰安婦だとは思わなかっただろう。いまも思い出してはなつかしく、得意になってしまう。

ラングーンにて
123ページ
ラングーンはやはり大きくてきれいで、いい街だった。
軍人が自転車に乗ってやってきた。そして「ヨシコは乗れるか」と聞く。「乗れない」と答えると「教えてやろう」という。よろこんで教えてもらうことにした。(中略)私は緑のレインコートを着て、ラングーンの街をスイスイ走った。女で自転車に乗っている人などだれもいなかったので、通りをあるく人たちはみな、わたしを振り返って見ていた。ラングーンの街にでかけることは楽しみだった。わたしは、ビルマ語と朝鮮語と日本語を使って話した。買い物することくらいなら言葉で不自由することはなかった。

126ページ
酔っぱらって切りかかって来た兵長を逆に殺した。(中略)日本軍の軍法会議で正当防衛が認められて無罪となった。(中略)わたしの無罪に多くの日本人の軍人たちも喜んでくれた。

137ページ
アユタヤの病院にいた時は母に送金もした。(中略)貯金から下ろして5000円送金した。
係の兵隊に頼むと「貯金があるなら全部送ったほうがよい」といった。私は「あとのお金は朝鮮に帰ってからおろすからいいです」と答えておくらなかった。後にあと6000円程度残っていたはずと言っている。(1992年3月31日付フクニチ新聞)

以下英文翻訳

Myself as a comfort woman for Tate Division deployed in the Burma Theater (by Mun Oku-chu, published by Nashinoki-sya publishing company)

(An experience in Mandalay of Burma)
Page 63
The soldiers and we had the same thoughts, that is, we must work hard for the emperor giving up their wives, children and even lives. I did my best to solace them by having conversation with them to ease up their mental burden very diligently based on understanding of their minds.

Page 68
I prayed for safety of Ichiro Yamada. After two or three months, the troop unit to which Yamada belonged returned from the front. Yamada returned in good health. He immediately came to the comfort house. He said “I, private first class soldier Yamada, have just come back from the front”.
Yamada gave a salute to me. We hugged in full of joy. Such a day was so special that the commanding officer Matsumoto allowed the soldiers to enjoy themselves, so the comfort house was full of excitement and the work became inactive. And we, comfort women, contributed 1 yen per woman to hold a big party.

Page 75
I saved up the tip amounting to considerable amount of money. (Snip) I asked a clerical staff whether or not I could have a saving account and put the money in the account. His reply was positive. I had known that all the soldiers put their earnings in the saving accounts in the field post office and I decided to put the money in the savings account. I asked a soldier to make a personal seal and put 500 yen in the account. I got my savings passbook and found 500 yen written on the passbook. I became the owner of the savings passbook for the first time in my life. I worked in Teague as a nanny and a street seller from the childhood but I could not rid of poverty even if I worked very hard. I could not believe that I could have so much money in the savings account. A small house in Teague costs 1,000 yen. I could let my mother have an easy life. I was very happy with joy and pride.
The savings passbook became my treasure.

(Reminiscence of Akyab, an island near to India)
Page 98
Ichiro Yamada should have come once a week and I used to be in a great mood in that day from the morning. On the contrary, when he had to work on a scheduled holiday when an emergency happened, I was so much concerned wondering if something happened or he was killed by the enemy that I could not begin the job. I got anxious about him so often as it is difficult to remember how often.

(In Rangoon)
Page 106~107
I could have more freedom in Rangoon compared with the past time. Of course, not completely free but I could go out once a week or twice a month with permission. It was fun to go shopping by rickshaw.
(Nips) I cannot forget the experience of shopping in a market in Rangoon. (Nips) There were jewelry shops. As Burma produced much jewels, ruby and jade were not expensive. One of my friends collected much jewels. I thought I had better have a jewel and went and bought a diamond.
Page 107
I went out to see Japanese movies and Kabuki play of which players came from the mainland of Japan. It was uncommon for me to see the players putting on many costumes and the male players portraying women’s role.
I became a popular woman in Rangoon too. The numbers of officers were much more than those near the front, so, I was often invited to parties. I was delighted with invitation to parties where I sang songs expecting much tips.

(In Saigon)
Page 115~118
It took two months to get permission to return home. (Nips) It was decided to go to Saigon via Thailand. The ship was to depart from Saigon. (Nips) Then Tsubame said “I had a nightmare in the morning about my mother vomiting up blood. I am afraid that something unlucky will happen, so I will not return to Korea.” Hiroko, Kifa and Hifumi agreed with Tsubame saying “I will not return too.” (Nips) We had to go back once the permission to return to the home country is issued. It was an order. Only remaining way for someone who didn’t like to return was to run away.

Page 120
When I went to a cabaret where Japanese military men had often visited, some navy pilots were there (Nips) some of them asked me “why do you still stay here? I replied “I still stay here because I don’t want to go back and want to return to Rangoon.” I asked them “How can I get the certificate and can you help me?” They replied “We cannot do it but the headquarters may be able to issue the certificate. We can introduce you to the headquarters. Would you enjoy yourself here for a while?” The pilots gave a dinner for me.

Page 121
I put on a pair of high heel shoes and a green raincoat and carried an alligator leather handbag. I swaggered about in a fashionable dress. No one could guess that I was a comfort woman. It is my happy memory and I felt pride.

In Rangoon
Page 123
Rangoon was a big and beautiful city as expected. A military person came on bicycle and asked me “Hi! Yoshiko can you ride a bicycle?” I replied “No, I can’t.” He asked “Would you like to learn the riding?” I decided to learn with pleasure. (Nips) I rode it smoothly through the town of Rangoon. I didn't see any woman on bicycle. Passersby on the street looked back on me. It was fun for me to go to the town of Rangoon. I talked with people in Burmese, Japanese and Korean. I didn’t experience any difficulty in conversation for shopping.

Page 126
I killed a non-commissioned officer who had drunken and tried to put me to the sword.
(Nips) I won acquittal as legitimate self-defense and many military men were pleased with the court decision of innocence.

Page 137
I sent money to my mother when I was in a hospital in Ayutthaya. I draw down 5,000 yen from the saving account and send that much money. When I asked a soldier in charge of the money transfer the transfer of money, he recommended me to transfer the total amount if I had more in the account. I didn’t transfer more replying to him that I decided not to transfer more and would transfer it when I go back to Korea. Afterwards, she said that she still had 6,000 yen in the account. (The Fukunichi dated Mar. 31, 1992) 』

Daisuki 22/11/2014 12:20

Merci. Je vais mettre ce témoignage un jour.ありがとうございます。いつかこの証言を紹介します。

ねこ 21/11/2014 17:00

ユーロ決済が出来るかどうかわからないので、提案するかどうか迷いました。
少し調べてみたけど、結局わからなかったので・・・誰か詳しい方教えて下さい。

今日は、電子書籍 E-book(日本語)を紹介します。
例えば

ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私 - 歴史を生きぬいた女たち
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-996006199X

韓国人による恥韓論
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-9990449546

などがあります。
本当は英書版、仏書版などを紹介出来ればいいのですが、あいにく今のところ日本語版しか心当たりがありません。
紙の本ですと、本代+送料の値段になってしまい割高になってしまいます。電子書籍なら比較的手頃な価格で買えるかもしれないと予想しました。

ねこ 23/11/2014 07:21

海外からも利用できる日本の電子書籍ストアは?
http://ameblo.jp/olivegreen09/entry-11162253061.html

こちらが詳しかった。
いくつかの条件をクリア出来れば、海外からでも日本の E-book 買えるみたいです。
日本国内なら、紙の方の書籍をすすめるのですが、海外から日本の本を買う場合だと、送料が高いという問題があるようなので、私から積極的なオススメは出来ません。
最後の決め手は、その人の好み次第であるようですが。