Nouveau procès pour la statue des femmes de réconfort aux USA

Publié le par daisuki

Les Japonais des états-unis tentent à nouveau leur chance dans un procès sur la statue des femmes de réconfort. L'idée d'attaquer sur la plaque qui a été ajoutée après la validation par le conseil municipal me semble judicieuse (mais je ne suis pas avocat...). J'espère qu'ils pourront au moins réussir à faire enlever cette plaque, ce qui serait déjà une bonne chose. Bonne chance à eux !

在米日本人たちが再度、慰安婦像訴訟に挑みます。市議会の承認後に銅板が加えられた点で争うことは法的な理にかなっているように思えます(わたしは弁護士ではないですが、、、)。せめてこの銅板を取り除くことが成功することを願います、それだけでも良いことです。みなさんに幸運を!

***

Les Japonais aux états-unis lancent un nouveau procès pour la statue des femmes de réconfort aux USA :

il n'y avait pas d’explication sur la plaque. La procédure d'installation n'est pas valable.

性奴隷などの「プレートの説明ない」と新たに提訴 在米日本人ら手続き無効を主張 慰安婦像  

 

 

4 septembre 2014 Journal Sankei (NAKAMURA Masaru, correspondance Los Angeles)【ロサンゼルス=中村将】

 

Le 3 septembre, Les habitants japonais ont déposé à la Cour suprême de l’État un nouveau procès contre la mairie de Glendale, pour la raison que le conseil municipal n'a pas approuvé la description sur la plaque et donc, que la procédure n'est pas valable. La plaque avait été installée avec la statue de la femme de réconfort.

米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像をめぐり、横に敷設されたプレートに刻まれた内容が市議会の承認を得ていないとして、在米日本人らが3日(日本時間4日)、市を相手取り、設置手続きの無効を訴える新たな訴訟を州高裁で起こした。

 

Ils ont fait appel à la Haute Cour fédérale le même jour concernant le procès pour l'enlèvement de la statue, rejeté par le Tribunal fédéral de District le mois dernier.

連邦地裁で先月棄却された像撤去訴訟についても決定を不服として、同日、連邦高裁に控訴した。

 

D'après un des demandeurs de procès, le représentant de « l'association mondiale GAHT ('demande la vérité de l'Histoire') », MERA Koichi, le contenu du nouveau procès est ainsi : au moment de la validation de l'installation de la statue au conseil municipal de Glendale, aucune explication sur la plaque n'a été faite. Pourtant la plaque a été installée avec la statue. Il y a donc un défaut dans la procédure.

 原告の一人で「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」米国代表、目良浩一氏によると、州高裁への新たな提訴は、グレンデール市議会で像設置を決めた際、プレートに関する説明は一切なかったにもかかわらず、像と一緒に設置されたのは手続きに瑕疵(かし)があるとする内容。

 

Sur la plaque, les revendications de la Corée du Sud ont été gravées : « j'ai été esclave sexuelle de l'armée japonaise », «200 000 femmes qui ont été forcées de se prostituer par l'armée japonaise ». Avant l'installation, le contenu n'a pas été publié.

 プレートには像の説明として、「私は日本軍の性奴隷でした」と刻まれ、「日本軍によって慰安婦にさせられた20万人の婦女子」などと韓国側の主張に基づいた内容が刻まれている。設置までその内容は公になっていなかった。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140904/amr14090410200011-n1.htm

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article

千手観音 06/09/2014 03:44

日本人が過去の歴史認識問題に絡む話で裁判を起こすのはあまり例がないです。
それくらいこの問題に対する日本人の怒りが大きいということです。

裁判を起こしているGAHT-USが英文と日本語で声明を出していますので補足の意味で貼っておきます。

★Announcement of Recent Legal Action
https://gahtjp.org/?p=378
GAHT-US Corporation
Santa Monica, California
September 3, 2014

Announcement of Recent Legal Action

On this day, our attorney took two separate legal actions. First, notice was filed that we will be appealing the U.S. District Court’s August 4 decision to the U.S. Court of Appeals for the Ninth Circuit Court. And second, a separate lawsuit was filed in the Superior Court of California in Los Angeles.

These actions are continuation of the lawsuit, Michiko Gingery et al v. the City of Glendale, which was filed in the U.S. District Court for the Central District of California on February 20, 2014. The decision in this case announced by U.S. District Judge Percy Anderson on August 4, 2014 was, in our view, inappropriate. Thus, we have decided to appeal the first cause of action of the Gingery lawsuit, infringement by the City of Glendale upon the Federal Government’s exclusive power to conduct the foreign affairs of the United States, to the U.S. Court of Appeals for the Ninth Circuit Court. Further, we have filed a new lawsuit, corresponding to the second cause of action of the Gingery lawsuit, alleging administrative negligence by the City Council and the City Manager for not voting on the proposed text to be engraved on the plaque next to the Glendale Comfort Women statue. The new lawsuit is permitted according to Judge Anderson’s August 4 decision, which directed the matter to the state court.

GAHT does not seek to interfere with the international relations of Japan with the United States or any other country. To the contrary, GAHT is eager to improve them through a balanced examination of the issue of wartime prostitution and of Japan’s experience in redressing its past in this regard. GAHT deplores this issue being used to create a negative image of Japan, Japanese citizens, and Japanese Americans in order to weaken the US-Japan strategic partnership that has flourished for over 60 years and has been the backbone of the U.S. policy in East Asia.

We are looking forward to continuing support for these lawsuits by many observers in the United States, Japan and elsewhere.

★訴訟についての最近のお知らせ
https://gahtjp.org/?p=374
GAHT-US Corporation
米国カリフォルニア州サンタモニカ市
2014年9月3日

訴訟についての最近のお知らせ

本日、我々の弁護士は、二つの訴訟に踏み切りました。一つは、さる8月4日の連邦地方裁判所の決定を受けて、高裁に上告する旨を伝えました。二番目は、別の訴訟をロサンゼルスにあるカリフォルニア州の高等裁判所に提出しました。

これらの法的な行動は、今年の2月20日に連邦地方裁判所に提訴したミチコギンガリ等対グレンデール市訴訟の延長線上にあるものです。8月4日に連邦地方裁判所判事であるパーシー アンダーソンによって下された判決は、我々の見解では、不適切です。そこで、我々は、その裁判の第一の訴因である、グレンデール市が連邦政府の独占的な権限である外交について介入したことに関して、連邦裁判所の高等裁判所に上告しました。更に、最初の訴訟の第二の訴因である、慰安婦像に付随している金属板に書かれた文言については、市議会で承認していないという行政的な瑕疵について、新しい訴訟を始めました。この件に関しては、8月4日のアンダーソン判事が州の法廷で審議することが適切であると裁定したものです。

GAHTとしては、日本と米国との関係、または他のどの国との関係を悪化しようとしているのではありません。逆に、我々は戦争中の売春の問題を、特に日本の経験をもとにして、公正な観点から検討することによって、国際関係を改善しようとしているのです。

GAHT としては、一部の国が慰安婦問題を日本国、日本人、または日系アメリカ人に対して悪いイメージを作るために利用し、過去60年以上継続している日米の戦略的な友好関係と米国の東アジア政策の柱を弱体化するために使っていることを非難しているのです。

我々は、これらの訴訟に対して、今までのように米国、日本そしてその他の国の関心のある方々から支援が、今後も引き続きなされることを強く要望しています。