Femmes de réconfort. Jugement selon le bon sens.

Publié le par daisuki

Voilà quelques témoignages de Japonais qui sont intéressants, car ils rappellent qu'il est difficile de juger moralement des faits qui se sont passés il y a 70 ans. Le monde a énormément changé pendant cette période dans tous les pays (le droit des noirs aux USA, la décolonisation d'Afrique du Nord, le droit de vote chez les femmes, etc.).

On peut imaginer, qu'en effet, il était courant pour les familles pauvres de « vendre » ses enfants, que les prostituées n'avaient pas besoin d'être enlevées pour exister.

興味深い日本人の証言です。なぜなら七十年前に起こった出来事を道徳的に裁くことの難しさを示しているからです。世界はこの期間に劇的な変化を遂げました(アメリカにおける黒人の人権、南アフリカの非植民地化、女性参政権など)。

当時は、貧しい一家が子どもを「売る」のが珍しくなかったこと、売春婦は強制連行されずとも存在していたことが想像つきます。

Le problème des femmes de réconfort. Jugement selon le bon sens. l'image réelle basée sur l’expérience.

慰安婦問題、常識的判断を 体験談が描く実像

2014.3.20 12:11 Sankei journal (Tokyo)

Le sondage dans le journal Yomiuri (Tokyo) a montré le 17 mars 2014, que plus de 50% des Japonais sont pour la vérification du processus de la création du discours de Kono* et 30% sont contre.

読売新聞が17日付朝刊で報じた世論調査の記事を読んでいて、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野談話の作成過程を検証する政府方針について「評価する」が50%に上る一方、「評価しない」は30%だったことが目を引いた。

Les dommages et la méfiance à l'égard du discours de Kono créé conjointement avec la Corée du Sud, « entente illicite », ont pénétré chez les électeurs japonais. En tant que journaliste qui travaillait et qui s'intéressait à ce problème depuis longtemps, j'en suis ému.

密室で韓国と「談合」してつくられた河野談話の怪しさと弊害は、確実に有権者に浸透してきた。この問題に長年関心を持って取材してきた一人として、感慨深いものがある。

Il y a déjà 18 ans, en 1996, l'ajout de la description sur les femmes de réconfort dans tous les manuels scolaires d'histoire du collège (7 éditeurs) pour l'année suivante, était devenu un sujet majeur.

もう18年前となる平成8年、翌9年春から使われる中学校社会科(歴史)の全教科書(7社)に慰安婦の記述が登場することが明らかになり、大きな話題となっていた際のことだ。

Témoignages de l’expérience connaissant l'image réelle.

実像知る体験談

A l'époque, la majorité reconnaissait et soutenait le discours de Kono. Mais plusieurs lecteurs qui ont réellement vécu en Chine ou en péninsule coréenne ont envoyé leur expérience au journal Sankei, j'ai pu en interviewer quelques uns.

このときは河野談話を評価・擁護する意見が主流だったが、産経新聞には実際に中国や朝鮮半島で暮らし、慰安婦の実像を知る読者から体験談が多く寄せられ、当時、筆者はそのうち幾人かから話を聞いた。

M.Otsuka Né en Corée, à Chungcheongbuk, et il y est resté jusqu'à l'école élémentaire. Il
habitait dans la ville Abiko de Chiba (Japon), 76 ans en 1996. D'après son souvenir, la plupart des agents de police de la péninsule était des Coréens. Ils n'auraient pas pu enlever par la force leur compatriotes, il n'y avait non plus une atmosphère qui leur permette de le faire. « Après mon retour au Japon, celui qui m'a écrit en premier, était un ami coréen. Je fréquente encore des amis coréens,mais je n'ai jamais entendu parler de l'enlèvement des femmes de nos âges ».

朝鮮・忠清北道で生まれて小学校までそこで過ごした千葉県我孫子市の大塚さん=当時(76)=の記憶では、朝鮮では実像知る体験談はほとんどが朝鮮人で、同胞を強制連行などするはずがなく、できる雰囲気でもなかったという。

「内地に帰ったとき、最初に手紙をくれたのは朝鮮人の友達。今も韓国の友人と行き来があるが、同年配の女性が強制連行されたなんて聞いたこともない」

M.Kimura, 75 ans en 1996, habitant de la ville de Yokohama (Japon), ancien soldat médical dans la province du Henan en Chine de 1940 jusqu'à la fin de guerre. Il examinait des femmes de réconfort une fois par semaine pour la prévention des maladies vénériennes. « je fournissais un sac (préservatif) aux soldats en congé et je faisais des examens génitaux et des inspections bactériennes chez les femmes de réconfort. Mais ce n'était pas la gestion de ces femmes, c'était des mesures d'auto-défense des militaires. »

中国・河南省で昭和15年から終戦まで衛生兵を務めた横浜市の木村さん=当時(75)=は性病予防のため、週に1度、慰安婦の衛生検査を行っていた。

「外出兵にはサックを持たせ、検(けん)黴(ばい)と称して慰安婦の性器検査、菌検査などを実施したが、それは軍が女性を管理していたのではなく、軍の自衛策だった」

La plupart « travailleur migrant »

Beaucoup de femmes de réconfort ont raconté à M.Kimura « je travaille pour gagner les frais de mon futur mariage ». « elles étaient libres » se souvient-il.

多くは「出稼ぎ」

朝鮮人慰安婦の多くが「嫁入り資金を稼ぐため働いている」と話し、木村さんは「彼女たちの行動は自由だった」と振り返った。

M.Sato, habitant de la ville Iwadeyama de Miyagui (Japon), 80 ans en 1996. «ce n'est pas juste de juger ce passé où il y avait ce système de la prostitution officielle avec le point de vue d'aujourd'hui. Même à Iwadeyama, la vente des enfants des familles pauvres existait jusqu'à environ1960.» témoigna-t-il.

宮城県岩出山町(現大崎市)の佐藤さん=当時(80)=は「公(こj'う)娼(しょう)制度があった当時を現在の見方で判断するのはおかしい。岩出山でも戦後の昭和35年ぐらいまで、身売りは実際にあった」と証言した。

Ce M.Sato travaillait pour le Chemin de fer de Mandchourie du Sud. Il a écouté une prostituée coréenne âgée d'une vingtaine d'années raconter son histoire « j'ai mes parents, mon mari, et mes enfants. Mais je suis venue travailler ici pour nourrir ma famille. Je rentrerai à la maison dans deux ou trois ans ». et elle lui a montré une photo de sa famille.
満州で満鉄に勤務していた佐藤さんはあるとき、20代前半の朝鮮人娼婦の身の上話を聞いた。彼女は「故郷には親も夫もおり、子供もいるが、生活苦のために出稼ぎにきている。2~3年働いて、家に帰る」と話し、家族の写真を見せた。

M. Daishido Tsuneyasu, décédé en 2010, ancien chef de district à la préfecture Gangwon-do du Gouverneur général coréen, a fait publié son manuscrit « l'enlèvement des femmes de réconfort n'existait pas » dans une revue mensuelle « Seiron ». Lui qui avait travaillé à partir de 1942, et qui a travaillé en province pendant un an et sept mois, « si l'enlèvement des femmes avait eut lieu, il aurait dû y avoir des témoins plus nombreux que les victimes, et même pendant la guerre, on aurait dû voir de grandes manifestations, il n'y a eu aucun témoin, ni aucune manifestation », «Les dirigeants du gouverneur de la péninsule de l'époque désiraient la grande coopération de la Corée en lançant comme slogan, le Japon et la Corée, ensemble, pour continuer la guerre. Ce dont Ils faisaient attention le plus, était l'opinion publique.»soulignait-il ainsi dans la revue.
平成22年に亡くなった元朝鮮総督府江原道地方課長、大(だい)師(し)堂(どう)経(つね)慰(やす)さんは90歳を超えてからも月刊誌「正論」に「慰安婦強制連行はなかった」という論文を寄せている。

昭和17年から総督府に勤め、うち1年7カ月間は地方勤務だった大師堂さんはこう強調している。

「婦女子の強制連行があったとすれば、その目撃者は強制連行された者の何倍もいたはずだし、いかに戦時中であっても大きな抗議運動が展開されて当然であるはずだが、目撃証言も抗議運動も一切なかった」 「内鮮一体を唱え、戦争遂行に大きな協力を求めていた総督府の首脳が、施政に当たって最も気を遣っていたのは民心の動向」

Tous les témoignages sont tellement persuasifs que l'on se dit « il en est ainsi, c'est évident. ». Quand on examine des problèmes historiques, on devrait les juger selon le sens commun. (membre du comité de rédaction politique du journal Sankei)

どれも「それはそうだ」と得心がいく話である。歴史問題を考えるときは、当たり前のことを当たり前に、常識的に判断した方がいい。(政治部編集委員)

fin

*discours de Kono :Yohei Kono 河野洋平 un ancien membre du parti libéral démocrate. Depuis le 15 octobre 2013, le journal Sankei shinbun a publié les documents secrets de l'audition de 16 ex-femmes de réconfort qui étaient la seule base du discours de Kono, il y a certaines critiques contre lui qui avait reconnu la participation volontaire du Japon pour l'enlèvement des femmes sans aucune preuve historique et qui avait répété le scénario préparé par la Corée. Le deuxième parti opposant <l'association pour la restauration du Japon> essaye d'obtenir son témoignage à l'Assemblée nationale. Il est aussi lecteur passionné du Journal Asahi shinbun qui a diffusé les articles qui soutenaient de 1991 à 1997 la théorie de l'enlèvement des femmes de réconfort par l'armée japonaise. Mais en 1997, le journal a été converti à une nouvelle théorie plus <vaste > qui disait que le Japon a commis d'importantes violations des droits de l'homme en forçant les femmes à une dure vie dans les centres de réconfort..

自民党元議員。2013年10月15日に産経新聞が河野談話の唯一の根拠であった16人の旧慰安婦の聞き取り調査の資料を発表してから、ひとつの歴史的証拠もなしに韓国の用意したシナリオを繰り返し、日本国の関与を認めた彼にたいし、日本国内に批判の声がある。第2野党の維新の会は、彼の国会への参考人招致を求めている。彼は1991年から97年まで権力による強制連行説に立っていた朝日新聞の愛読者でもある。当新聞は、1997年に慰安所の生活が著しい人権侵害だったなどと言うことを理由にした「広義の強制連行」説に転換した。

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article

ponyo 26/03/2014 02:39

"L’histoire d’un mensonge. 慰安婦問題のおはなし"のページに載っていた漫画を、どなたかがyoutubeにアップされたようです。知っていましたか?
https://www.youtube.com/watch?v=FmmlQ7NOQ2g
分かりやすくて正確でユーモアがあって、とてもすばらしいです。
この絵やビデオをもっと広く知ってもらうために、何かアイデアを募集してはいかがですか?
元の記事の"L’histoire d’un mensonge. 慰安婦問題のおはなし"は、今のままでは目立っていません。
このブログの最初のページにリンクを入れたりしてはどうですか?
それに、他にも沢山の絵があるのでしょう?是非、広めたいです。

Daisuki 26/03/2014 21:49

Merci, oui je le savais. Tout le monde est libre d'utiliser ce qui est sur ce blog. N'hésitez pas. Pour le lien de l'histoire d'un mensonge, j'essaierai de le faire.ありがとう。はい、知ってました。このブログにあるものは、皆さんが自由に使ってください。遠慮しないで。慰安婦問題のおはなしのリンクをブログの頭に持ってくるのは、やり方を探します。

千手観音 22/03/2014 09:08

日本会議で「NPO法人百人の会」にて紹介されたとかいう記事の一部です

【従軍慰安婦問題の新しい視点】

■従軍慰安婦?

「従軍慰安婦」という言葉は戦後のある時期まで存在していなかった。言葉がないということは実態もなかったということである。
慰安婦は言葉もあり実態もあったが「従軍慰安婦」は正に妄想の産物なのである。
従軍看護婦、従軍記者、従軍僧等は、軍の命令系統の中に正式にあったが、慰安婦に関して軍の直接的関与の証拠資料は一片も見つかっていない。
当時、慰安婦は法律で認められた合法的職業で、日本本土は勿論、朝鮮においても普通のことだったのである。
戦場における慰安婦は命のリスクもあったので極めて高い報酬を得ていたことが多くの資料から明らかになっている。
このような実態があるのに、「日本が軍の命令で朝鮮の女性を強制連行し、性奴隷にした」という事実無根の言いがかりを日本に無理やり認めさせようというのが「従軍慰安婦」という言葉の意味なのである。

■サラ・ソウ女史の指摘
 サラ・ソウ女史(C.Sarah Soh)は韓国系アメリカ人でサンフランシスコ州立大学教授である。
彼女の著書『The Comfort Woman』の書評がジャパン・タイムズ(註)に掲載されている。その中でサラ女史は慰安婦問題の本質を次のように述べている。
「朝鮮は華夷秩序の長い歴史の中で、本家のシナよりも忠実に儒教を信奉し厳格な家父長制・父権主義を維持して来た。
女性は家庭で発言権はなく、使い捨て可能な人的資源として構造的暴力の犠牲者であった」
「日本の植民地下でも女性は自らの苦境に抗う機会は殆どなかった」
「慰安婦制度は家父長制、植民地制、資本主義、軍国主義の混合体の中から生まれたもので、慰安婦を性奴隷、慰安婦制度を戦争犯罪とすることは正確でない」
と女史は著書の中で言いきっている。

さらにソー女史の非難の主要な矛先は韓国議会に向けられている。

韓国議会は日本に対する賠償問題に絡む活動家団体の庇護者であり、その議会が話をセンセーショナルにし、異議を許さずミスリーディングな「(日帝による)被害の物語」を国民に押しつけた。

「日本の軍あるいは警察が、被害者を強制的に愛する両親のもとから引き離したというような話」はスローガンであり、「戦略的な誇張が慰安婦問題へのより深い理解と、その解決へ向けたあらゆる現実的な動きを妨害した」と女史は力説する。

韓国社会が被害者意識から決別し、韓国社会こそ元慰安婦にトラウマをもたらした共犯であり、慰安婦制度自体は犯罪ではなかったという事実を受け入れることが韓国社会の責任であるというのが、彼女の見方である。

■悲惨な朝鮮の歴史・李氏朝鮮の時代
 江戸末期から明治にかけ朝鮮を旅行した外国人の描く当時の朝鮮は想像を絶し、文明とはほど遠い状況であったことが分かる。
韓流ドラマで李氏朝鮮は素晴らしい文明を謳歌していたように描かれているが、とんでもない大嘘である。
1894年までシナの属国であった朝鮮はシナの律令制度に基づく身分制度を厳格に守り、国民を「良民」と「賎民」に分け「良民」は両班(支配階級)、中人(下層役人)、常人(平民主に農民)と分かれていた。
「賎民」は奴婢(奴隷)、賎業就業者、白丁(不可賎民)よりなっており、時代により異なるが時には全国民の半分にも達していたという。
両班は働く義務、納税の義務もなく下層の人々から搾取し、妓生と呼ばれる特別訓練を受けた高級娼婦との情事に溺れていた。
妓生は政府が所有する奴婢で幼い時から政府の施設で歌、踊り、楽器の訓練を受け、性的サービスでシナの使節をもてなしたり、貢物としてシナへ贈られたり、国境警備の兵士慰安のため辺境の町に住まされていたという。

朝鮮政府そのものが一つの大きな売春宿だったという指摘もある。

 日本も7世紀、シナから律令制度を導入したが、遣唐使廃止とともにシナの階級制度、奴隷制度は公式に廃止されている。
その結果、様々な職業に対する等しい尊敬、国民の勤勉さ、低い犯罪率、相互信頼に支えられた安定した社会、急速な発展のための道が開かれたと言ってもよい。
他方朝鮮は千年以上続いた過酷な階級制度と奴隷制度が人々から勤勉、相互信頼を奪い、国家の発展を遅らせる深い傷を社会に残すこととなった。

当時、朝鮮を訪れた外国人は次のように言っている。

「上層階級は愚かしい社会的義務によって身動きが取れず、何もせず人生を送っていた。
中層階級は出世の道が開かれておらず精力を振り向ける技能職も全くなく、下層階級は狼から戸口を守るのに必要なほどの労働しかしない。
朝鮮では何もかも卑しく貧しくみすぼらしい」

朝鮮の歴史こそ慰安婦問題の本質だとソウ女史は言うのである。

註)C. Sarah Soh explains how the comfort women system emerged from the nexus of patriarchy, colonialism, capitalism and militarism, placing it in an ongoing continuum of women's subjugation and exploitation. Controversially, she asserts that it is inaccurate to depict the comfort women as sex slaves and the system as a war crime.(以上原文の一部)

(補足)
ここは、C. Sarah Soh の著書「The Comfort Women」の書評だそうです。
http://www.japantimes.co.jp/culture/2009/05/10/books/continuing-controversy-of-comfort-women/#.Uy1AW3-KDIV

Daisuki 24/03/2014 21:52

si elle a des preuves concrètes, son livre est intéressant, sinon je ne vois pas trop quoi en faire, car c'est juste un avis de quelqu'un. もし彼女が具体的な証拠を出しているなら、この本に関心があります。そうでなければ、教授が誰かの主張を言っているだけなら、あまり興味を惹かれません。

千手観音 22/03/2014 08:37

なでしこアクションのホームページに1932年に発行された『政界往来』という雑誌の中に『鮮娼!これでも人間か?』と題された元「時事新報記者」中西伊之助氏の記事に関する紹介があります。

http://nadesiko-action.org/?page_id=3314

1932年に発行された『政界往来』という雑誌の中に『鮮娼!これでも人間か?』と題された元「時事新報記者」中西伊之助氏の記事がある。中西氏は、満州事変直後、凶暴な中国東北の軍閥の敗残兵が無辜の朝鮮人農民にたいして行った残忍なふるまいを調査するために東北部を飛んで歩き、鮮妓の実態に驚いて筆をとっている。

簡単に要約すると、南北シナ、南北満州からシベリアの国境付近まで、約6万人もの朝鮮人の若い女性が娼窟で働かされていると義憤をこめながら指摘している。又、それらの地域で働いていた日本人の娼妓は朝鮮人の娼妓に駆逐されてという。そして中国東北部で朝鮮人の娼妓が多い理由として、朝鮮農民の窮乏を挙げている。窮乏した朝鮮農民の娘達を二束三文で売り買いし、時には拉致までして業者が売りとばすのだが、肝心なのはこれらの業者は日本人ではなく、朝鮮人や中国人であったということだ。

『村には満州や天津方面に女を斡旋する人が(これは朝鮮人です)、いました』という朝鮮娼妓の証言がある。むしろ日本の憲兵がこういった悪質な人身売買に目を光らせていた事実がいくつも書かれている。例えば『こういった朝鮮人の女衒は“ある者は地方の軍警や巡警と結託して、アフリカ黒奴隷を白人が狩  するように鉄砲とサーベルで威嚇して拉し去るのがある。日本の憲兵の手の及ばない地方は随分あるのだ”。又、顔も見知りの軍警や巡警に一家もろとも拉致監禁され、後に一人だけ、麻袋に詰められて2日間も馬車につまれて天津に売られた娘の話が出てくるが、その時の業者は 『天津まで出れば占めたものです。日本の警察権なんかは租界内だけで、賄賂さえ払えば堂々と連れて歩けます』と嘯くのだ。こうした輩を中西氏は『東亜大陸の自奴隷狩』と糾弾している。

又、中国人が朝鮮人に対して横暴な振る舞いをすることにも触れている。奉天の郊外にある朝鮮人部落の花柳界は安普請ながらも純日本式の料理店風にしてあり、その理由についてこう述べている。『朝鮮人達は、朝鮮本国では卸ってその反対だが、足を一度でも大陸に踏み込むと、断然日本式であるということだ。これは顧客を多く日本人から取ろうとする関係もあろうが、鮮娼達も、日本人に極めて親愛の風を見せる。そして彼女らの服装はしごく日本服であり、稀に洋服を見るが、不思議に朝鮮服を着ないことである。こうして彼らは(これは一般にも)、日本人であることをほこりにしているが、これが中国人側の反感を抱かれる原因となっていることは争われない』。

Daisuki 24/03/2014 21:37

Merci pour votre lien, est-ce que vous savez où je pourrais avoir un scan de cet article de 1932? Ce serait mieux de l'avoir pour le présenter sur mon blog. Merci URLをありがとう。1932年の記事をスキャンした画像がどこで入手できるか知ってますか?ブログに紹介できたら良いと思います。

千手観音 22/03/2014 08:31

上記に関連して、韓国の朴裕河(パク・ユハ)という女性学者が「帝国の慰安婦」という著書を出しています。
下記は韓国のソウル新聞に出た記事(本の書評?)です。
いつも「日本軍慰安婦」批判の中で、すっぽりと「朝鮮人女衒」の存在が抜けています。

▲「帝国の慰安婦」/朴裕河(パク・ユハ)著、328ページ、1万8千ウォン.

韓日関係はいつも平行線だ。独島(ドクト、日本名:竹島)問題や日本の右傾化、歴史清算問題など各種問題をめぐり、衝突と漂流を続けてきた。この中には‘慰安婦’という大きな宿題も含まれている。

光復68周年に際して出版された朴裕河(パク・ユハ)世宗(セジョン)大日本文学科教授の本「帝国の慰安婦」では「韓国人が持っている慰安婦のイメージは慰安婦の‘記憶と経験’の半分に過ぎない」と批判する。彼女は私たちが既に知っていることとは少し違った慰安婦問題の隠された半分の真実、聞きにくく敬遠したい話を掘り起こす。

この本は慰安婦らの証言を通じて私たちの恥部を率直に表わす。女性たちをだまして戦場に引っ張っていき虐待と搾取を日常的に行った主体は大部分が同胞の朝鮮人の民間会社だった事実を慰安婦の証言を通じて明らかにする。もちろんそうであっても人間の尊厳を傷つける‘構造’を作って最後に加担したのが日本軍だったのは事実だ。

しかも私たちの記憶の中の慰安婦は‘日本軍の軍靴に踏みにじられるか細い十五の少女’でなければ‘老躯をかって闘う闘士’だ。だが、これは「日帝が14~25才の女性労働力動員のために女子学生を中心に募集した挺身隊と混同した結果」とし「こういう錯綜したイメージが日本に対する憎しみを強化し、本来、同族を売り飛ばした私たちの罪に目をとじさせているのではないか」と著者は問い直す。

著者はその慰安婦に向かって固定された民族主義的に偏向した認識を変えることが、かえって過去の歴史清算と東アジア平和の近道になると主張する。植民地支配が引き起こした野蛮な暴力である慰安婦問題を今のように長期化し、未解決状態に追い詰めたのは冷戦的思考だったというのも著者の解釈だ。

ハン・ユンジュ記者

ソース:ソウル新聞(韓国語) [注目この本!]帝国の慰安婦
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=40792&yy=2013

Daisuki 24/03/2014 21:48

j'ai l'impression que le principe de ce livre n'innocente pas le Japon. Donc , je ne vois pas l'intérêt d'en faire un article. わたしは、この本は日本の無実を証明するものではないと思います(韓国人も悪かったといってるだけの印象)。だから記事にして紹介する価値を見出せません。

千手観音 22/03/2014 08:20

去年(2013年)の8月に毎日新聞から韓国で慰安所を管理、経営していた朝鮮人の「慰安所管理人の日記」が発見されたとの報道がありました。

これは、現在日本語訳が韓国の「落星台経済研究所」が公開されており一定の制限がありますが、下記のサイトのPDFデータで読むことができます。

この日記によれば、慰安婦たちが映画に見にいったとか、兵士たちと運動会をやったとか、慰安婦に頼まれ管理人が代わりに家に送金したとかの記述があるそうです。

http://www.naksung.re.kr/xe/index.php?mid=sepdate&document_srl=181713
「日本軍慰安所管理人の日記」(日本语翻訳版)

1943-44年、ビルマとシンガポールの日本軍慰安所の帳場に勤めていた朝鮮人の日記が2012年5月に韓国で見つかりました。この日記を読解・清書し、現代語に翻訳する研究会が落星台経済研究所内で組織されました。その成果が、安秉直翻訳・解題『日本軍慰安所管理人の日記』(ソウル:イスプ出版社、2013年8月)として出版されました。

そして、この日記は日本の研究者にも渡されて、堀和生教授(京都大学)と木村幹教授(神戸大学)の監訳によって日本語に翻訳されました。ここでそのPDFファイルをアップロードします。ただし、この日本語版はお二人の教授が研究用資料として翻訳したものであり、監訳者(堀と木村教授)の許可なしに他の用度で複製すること、また配布することを認めないことにしています。

この資料は、日本軍慰安所の現場の記録という点で重要な資料であり、韓日の両国の研究者にその内容を正確に伝え、日本軍慰安婦の実態を明らかにするのに寄与することを望んでおります。



2013 年8月30日

落星台経済経済研究所

Daisuki 24/03/2014 21:42

merci. ce journal me parait intéressant. est ce qu'il existe la version anglaise? sinon, ce rapport explique bien la relation entre l'armée et les femmes de réconfort. Je demanderai la permission de traduction en français et celle de présentation sur mon blog. ありがとう。安教授の結論ふくめ日記は部分的に興味深いです。英語版はありますか?軍隊と慰安婦の関係を、日記は良く表していると思います。仏語翻訳とブログ掲載の許可を頼んでみます。