M.Yoshimi Yoshiaki et Mme Coomaraswamy

Publié le par daisuki

歴史家、吉見義明。彼の本は英語に翻訳されているので、世界で慰安婦問題の専門家として最も有名。クマラスワミ女史は、彼の性奴隷説を特別報告書で採用している。

歴史家、吉見義明。彼の本は英語に翻訳されているので、世界で慰安婦問題の専門家として最も有名。クマラスワミ女史は、彼の性奴隷説を特別報告書で採用している。

それで、報告書についてはどう思われますか?いくつか事実認識において誤りがあるけれど、それを訂正すればしっかりした報告書です。

それで、報告書についてはどう思われますか?いくつか事実認識において誤りがあるけれど、それを訂正すればしっかりした報告書です。

”しっかりした?” Hicksは反日小説のつなぎあわせ。歴史家秦郁彦の主張は180°違う。今日まで証拠を発見していない吉見義明。検証されていない女性たちの証言。河野談話。職業的詐欺師の吉田清治。

”しっかりした?” Hicksは反日小説のつなぎあわせ。歴史家秦郁彦の主張は180°違う。今日まで証拠を発見していない吉見義明。検証されていない女性たちの証言。河野談話。職業的詐欺師の吉田清治。

前より良く見える。(めがね掃除のあと)後に教授はクマラスワミ女史に手紙を書いた。

前より良く見える。(めがね掃除のあと)後に教授はクマラスワミ女史に手紙を書いた。

Même l'historien Yohimi Yoshiaki, qui se positionne contre le gouvernement japonais sur le problème des femmes de réconfort, trouve que l'ouvrage de G.Hicks et de Yoshida Seiji ne sont pas crédibles en tant que preuves. Il conseille à Mme Coomaraswamy d'établir la base de l'enlèvement des femmes sur le discours de Kono. Mais celui-ci non plus, ne l'est plus aujourd'hui. Il est un sujet de vive discussion actuelle au Japon depuis le Scoop du journal Sankei (Tokyo16/10/2013) « l'effondrement de la base du discours de Kono ».

慰安婦問題で日本政府に対する立場の歴史家、吉見義明氏ですらG.Hicksや吉田清治のことを証言として信用できないとしています。彼はクマラスワミ女史に慰安婦の強制連行の根拠として河野談話を使うように助言しています。しかし談話も今日、信用を失っています。産経新聞のスクープ”河野談話の論拠崩れる”以来、河野談話は現在、日本で激しい論議のひとつです。

 

Donc, il n'y avait pas beaucoup de choses sérieuses dans le rapport de Coomaraswamy pour se permettre de condamner un pays.

よってクマラスワミ報告書にはもう、一国を非難するに足る、しっかりした内容はありません。

 

Voici la lettre de cet historien 歴史家からの手紙です :

______________

 

une lettre pour Mme Coomaraswamy

(クマラスワミ氏宛の書簡)。 同報告書解説書より 戦争資料センター

 

«S'appuyer sur le livre de Geroge Hicks « The Comfort women » était une erreur. Je vous explique pourquoi. Ce livre contient un très grand nombre d'erreurs. Il vaudrait mieux le supprimer de votre rapport.

「誤りの原因について述べますと、George Hicks,The Comfort Womenに依拠した点が問題です。この本は、誤りの大変多い著書ですので、notesから削除したほうがいいと思います。

 

Un des exemples d'erreurs de M.Hicks est la carrière de Yoshida Seiji. Ce dernier est présenté dans le livre de Hicks comme diplômé de l'Université de Tokyo, et l'auteur raconte qu'il était devenu plus tard agent administratif au ministère de la guerre (page 28).
Hicks
氏の誤りの一例をあげると、彼は吉田清治氏の経歴を、Tokyo University卒で、のちWar Ministry administrative officerになったと記しています(28ページ)

 

Mais en réalité, Yoshida n'est pas issu de l'université de Tokyo, il l'est d'une université qui se trouve à Tokyo (d'après son propre livre). Également, il n'était pas agent administratif, il était employé subalterne à temps partiel des Forces expéditionnaires de Shanghai.

しかし、実際には、彼は東大卒ではなく、東京にある大学を卒業したものです(吉田の本による)。また、かれはadministrative officerではなく、上海派遣軍の下級の嘱託part-time emproyeeに過ぎません。

 

Ensuite malgré les nombreuses questions et doutes posés sur la scène de l'enlèvement « des femmes de réconfort » du livre de Yoshida, citée par Hicks, il n'a pas encore réfuté. … A mon avis, il est difficile que Yoshida puisse réfuter.

またHicks氏が引用している吉田氏の著書の「慰安婦」徴集の部分は、多くの疑問が出されているにもかかわらず、吉田氏は反論していません。…吉田氏が反論することは困難だと思われます。

 

Même sans l'appui du livre de Yoshida, il est possible de prouver le fait de l'enlèvement forcé (le gouvernement japonais reconnaît que l'on a enlevé et contraint les femmes dans les bordels, sauf qu'il n'y a pas précision de l'identité des auteurs des ces contraintes) . Je vous conseillerai de supprimer absolument les parties liées à M. Yoshida»

吉田氏の本に依拠しなくても、強制の事実は証明することができる(誰が強制したかを別にすれば、日本政府も徴集時や慰安所での強制を認めている)ので、吉田氏に関連する部分は必ず削除することをお勧めします」

http://space.geocities.jp/japanwarres/center/library/cwara.HTM

Yoshimi est représentant de ce centre.

_________

fin

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article

なお 25/04/2014 04:42

吉見氏、クマラスワミ女史、共に激似です。
前から思っていましたが、DAISUKIさんは絵もお上手ですね。

Daisuki 27/04/2014 17:33

Merci beaucoup.

千手観音 20/04/2014 10:48

「慰安婦問題で日本政府に対する立場の歴史家、吉見義明氏ですらG.Hicksや吉田清治のことを証言として信用できないとしています。彼はクマラスワミ女史に慰安婦の強制連行の根拠として河野談話を使うように助言しています。」

吉見義明が「クマラスワミ女史に慰安婦の強制連行の根拠として河野談話を使うように助言していた」とは知りませんでした。

海外にある書籍は吉見義明の本をベースにしているものばかりで、そのことが大きな誤解を招いているということは聞いたことがあります。

海外で秦郁彦さんの本なんかが出版されると良いと思うんですが・・・

Daisuki 27/04/2014 17:33

ce serait utile en effet d'avoir la traduction des autres livres. 他の本の翻訳があったら、本当に役に立つと思います。