La présentation des femmes de réconfort par les médias français lors de la visite du pape en Corée du Sud.

Publié le par daisuki

Voici le résumé des médias français qui présentent les femmes de réconfort à l'occasion de la visite du Pape François en Corée du Sud (la Croix, RF1, Radio RTL)

フランソワ教皇の韓国訪問に際して慰安婦を紹介したフランスのメディア(la Croix, RF1, Radio RTL)記事内容のまとめです。

 

Les articles des divers médias sont écrit par le même journaliste, le correspondant à Séoul, Frédéric Ojardias.

La télévision ne parle pas des femmes de réconfort avec la visite du Pape à ma connaissance. それらの記事は、 Frédéric Ojardiasさんというソウル特派員がひとりで書いています。わたしの知る限り、テレビでは教皇の訪問に関するニュースで慰安婦は話題にされていません。

 

Cette fois-ci, c'est un témoignage de madame Gil Won-ok qui est présenté 今回は、Gil Won-okさんという証人が紹介されています:

 

Née à Pyongyang, dans l’actuelle Corée du Nord, Gil Won-ok fut envoyée de force dans l’une des nombreuses « stations de réconfort » mises en places à travers toute l’Asie par l’armée impériale japonaise, durant la Deuxième Guerre mondiale. Elle avait 13 ans. « J’étais un enfant, un bébé ! J’avais si peur. Je me souviens des soldats qui m’entouraient. Ils se sont jetés sur moi. Terrorisée, j’ai résisté, puis ils se sont mis à me frapper. L’un a abattu le fourreau de son sabre sur ma tête. » 

現在の北朝鮮、平壌で生まれたGil Won-okは、強制的に沢山の”慰安所”へ送られた。慰安所は、全アジアに日本帝国軍によって第二次世界大戦中に設置された。彼女は13歳だった。”わたしは子どもでした。赤ちゃんでした!とても怖かった。わたしを取り囲んでいた兵士たちを覚えています。彼らはわたしの上へのしかかってきました。恐ろしかった。わたしが抵抗すると彼らは私をたたき始めました。ひとりは刀の鞘で私の頭を殴りました。”

 

Le Journaliste commence l'article avec la phrase habituelle « 200 000 femmes ». Cette fausse information sur le nombre des femmes de réconfort corrigé depuis un certain temps par les Historiens japonais (HATA Ikuhiko, YOSHIMI Yoshiaki) était une fabrication du journal Asahi (Tokyo). Le journal a enfin reconnu ses erreurs (1). L'article se termine avec l'expression «esclave sexuelle ». Il faudra que le Journal Asahi diffuse son article en anglais et que le gouvernement japonais fasse encore des efforts pour passer les informations correctes à l'étranger. この記者は、いつもの”200000人の女性が、、、”という文章で記事を始めています。この誤った情報は、朝日新聞(東京)の創作であり、しばらく前から日本の歴史家たち(秦郁彦、吉見義明)から訂正されています。当新聞は、ようやく過ちを認めました(1)。記事は、"性奴隷”という表現で終わっています。朝日新聞は、訂正記事を英語で発信するべきでしょう。日本政府は、正しい情報を海外へ伝える努力をもっとするべきでしょう。

 

Les historiens estiment à 200 000 – en majorité des Coréennes – le nombre de ces « femmes de réconfort » ; un affreux euphémisme, auquel les victimes et les militants préfèrent le terme plus réaliste d’esclave sexuelle. 

歴史家たちは、これら”慰安婦”の人数を、200000人、これらの過半数は朝鮮人女性だと推定している。この恐ろしい歪曲表現、、、。被害者たちと活動家たちはもっと現状に沿った性奴隷という用語を好んでいる。

 

Ensuite, ce correspondant français est allé au musée des femmes de réconfort. Apparemment le journaliste a été piégé par la fausseté des documents présentés par la Corée du Sud. Ce qui me paraît surprenant, ce sont les objets présentés par cette exposition : ils me font plus penser à du commerce que à de l'esclavage sexuel. Je me demande à qui les soldats japonais donnaient leurs bons de réduction:

このフランス人特派員は、その後、慰安婦博物館に行きました。どうやら記者は韓国が展示している資料の虚偽のわなにかかったようです。わたしが驚くのは、そこに展示されているオブジェです。それらは、わたしに性奴隷よりは、商業活動を思わせます。日本兵たちは、これらの割引券を誰に渡していたのでしょう。

 

À deux pas de chez elle, son association de soutien aux victimes a construit un musée. Y sont exposés des archives, des photos et des témoignages qui décrivent l’horreur de ces stations de réconfort, jusque dans les détails les plus sordides : les tickets et les préservatifs « Assaut 1 » distribués aux soldats, les registres d’entrée, les bons de réduction.

彼女の家の近くに、被害者を支援している団体が建てた博物館がある。そこにはアーカイブ、写真、慰安所の恐怖を伝える証言、それから最も浅ましい細部が展示されている:切符、兵士たちに配布された"暴行1”というコンドーム、入場記録、割引券。

 

« elle (Gil Won-ok )parcourt le monde pour offrir son témoignage et défendre la cause des femmes victimes de violences en temps de guerre.» "彼女は証言を伝えるため、戦時の暴力による女性被害者の権利を守るために世界中を駆け回っている。

 

J'aurais bien aimé que le journaliste français demande son avis à madame Gil Won-ok, sur l'esclavage actuel en Chine envers des femmes enfuies de la Corée du Nord vers la Chine, sur les femmes vietnamiennes violés, torturées et tuées par les soldats de la Corée du Sud pendant la guerre du Vietnam, et sur les Japonaises violées et réduites en esclavage par la Russie à la fin de la guerre mondiale. Surtout sur les Coréennes forcées à se prostituer pour l'armée américaine à partir des années 50 jusqu'aux années 80.

わたしは、フランス人記者Gil Won-okさんに、これらのことについて、ぜひ質問して欲しかったです:現在、中国へ北朝鮮から脱出してそこで性奴隷にされている女性たち、ベトナム戦争中に韓国軍兵士たちによって強姦、拷問、ころされたベトナム人女性たち、大戦後にロシアによって強姦のうえ奴隷にされてしまった日本女性たち、特に、50年代から80年代にかけてアメリカ軍のために売春することを強要された韓国人女性たちについて。

 

 

« Ce que nous demandons du gouvernement japonais, ce n’est pas de la nourriture, ce n’est pas de l’argent, poursuit Gil Won-ok . Nous demandons qu’il révèle la vérité sur son passé. Et qu’ensuite il présente des excuses, et qu’il nous donne des indemnités. Nous nous battons depuis très longtemps, mais le Japon ne nous répond toujours pas. »わたしたちが日本政府に要求しているのは、食べ物ではありません。お金ではありません、と Gil Won-okさんは続ける。わたしたちは、過去についての真実が明らかにされることを要求しているのです。そして謝罪と賠償を要求しています。わたしたちは非常に長い間戦ってきました。しかし日本は、未だに私たちに応えていません”

 

Le Japon a dans le passé offert des excuses, mais les victimes les jugent insuffisantes, et accusent le gouvernement actuel de révisionnisme. Un porte-parole de l’Eglise coréenne a tenu à préciser que l’invitation du Pape n’avait « pas un but politique, mais humanitaire ».日本は過去に謝罪を申し出た。しかし被害者らはそれを不十分だと感じている。そして歴史修正主義の現政府を弾劾している。韓国教会のスポークスマンは、教皇の招待は"政治目的ではなく、人道的目的”だと明記することを望んだ。


 

On voit que madame Won-ok ne veut pas d'argent... juste des indemnités... Je me demande sous quelle forme ?  Gil Won-okさんがお金を欲しがっていないことが分かりますね、、、賠償だけが欲しいのだと、、、、、どういう形のものを望んでいるのでしょう?


 

NB(1)l'article original de Asahi (Japon) qui explique pourquoi et sur quoi il s'est trompé dans les articles sur les femmes de réconfort pendant 32 ans 32年にわたる慰安婦記事での、なぜ、どの点が違っていたのか説明している朝日新聞の原記事:

https://docs.google.com/file/d/0B6A2KjCFnKhObWUtS3JNMEE5elk/edit

 

*****

les articles originaux フランスの原記事(817日、18日):

http://www.la-croix.com/Religion/Actualite/Grace-au-pape-les-femmes-de-reconfort-veulent-sortir-de-l-oubli-2014-08-17-1193081

http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20140818-gil-won-ok-ancienne-femme-reconfort-invitee-pape-francois-coree-sud-japon-seconde-guerre-mondiale/

Sources  ソース:

Les Nord Coréennes sont victimes d'esclavage sexuel en Chine 北朝鮮の女性は中国の性奴隷の被害者だ:

http://www.la-croix.com/Actualite/Monde/Les-Nord-Coreennes-sont-victimes-d-esclavage-sexuel-en-Chine-_EP_-2011-08-11-698389

Femmes de réconfort pour l'armée américaine 米軍の慰安婦:

http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/07/proces-pour-les-femmes-de-reconfort-pour-l-armee-americaine.html

Lai Dai Han (crime coréene en Vietnam)ライダイハン(ベトナムでの韓国の罪) :

https://www.youtube.com/watch?v=LX-E4I_RVSs

Enlèvement des Japonais par l'armée russe ソビエト軍による日本人連行:

http://fr.wikipedia.org/wiki/Prisonniers_de_guerre_japonais_en_Union_sovi%C3%A9tique

 

*****

PS:  S'il y a quelqu'un qui connaît de fausses informations présentées là-bas, merci de me les envoyer.
もし、どなたかこれら韓国の博物館で展示されている嘘の情報を知っていたら送ってください。お願いします。

Commenter cet article

アイハラ 01/09/2014 10:19

たあさんへの報告です

たあさんのコメントをオーストラリア在住のSachi Hirayamaさんのブログに紹介させてもらいました。
Sachiさんはオーストラリア・ダーウィンで慰安婦像建設の阻止と慰安婦の真実について語り、行動をされている女性です。

http://ameblo.jp/happychild-peace/

上記がSachiさんのブログです。

また、事後報告になりましたこと、ご容赦ください。

たあ 30/08/2014 20:37

https://m.youtube.com/watch?v=DFg8U3vXKys

これも見て下さい。日本のおばあさんの話です。

ーーーーーー↓字幕


(満州の)広い畑の真ん中に大きな塀囲いの建物があった。
看板に『桃源郷』と書いてあったが、「ピー屋」または「朝鮮ピー」という。
遊郭(買春宿)の事だ。
友達は行くのを止めなさいと言ったが、ちょっと行ってみた。

流暢に日本語を話す朝鮮人の女性と話した。
当時は日本の統治下にあって、(朝鮮人も)日本の学校に行ってたから。

どうして来たの?と聞いたら、
『ある時 周旋屋(仲介人)が来て、あんた 働きに行かないか。(と言われた)』
『隣の〇〇さんは家を建てたんだよ。』
『こういう所へ行けば、日本の兵隊さんを相手にして うんとお金が儲かる。』
『3年経ったら家が建つんだから。こんな貧乏してないで親孝行しなさい。』
『親にはお金をちゃんと送ってやるし・・・。』
『そういう所なんだよ。 だから来なさい。と』

とってもお金が儲かって
『来年、3年経って家に帰るんだけど家に帰ったら、
大きな家を建てられるんだ。』と(言っていた)

『周旋屋の口利きで来てます。』 と言いました。
日本人が拉致をしてきて働かせたというのは、全くの嘘です。
みんな喜んで来てるんだから。

兵隊さんが遊びに来て
『明日 僕たちは戦地へ行く、もう帰って来られないかもわからない。
このお金は要らないから、だから、あんたにあげる。』
と言って、みんなお金をくれるんだと。
その方が(給料より)ずっと大きいんだと(その慰安婦が)教えてくれましたよ。
(死地に赴く兵隊さんが)『どうもありがとう』って言ったって。

それを聞いたら涙が出ますよね。
『明日戦地に行くから もうお金は要らないから』って
『あんたにあげる』って、
『いい思い出になった。 ありがとう。』って言ったって。

その兵隊さん達の思いを聞いたら泣かずにはいられない。
そうしてみんな、戦地へ行ったんだよ。

それなのに、それを逆手にとって日本人が悪いように言われたら
私も我慢していられない。

強制の事実はありません。
みんな、自分から進んでお金を儲けに来たんだから。

une japonaise a Nara 01/09/2014 15:16

ブログ主様、たあ様、

私もたあさんのコメント、日本人にも知ってもらいたいと思い、勝手ながらツイッターにて紹介させて頂きました。そんなにしてもらった日本兵を裏切っている韓国の人達は、どういう神経なのかと軽蔑したくなります。

Financial Times, The Times, New York Times の元東京支社長、Mr,Henry・Scott・Stokesの著書「英国人記者が見た戦勝国史観の虚妄」(2013)には、中国で玉砕しかなくなった日本軍にいた5人の朝鮮人慰安婦に、「朝鮮人だと言えば助かるかもしれない」と逃してやり、敵軍に保護され延命。残りの日本人慰安婦15人は全員日本軍と運命を共にした、という話がありました。

裏切ることに、罪悪感は無いのでしょうか・・・。Mr.Stokesの本は日本語版しか出ていませんが、オリジナルの英語版や各国語版を出して欲しいと思っています。

une japonais à Nara 24/08/2014 17:27

途中で送信してしまいました。
C'est très surprunant que le journaliste français n'étudié pas assez sur ce sujet.
Pourquoi pense-t-il que cettte femme est toujours justice?

Est-ce qu'il connait le taux de crime de faux de témoignage par les Sud Coréens? C'est plus que 600 fois que celuis des japonais!! Du plus, Corée de Sud est le 4éme place sur le taux du délit de viol dans le monde(1er dans l'Asie). Inclus l'exposition de manga l'année derniérè, la France supporte au propaganda de la Sud Coréen sans analyer cet histoire du sujet sur le Japon. Ce n'est jamais égale contre le Japon!

La vieille dame Sud Coréenne, elle a dit qu'elle avait 13 ans, mais elle avait au moins 18 ans en 1950- à la guerre de Chosun. Ce ne soit pas de problème légale sur cet age pour prostituée. L'année derniérè au l'automne à Paris, l'autre a témoignagé "Je suis enlevée à la guerre de Chosun...".

TWより、 従軍慰安婦捏造者 朝日新聞 植村隆(Uémura Takashi)の、慰安婦訴訟団長である韓国人義母(梁順任)、を韓国当局は詐欺で摘発。すべては朝日新聞から始まった捏造。
http://twitpic.com/b8no10 (サンケイ新聞記事、韓国人義母(梁順任)photo)

une 24/08/2014 16:39

韓国の独立記念館に、「日本軍が拷問したと言う人形展示」の嘘なら、このサイトに比較証拠写真があります
【真面目に韓国考察(資料編)】 http://jackassk.web.fc2.com/fact/materials/prison/index.html

【 カイカイ反応通信】「韓国で”慰安婦=売春婦”の署名活動が行われている」
2014年4月11日(韓国サイトの翻訳) http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/38192224.html

pic.twitter.com/QFwapkhIWO (↑サイトにある、1937年の朝鮮日報新聞に載った韓国人売春婦の広告と和訳)

ねこ大好きフリスビー 24/08/2014 10:07

記事をざっと読ませて頂きましたが、
「兵士たちに配布された"暴行1”というコンドーム」っていうのが^^;
英語のキャプションが‘Assault No.1’だったからなんでしょうねえ。
元の日本語では「突撃 一番」です。
こういうのも誤解を拡大する種なんだろうか・・・